STORYS.JP

Obara Suzuka

おおむね野生のデザイナーです

最近は「精力的に活動したい」と「しこたまのんびりしたい」がまーまーうまく共存しています。
※躁鬱でない

ありとあらゆるUIをチェックしつくしたいので、新しいサービスとかSNSとか誘い倒して下さい。

ストーリーをリクエストする

Obara Suzukaの人生のストーリー

18時間トイレに閉じ込められた後の話

18時間トイレに閉じ込められる(全裸で) 先日18時間トイレに閉じ込められてしまいました。 引っ越し用にまとめていたダンボールがちゅるっと横滑りしてきて、さらにダンボール上に括りつけられていたガムテープがガスッと刺さる…という即席トラップです。 ドアが5cmほどしか開かず、体当たりするにもなにぶんトイレなもので助走距離が短い…そして全裸なのでドアノブに体が当たると大ダメージ… 完全な詰みです… とい

ゴールデンレトリバーに顔面を噛まれて九死に一生な話

小学校4年生ごろの話です。 学校から私の家に帰るルートは数通りあり、毎日友人と別々の道で帰って家で合流し、どの道が一番早く帰れるかを計測しておりました。 その日も二手に分かれて帰宅の途につきました。しかし小学生という生き物は勝負事があるとどうしても勝ちたくなってしまうので、「どの道が最適か計測」という目的など忘れてただの全力ダッシュ帰宅になってしまうのです。(もちろん家に着く直前に息を整え、「え?歩

バルセロナの中心で「病院シルブプレ!」と叫ぶ

あぶく銭でヨーロッパへ 大学2年だか3年だかの時に(2008年夏)初代慶次で数十万浮いたとかそういう類のあぶく銭があったので、思い立ってヨーロッパ旅行をすることにしました。 当時私は建築系の学科に属しており、「えーマジヨーロッパ未経験!」「キモーイ」「ヨーロッパ未経験が許されるのは中高生までだよねー」「キャハハハハ!」みたいな空気感を感じており、とりあえず一発行っとかな!という土壌がありました。 旅

ニッチ狙いで麻雀雑誌に漫画を持ち込んだ

大学生のころ、私はとある田舎の雀荘でバイトしていました。 その店では結局1年半ほど働いたのですが、そこでモロヒ(モロ引っ掛けの略。詳しくはググってください)禁止・東パツで子の場合は3900以上ないアガり禁止・とにかく批判される可能性のある行為は全て禁止という店員としての厳しい麻雀調教を受けました。 話が脇道にそれました。 その店の店長は元気に満ち溢れていて、いつも文章を書いては近代○雀に原作として持

読んでよかったストーリー

Obara Suzukaさんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

Obara Suzukaさんの書きかけのストーリーはありません

Obara Suzukaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|