STORYS.JP

Atsuko Suzuki

Ann Suzukiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Atsuko Suzukiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

小薬 達也
105

シェアハウスに住む僕が心がけている3箇条

皆さんこんばんは。 さて、今回もテーマはシェアハウスです。 まずは今までの記事のご紹介 一人暮らしだった僕がシェアハウスを選ぶ3つの理由 一人暮らしだった僕がシェアハウスで感じた4つのハードル この記事を読んでいる皆さんはシェアハウスに興味がある方だと思います。 こんな事、あんな事とか気軽にコメントしていってください。 今回は僕がシェアハウスの生活で気をつけている事です。 料理する 出来
嶋津 幸樹
759
3

英語教育の被害者が留学し虐められ17歳で起業、20歳で出版、そしてオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格

Chapter1 人生に転機を齎したオーストラリア短期留学 僕の部屋にはバベルの塔の水彩画が掛けられている。言語が分かれた原因ともいわれるバベルの塔だ。「言語」それは人間がコミュニケーションを図るために不可欠なものである。自分の人生の転機を齎したその バベルの塔 には深い思い入れがある。  高校2年の夏、日本の偏差値教育に苛立ちを感じ、また将来の展望が開けずにいた僕は、オーストラリアへのホームステイ
Kuchiki Seiichiro
235
1

自分では上手くやれていると思うすべての人たちへ

こんにちは。医学生兼ライターの朽木( @amanojerk )です。 ライターとしてのお仕事の傍ら、医学生として、外来や病棟で触れる医療の様々についてお話ししています。 今回は「幸福な老後」について。 ※個人情報への配慮 この記事は具体的な患者さんを話題にするものではありません。個人を特定できる情報は秘匿されており、患者さんの属性はフィクションです。ご了承ください。 どう生まれるかは選べない。どう死
ぎぶん そら
38

自分が何十年間もやりたかったことを今やっていることにはっと気が付いた瞬間

息子が大学に入った時からだから、もう4年間も私は夜間の大学に通い続けている。昼間働いたあとの老脳は、夜になるとほとんど活動を止めようとしているが、それでもシーンとしたクラスルームで教授のこえをきくと、眠気が吹っ飛ぶから不思議である。生きているうちに学びたいことが山ほどある。 授業が終わって真っ暗な外に出て、駐車場まで歩いているときにいつも思うことがある。私は日本でのミカンと炬燵の生活を捨てて、なんで
宇野 成人
573
12

苦痛と、ストレスと、不安を避ける生き方教えます。後編

苦痛とストレスと不安〜の のつづきです。 では、いよいよ苦痛、ストレス、不安の避け方の発表です。 その前に… 前回の記事 をお読みでない方は、まだ読まないで下さい。 というのは冗談ですが、 予備知識が在るかないかで、文章から受け取る印象や、流れというのは変わります。 歴史を学んでお寺巡りをするのと、修学旅行で無理矢理連れて行かれるのでは、 受け取る印象は全く違いますよね? そんな感じ(笑) では、い
Harada Hideyuki
385
2

「ビックリ家族」のお話

今日のお話は僕の目の前で起こったステキな出来事。 スゴイですよ~。 久しぶりに「ビックリな家族」に出会いました。 このビックリ家族は「これでもか、これでもか」と僕のハートを揺さぶりました。 そして僕の「ピュア(?)」なハートは彼らの行動に尊敬の念を覚えるとともに、とても爽やかな感動を覚えました。 こんなスゴイ家族がこの世の中には平然と生活している。 この事実を知るだけでも、あなたは今日得した気分にな
Kato Yuki
4747
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが

書きかけのストーリー

Atsuko Suzukiさんの書きかけのストーリーはありません

Atsuko Suzukiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|