犬や猫の映画を作って初めて知ったこと(後半)

このエントリーをはてなブックマークに追加
51

人間は一人では生きていけない



相馬、南相馬の伝統行事相馬野馬追

2011年4月から2012年まで追いかけて、そう感じました。


震災が起こる前は、私自身、そんなことを感じることなく、都会での暮らしの中で、

日々生活をしておりました。


震災が起きてから、気づかされたことは、都会の豊かさは本当に豊かなものなのか?

ということでした。


震災直後に大切にされたことは、人とのつながりや精神性、他者と共に生きる姿勢だったと思います。


忘れていた、人としての大切なことを被災地から気づかされ、

この「ノー・ヴォイス」を人間と犬猫が共に幸せに生きるという観点から取材をし直しました。


ここでお伝えしたいことを7つに分けて、お話してみたいと思います。


#1:自分のことが好きですか? という視点


震災以降に初めて出会ったのは、児童文学作家の今西乃子先生でした。

犬や猫に関する多くの児童文学書を書かれている今西先生は、

出前授業といって、学校に訪問をしながら、命の大切さをお話されていました。



その授業の中でお話さえていたことに、「自分のことが好きですか?」という問いがありました。


犬や猫と一見関係なさそうなお話ですが、この映画でも伝えている、

自分を好きになるということと犬や猫など他人を大切にすること、

が繋がることに、自分が日頃から感じてきたことを端的にお話されており、

目から鱗な授業をされておりました。


おいら
そっか。視点は犬猫というよりも、自分たち人間のことなんだ

犬や猫の命のことを考えることは、自分たちの幸せを考えている

その視点に気づかされることになったのです。

このことは、このページの最後に改めてお話を致しますので、

最後まで読んでいただけたらと思います。


#2:毎日数百頭の《殺処分》の原因は人間自身


年間16万頭もの犬や猫が《殺処分》を受けている。

この映画に携わるまで、譲渡会や保護団体(※前半を参照)の存在を全く知らなかった自分にとって、

《殺処分》という言葉すら、初めて知るものでした。


各都道府県の行政の下には、保健所や保護センターと言われる施設があります。

飼えなくなった犬や猫がその施設に収容され、

飼い主が見つからないと、一般的には最長で七日間で殺されるという現実がありました。


可愛い犬や猫の映像をテレビで沢山見るものの、殺されている犬や猫も沢山いる。

どうしてそんなことが起きているかを、関連の書籍を読みあさり、徹底的に調べました。


そこには悪質な繁殖業者の存在、ペットオークションの存在、

野良猫が無数に繁殖してしまう現実など、日本には多岐にわたり問題が存在する

ことを初めて知りました。

おいら
そっか。行政の人たちも、当然好きで殺している訳でないんだ。

ということに行き着いたのです。


数多く捨てられる犬や猫、無数に繁殖してしまい、地域で問題になってしまう猫たちが、

保健所やセンターに持ち込まれ、その犬や猫を育てるには、


餌代、施設費、薬代や、人件費などが多くかかってしまう。

常に持ち込まれる施設では、収容する犬や猫に限りがある。

だからやむなく殺さざるを得ない現実がある。


ということを知ったのでした。




そして、海外では、例えば、ドイツでは、

殺処分をする公的な施設は、存在しないということも初めて知りました。

恵まれない犬や猫たちを安易に殺すのではなく、

命を紡いでいくために新しい飼い主を探す環境が整っている国が

日本以外にはあることを知り、

日本の犬や猫の受け入れ態勢が諸外国に比べて遅れていることを気づかされたのでした。




#3:譲渡会、保護団体の存在


そんな犬や猫たちを民間の保護団体の方々が、施設から引き出して、新しい飼い主を探す方々がいる。

このことも、この映画を通じて初めて知った事実でした。


殺されてしまう前に、多くの犬や猫たちの命を少しでも救い出したい。


そういった方々が全国に沢山いることを、この映画を通じて知りました。


海外では、このような団体の存在は社会に広く認知されているのですが、

日本ではまだまだ一般に認知されているとは言えません。


多くの団体は、寄付や支援を受けながら、ボランティア的な活動で、

少しでも命を救おうと活動されている方々が沢山いらっしゃる事実を知りました。


おいら
そっか。こんなにも命を救うために頑張っている方たちが沢山いるんだ。


NPO団体、ボランティア活動家、行政のセンターの方々、獣医師の先生、トレーナーの方……



こんなにも犬や猫たちと関わっている方々が多いことに驚かされ、

また、それぞれの方々が、犬や猫が大好きだからこそ、

殺処分が無くなってほしいと日々、命を救う活動をされている方々が沢山いることを知りました。


#4:蛇口と受け皿の関係

殺処分が無くなってほしい

この想いは多くの方々が持っていると思います。


「犬や猫の命も大切な一つの命であること」


では、殺処分の原因はどこからくるのか?

