STORYS.JP

栗田 純徳

沖縄県の石垣島在住。
震災後、群馬から移住しました。

好きなことは、将棋、太極拳、書道、音楽、読書、basketball、Jogging、水泳などです。
住みたい国は、
America,Spain,India,Brasil,France,Germanyなどです。
好きなアーティストは、スピッツ、Stevie Wonder、葉加瀬太郎、Chick Corea、川井郁子、高橋優、阿部真央、salyu、J.S.Bach、夏川りみ、元ちとせ、Hugh Yamada、平原綾香、斉藤和義、ねごと、hitomi 、中島美嘉、plenty、ハルカトミユキ、朝崎郁恵、やなわらばー、大萩康司、AKIRA、Chopin、サンボマスター、岡本太郎、加藤秀視、小玉歩、Ms.OOJAなどです。
especially,i love salyu.
教える仕事が好きです。
最近気になっているワードは、「ナリワイをつくる」、「タオ」、「巻き込み力」、「苫米地英人」です。
好きな作家・ジャーナリストは、姜尚中、瀬戸内寂聴、堤未果などです。
好きな本は、「アミ 小さな宇宙人」、「The Secret」、「3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあい」などです。
Twitter、blogしています。@nori_57
https://twitter.com/nori_57
http://nori-57.hatenadiary.com/


以上、どうぞよろしくお願い致します。
Suminori Kurita

ストーリーをリクエストする

栗田 純徳の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

倉地 加奈子
179
2

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

私は中学の時に自律神経失調症を発症し、 その後、約15年以上にわたり病気と付き合ってきました。 今でこそ完全に克服し病気を患っている間、 自分自身がどのような精神状態だったのかも 忘れてしまっているほどですが、当時の私は、 「何の意味があって私は生きているんだろう?」 と言ったようなことを常に考えて生きていたように思います。 今回、その約15年の軌跡と私が体験してきたエピソードを ストーリーで綴って
Sasaki Shin
2250
40

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

◆落ちこぼれだった高校時代 高校時代、私はおちこぼれでした。どれくらいおちこぼれだったかと言うと、全国模試で数学の偏差値が38、おまけに足首を捻挫しているのがクセになっているので運動もまともにできない、彼女はいない、青春の思い出はゲーセンでのメダルゲームだけという素晴らしい灰色オレンジ・デイズを送っていたわけです。 とはいえ、最初から落ちこぼれだったわけではありません。高校受験をしていた時は第一志
おの みゆき
1684
19

親からの束縛で自由が無いと思っている人へ

私はいわゆる良い子でした。
Fouret Mami
49
4

オーストラリア留学中にネット中傷被害に合い、裁判を起こした話(14)

お久しぶりです、ここ数ヶ月バタバタしており続きが書けずにいました。 もともとこの話を書き始めたきっかけは、自分の身の上に起きた理不尽な出来事にどうしても納得できず、悔しい気持ちを消化できなかったこと、自分は未だに苦しんでいるというのに事件のきっかけとなった人物(ストーリー中ではアイと仮名を付けている、私にDeanaを紹介した日本人女性)には一切の制裁が加わらずかつ本人からは全く謝罪が無かったこと、ど
永野 裕之
140
4

指揮者でもある数学教師が語る『数学と音楽の共通点』(その2~音楽の論理≒和声進行の基礎)

前回の記事(その1)で 数学と音楽には論理を読み解くという点で共通点がある 、と書きました。そして音楽の「論理」は ハーモニー(和声) にあることも書きました。 そこで、今回は和声進行のの論理について、その基礎となる部分を書きたいと思います。 和音と和音記号 まずは和音と和音記号を学びましょう 下の楽譜はハ長調とハ短調の和音と和音記号です(出典: wikipedia ) 和音の機能 和音には機能(役
永野 裕之
733

指揮者でもある数学教師が語る『数学と音楽の共通点』(その1~プロローグ)

私は神奈川県にあります個別指導塾「 永野数学塾 」の 塾長 であると同時に プロの指揮者 としても活動をしています。上の画像は福島県の「 いわき交響楽団 」さんに客演させていただいた時のもので、下の画像はNHK(Eテレ)「 テストの花道 」に出演させていただいた時のものです。 よく色々な方から 「数学塾と指揮者なんて2足のわらじは大変でしょう」 と言っていただきますが、実は私の中では2つの全く別のこ
Kobayashi Haruhiko
167
3

【 Episode:1 】[中高編]『23歳、現役大学生・社長兼デザイナー』が歩んだ、自分に正直すぎる人生。

遅くなったけど、やっと時間が出来たのでまたマイペースにすすめていきます。 中学生編 僕が『自分に正直すぎる人生』を歩みだしたのは、恐らく中学生時代からだったのかなと思います。 ツンツンしてました。色んなところがつんつん。 結論、”やんちゃ”してました。正直な話。 なので、色んなところが "ツンツン" してました。 髪とか目とか眉毛とか、言葉使いとかとか。。。 誰よりも早く、トラブルの渦中に飛び込んで
横山 明日希
307
2

「自分の価値が分からなくなった少年」

「自分の価値が分からなくなったことはありますか?」 こんな投げかけについて、本気で悩んだある少年のお話です。 -------- ごく普通の家に次男として生まれ、ごく普通に育った。 ごく普通というより、むしろ、何でもやりたいことをさせてくれる家だったのだろう。 「ピアノを習いたい」と言えばやらせてくれる。 「お寿司が食べたい」と言えば、回転寿司とはいえ、ちゃんと連れて行ってくれる。 2つ上の兄を、良き
田中 美佳
45

全ては子供たちがくれた

マリモの涙  北海道の土産にマリモをもらった。直径3センチほどの丸い生き物がガラス瓶の中に入っている。 見れば見るほど不思議な生き物だ。6年前、大学の卒業旅行で北海道に行った友人も同じものをくれた。「大切にするとどんどん大きくなるよ、ってお店の人が言っていたよ」と言いながら。  私は、このマリモを連れて福岡の小学校に赴任した。赴任の挨拶で何と言おうか。型通りの挨拶じゃつまらないし、、、と思いついたの
瀬良 友秀
1601
38

一生治らない難病にかかった高校生が、絶望の淵から10年かけて病気を完治させ、年商2億円の実業家になった話

プロローグ:本気で”死”について考えたことはありますか? あなたはこれまでの人生で 「本気で”死”について考えたことはありますか?」 おそらくほとんどの方が、答えは NO だと思います。 しかし僕は数年前、 ”死” に本気で向き合ったことがあります。 というより、向き合わざるをえなかった。 それは、当時17歳だった僕には 到底受け入れられない現実でした。 これは17歳の高校生が、 一般的に一生治らな

書きかけのストーリー

栗田 純徳さんの書きかけのストーリーはありません

栗田 純徳さんにもっと聞きたい話リクエストする

|