STORYS.JP

立花 久左志

立花 久左志の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

立花 久左志の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Masayoshi Fukushima
38

小さな女の子が大人たちの心を動かした話

幼稚園が大好きだった娘。ある時娘は言った。「幼稚園に行ってなかったら、きっともっと早くお空に行ってたと思う。」と。 娘が白血病と闘っていた時、 それは幼稚園の年長さんの時だった。 幼稚園へ行きたくて行きたくて、 本当に楽しみにしていた娘。 縁あって年中さんとして、 近所の幼稚園へ通うことができるようになった。 いつも幼稚園で全力で遊んだり学んだりしてくるので、 家に帰ってくると疲れて足が痛いと泣いた
Masayoshi Fukushima
498
10

ある小さな女の子の生きた姿

 桜が大好きだった娘。風に舞う桜の花びらを見て、「寂しい」と涙を流していました。桜を見ると娘との思い出が蘇り、グッと胸が締め付けられる思いがします。 娘の時は立ち会い出産でしたが、 産まれた時は力強いく泣き声をあげ、 その輝いた姿に私も妻も感動して涙をながしました。 人生で一番嬉しい瞬間に立ち会えたことを感謝しました。 その後元気いっぱい、愛嬌たっぷりに育っていましたが、 2歳の時にインフルエンザに
黒川 彩子
86

【おしゃべりな胎児 〜エピローグ〜 】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

楽しい妊娠生活だったー♪ 気がついたら妊娠初期から臨月まで、 常に胎児とのコミュニケーションを取りながらの妊娠生活になりました。 おしゃべりな胎児ペルたん は 時に主張が激しく 時に優しく見守ってくれたり 寂しがったり ママを怒ってくれたり お調子者だったり かと思えばまるで神様のようだったり。 いろんな顔を見せてくれて(実際の顔は見えていなくても)飽きることはありませんでした。 でもずっと同じだっ
黒川 彩子
49
1

【おしゃべりな胎児 番外編 ~そんなことより~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆番外編◆ ~そんなことより~ 胎児の時のペルたんとの私のおしゃべりは "破水スイッチ" の時が最後となりました。 分娩中は対話するというよりも 陣痛に痛がりながらも不思議とペルたんの動きや様子を感じられるような気がしていました。 「今は様子見てる感じだな~」 とか 「あっ今は進もうとトライしてる!」 とか。 でもいつものようなペルたんとのおしゃべりという形ではなかったので お産中・お産を終えてどん
岡本 綾瀬
27

集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY②《集団生活不適合開始編》

私の高校生活は、   不幸に思うと不幸であり   幸せだと思うと幸せでありました。     文の重々しい感じからは   想像が出来ないかもしれないけれど、   実は、一人でとっても楽しい   高校生活を送っていたのです。     人に話すと、漫画みたいな生活だね。   と、よく言われます。   《一人でいる事を選択する人》     って、どれくらいいるのかな。       きっと、集団の中での、それ
内藤 亮
158
4

軍艦島へ、観光地化される前に上陸した話 第三回

長崎市に到着して、早朝からお巡りの世話になったその日 体調が回復したところで 長崎港から、軍艦島のお隣である高島へ渡ることにしました。 何故、高島に渡るのかと言うと 当時の数少ない情報では 高島港の漁師と交渉した、買収した、チャーターした等の事例があったからだ。 更に、高島町には「長崎市高島石炭資料館」と言う施設もあり 軍艦島のジオラマや、各種資料・写真等が展示されている。 高島に上陸するや、早速「
Yoshida Maiko
70

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第28話

知られざる顔 《ここまでのあらすじ》初めて読む方へ あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店の売れっ子へと上りつめていく。そんな矢先、恋心を抱きつつあった店のチーフマネージャー佐々木が店を辞めショックを受ける。やけ酒を飲んだ帰り元恋人の拓也に、振られた腹いせに桃子が売春していると噂を流したと告白されたり、実家の母の急な訪問で、桃子の心は揺れ動
長谷川 弘樹
2916
21

【色覚異常の話】周りの人達には、どうやら虹が虹色に見えるらしい。

周りの人達には、どうやら虹が虹色に見えるらしい。 虹が本当に7色に見えるのであれば、どれほど美しいのだろう。 僕は、2色で構成される世界で生きている。 先天性の色覚異常だ。 これといった先入観がない限り、水色、青、紫といった色は「青系」として、黄、赤、緑、茶、肌色、朱色、オレンジといった色は「赤系」として識別される。 それ故の失敗談は、掃いて捨てるほどある。 幼稚園の参観会では、背面黒板に貼られた「
黒川 彩子
50

【おしゃべりな胎児21 ~もう、いいでしょ~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

◆第二十一話◆ ~もう、いいでしょ~ 夫 俺、今まで子供が嫌いって言ってたの 嘘だったかも。 俺、子供好きだわ。 私 えぇ〜〜〜〜〜っっ!!? それまでずっと子供が苦手と言い続けていた夫が突然言い出した言葉に 臨月の私はここで破水しちゃうんじゃないか!というほど驚いたのです。 夫は付き合う前から子供が嫌いで 「子供は欲しくない」 と公言していて 私と結婚したことをきっかけに 「子供はいてもいいかも」
清田 豊
749
9

中度難聴だと知って変わったこと

難聴というものを伝えてみようと思った 難聴者というのは、理解され難いモノのようです。 なんども説明しては理解された風に接せられ、それに期待して裏切られ、酷い言葉を浴びせられる事で、 理解してもらう方法を自分なりに試行錯誤しては酷い扱いをうけて心が折れるの繰り返し。 みんな、そのうち考える事をやめた。 でも、伝えなければお互いに理解しあえないのではないだろうか。 私は今、聞こえの説明として「聴こえの可

書きかけのストーリー

立花 久左志さんの書きかけのストーリーはありません

立花 久左志さんにもっと聞きたい話リクエストする

|