それは、蛇口と受け皿という言葉に象徴されます。


受け皿とは、前項の#3で書いた通り、恵まれない犬や猫を救っていく方々の存在です。

この方々の活動があって、殺されていく命が年々減っている現実があります。

反面、施設に収容する犬や猫の数が減らない限り、

いくら救う方々の活動があっても、際限がありません。


それが、蛇口という表現になり、

「捨てられる命」「望まれない命」

という2種類が存在します。


「捨てられる命」……ペットショップで売れ残った犬や猫が大きくなり、買い手がいなく不要なモノとして捨てられていく、飼ってみたはいいが大きくなった、しつけがうまくできない、面倒くさくなって飼えなくなった、引っ越しや子供ができるなど生活環境が変わり飼えなくなった、ご高齢の飼い主が無くなり、引き取り手がいなくなった、などなど。

様々な事情で飼うことを放棄された犬や猫たちが多くいるという現実があります。


「望まれない命」…主に野良猫をさします。繁殖能力の高い猫は生後6ヶ月程度で仔猫を産みます。一度に5匹程度産む猫が、年間2、3回出産をするだけで、一匹の猫から百匹の猫になるのです。


猫は犬と違い狂犬病の予防で捕獲する法令がありませんので、

地域で増えすぎた猫が、お腹を空かせて死んだり、車にはねられたり、糞尿や鳴き声などの問題が起きたり、いろいろな問題があるということでした。

おいら
そっか。殺処分ゼロを目指すことも大切だけど、原因を考えなければ、不幸な犬や猫の数は減らないんだ。


#5:不妊去勢手術の大切さと犬と猫の違い

そんな中、犬や猫の不妊去勢手術、すなわち、子供を産ませないことが、

捨てられる命や望まれない命を生み出さないということを多くの活動家が話されておりました。


ペットショップ以外にも、飼い主を待っている犬や猫が沢山いる。

野良猫たちも、不妊去勢してあげることで、不幸な命が産まれない。


犬や猫と暮らすということは、最後まで犬や猫と暮らす覚悟を持って

家族として迎え入れることの意識が必要であること、

を取材の方々から教わりました。



特に猫は繁殖力が高く、捕獲義務がないため、野良猫はその地域で飼わねばなりません。

そこで、TNR(T:Trap[捕獲]、N:Nueter[手術]、R:Releace:元の場所に戻す)という

地域での取り組みが大切であることを知りました。



おいら
そっか。犬や猫は習性も飼い方も異なるんだ


#6:犬や猫は人間がいないと生きていけない。それは、人間の赤ん坊も一緒。


私たちも最初は赤ん坊でした。

親に育てられ、しつけを受けて、一つ一つのことを覚えていきます。

犬や猫も同じということ。

それを受けずに大きくなった犬や猫は、むやみに吠えたり、疾患があったり、

愛情が不足して飼い主になつきにくくなったり。


おいら
そっか。人間も犬猫も同じ生き物。産まれてからすぐの愛情や育て方が、とても重要なんだ。


この映画のタイトル、「ノーヴォイス」は言葉を発せない犬や猫の心の声を聞いてほしい

いう願いを込めて付けました。


私たちも、自分で一人から生きることはできず、誰かの支えがあって成長し、自立をしていきました。

犬や猫は、人間と暮らしてきた環境から、人間なしでは生きることができない動物だということ。

それは私たちも最初は、同じだったという発想に気づかされました。

おいら
人間は大人になれば、自分の意志で何かをすることができるが、それができない存在を支えることは、社会全体の支え合いに繋がるはず。

#7:動物が幸せな社会は、人間にとっても幸せな社会


行き着くところ、この映画は、犬や猫のことを伝えていながも、

いじめや原発問題、溢れ返り廃棄される食べ物など、

日本が抱えてきた様々な負の課題の象徴のように思ったのでした。


前半でお話しました通り、弱者は力で押し伏せたり、不要になればモノは捨てることができる。

巡り巡って、それが自分自身への害となって返ってきてしまう。


今西先生が子供たちに投げかけた、

今西先生
皆さんは、将来不幸になりたいって考えている人はいますか?

というメッセージが、思い返されました。

勿論、みんな誰しも幸せになりたいと願っている。

ならば、その当たり前のことから始めればいい。


それは、命を大切にすること、誰かを思い遣れるということ


おいら
そうだ。幸せはきっと、誰かを大切にできることから始まるはずだ。


誰かの笑顔を見られる社会と誰かの悲しい顔を見る社会、

どちらが幸せかという問いが、この映画の本当のメッセージです。


今、各地の上映会場にほぼ全て足を運んでいき、動物を愛する多くの方々と出会います。





この記事も、現在横浜の上映会場から投稿をしております。


この映画は特に、現在の日本の犬や猫の現状を知らない方々に観ていただきたい。

特に子供たち、そしてご高齢の方々に観てもらい、

感じ、考え、語り合って頂きたい。


そして、近い将来、


《殺処分》なんてことがあったの? 


犬や猫を大切にするのなんて当たり前でしょ。

という社会が来ることを信じ、全国の活動家や愛犬家、愛猫家の皆さんと共に、

私も上映活動を続けて参りたいと思っております。

この映画は、ドラマとドキュメンタリーの2部構成で1本の映画となっていますが、

ドキュメンタリーの最後のメッセージを皆さんに届けたいので、

是非上映の輪を広げていきたいと思っております。


誰かを幸せにすることは、自分を幸せにすること。

このメッセージは、虐められ続けた自分自身

紐解いていきたい自分自身への投げかけと思っております


これからも、

映画「ノー・ヴォイス」の応援を、よろしくお願いします。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

主人がいつも言います。動物は話ができないから気をつけて観てゆらにゃいかんと❗️
素敵な映画は何回観ても感動できます。
監督、素敵な映画を作ってくれてありがとうございます。

コメント、ありがとうございます!
こちらこそ、感謝致します!
宮崎が大変楽しみです。

犬を飼ってる私には保健所という単語を聞くだけで辛いことを想像してしまう。でも、見たくないけど現実を認めて改善していくことが必要ですよね。

コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、言葉のイメージが先攻してしまいますよね。

昨日のノーヴォイスの上映会場で、子供たちが
この現実を知っていくことが大切だと思うというコメントを頂きました。

前向きにこの課題に一緒に考えていき、命を大切にできることが当たり前な
社会になれるよう、私自身はこの活動を続けていきたいと思っております。

最後まで面倒を見れないのであれば飼って欲しくないですね。
飼い主が老犬を処分場に連れて行くという話も聞いたたことがあります。
いろんな方に知ってもらいたいですね。

古新 舜

映画監督・コミュニケーションデザイナー 映画×教育をテーマに、世の中の当たり前を疑う姿勢、決められたレールから外れることの大切さ、2つの違ったものを融合させる姿勢をテーマに、作品創りを行っている。アクティブラーニング社羽根拓也氏に師事。社会人基礎力を養うワークショップを展開する。

古新 舜さんが次に書こうと思っていること

|

古新 舜

映画監督・コミュニケーションデザイナー 映画×教育をテーマに、世の中の当たり前を疑う姿勢、決められたレールから外れることの大切さ、2つの違ったものを融合させる姿勢をテーマに、作品創りを行っている。アクティブラーニング社羽根拓也氏に師事。社会人基礎力を養うワークショップを展開する。

古新 舜

映画監督・コミュニケーションデザイナー 映画×教育をテーマに、世の中の当たり前を疑う姿勢、決められたレールから外れることの大切さ、2つの違ったものを融合させる姿勢をテーマに、作品創りを行っている。アクティブラーニング社羽根拓也氏に師事。社会人基礎力を養うワークショップを展開する。

古新 舜さんの他のストーリー

  • いじめとひきこもりから映画監督に(8)

  • 古新 舜さんの読んでよかったストーリー

  • まともに中学校も行かなかったけど、最高にHAPPYな話