STORYS.JP

Sawayama Tadamasa

Sawayama Tadamasaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Sawayama Tadamasaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

堀口 悠冴
4221

ブラック会社の最高経営責任者になった。9回目

私はさほど学歴を気にはしていない。社会人になって五年目十年目の人を評価するうえで学歴を重視しても意味をなさない。学歴なんてものはせいぜい大学卒業して三年ぐらいまでの評価基準であると考えている。10代後半や20代前半の人間を評価するのは確かに学歴でいい。30代前半以降の人たちは「どのような20代を過ごしたか」を評価するのであり、学歴は評価対象にならない。 終身雇用・年功序列の基礎ともいえる「新卒採用」
大西 明美
525
2

結婚相談所をスタートさせて、初めて大泣きした夜

結婚相談所をスタートさせた2010年当時は、大阪にいた。 大阪というと、地方都市というイメージをされやすい。しかし私がいたところは、瓦屋根の家が集まる古びた田舎の町だった。高齢者が大半を占め、とても静かだった。交通は不便で、一番近い電車の駅でも、徒歩30分はかかった。 そんなところにお客様が来てくれるはずもない。だから、大阪駅や京都駅などの大きな駅まで行き、近くで落ち着いて話が出来る場所を探さなけれ
阿部 真人
272
5

50歳での就職活動。71通の無残な履歴書返送を経てようやく3ヶ月目に内定通知をゲット!

中高年での就職活動は厳しかった わたし、年齢50歳。結婚している。2年前に上海から引き上げ、職なし、住居なしの状態から会社まで立ち上げた。 しかしその会社は取引先やパートナーからことごとく裏切られ、売掛も100万円を超え回収不可能。会社存続も怪しく、就職してとりあえずまともな給与を得たいと就職活動を始めた。 今年(2015年)8月、就職活動を決意した。 まず人材会社に登録を始めようとした。いくつかメ
Suzuki Takuya
18921
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
Numata Yumi
77
4

世界一周の途中で親友になったカンボジア人を日本に連れて来ちゃった話 7

レアの話 それから、レアは自分の話をしてくれた。 小学校は午前中のみで、クメール語と算数の二教科しか無かったこと。 そのあと中学校にも進んで、学校が好きだったこと。 中学2年の時に父親の仕事が変わって、学校に行けなくなってしまったこと。 学校に行かなくなってからは、市場でさとうきびジュースを一人で売らなければならなかったこと。 本当は学校に行きたくて、悔しくて隠れて泣いていたこと。 父親が事業を始め
迫平 直幸
873
5

私が大企業での出世の道から下りた本当の理由 その2

17年前、総従業員数が20万人を超える大企業に、気合いと元気だけでなんとか就職。泥臭く仕事をしながら、同期のトップグループで課長まで昇進。 学生の頃の自分からは予想できない状況。 「俺、良くやってるよ、出来過ぎじゃん」と心の中でつぶやきが聞こえてくる。 ただ、それと同時に、 「このままでいいの?どうすんの俺?」という問いが波の様に繰り返されていました。 起業する訳でも、転職する訳でもなく、 絵に描
井上 祐巳梨
1638
12

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

タイトルの通り、おおよそカジノで億万長者になる確率と似た確率で、ものすごい倍率を突破した時のお話です。でもこれは、私1人の話というよりは、応援してくださった方々全ての人たちのストーリーであると思っています。 オーストラリア政府の「世界最高の仕事」、ご存じでしょうか。2009年にクイーンズランド州にあるハミルトン島で「アイランドケアテイカー(島の管理人)」を世界的に募集をしたアレです。「楽しく暮らして
武田 龍馬
2537
28

東大生がネトゲで出会った女性と結婚し、「生きる理由」を教わって人生が変わった話

こんにちは! ノマドWEBディレクターの武田といいます。 ロンドン生まれ、ニューヨーク育ち、筑駒(筑波大学附属駒場高校)を卒業、一浪するも東京大学に入学、と社会的に見たら順風満帆に見えますが、 自分のやりたいこと・人生を見失い、ネトゲ(ネットゲーム)にどっぷりハマっていた時期があります。 そのころ、ネトゲのギルドで一緒に幹部をしていた「Yさん」という方にお世話になり、 「生きる理由」とは何か、と言う
Matsui Takahiro
36

息子とセブ島のジプニーに乗ったときの話

早朝、ジープに乗りたいという息子にたたき起こされ、寝巻きのままジープに乗りジョリビーのホットケーキを食べに行く。 半年振りのいつもの街並、雑踏、排気ガス、人いきれ。 車の揺れに足がおぼつかない息子の手を、乗客が順繰り引いて、僕たちを一番奥の安全な席に座らせてくれる。これも変わらない心地よい心遣い(乗り物自体はまったく心地よくないのだけれども)。 しばらくすると、丸刈りの若い男性4名と、頭がぼさぼさ、
Love Juri
61

アメリカで日本人女性の泥棒にやられた!!

アメリカはボストンに留学して2学期目を終えた夏、大学の教授と生徒と一緒にアフリカはガーナへ音楽を学びに3週間行った時の話。 アフリカに旅立つ数時間前に友達から緊急の電話があった。 彼女は日本人。盲目の彼女は盲導犬と暮らしていたがなんと大家が酷い人でその犬(盲導犬なのに)を嫌っていて文句を言っていた。 そのせいか?彼女はアパートを日本人女性に又貸しする予定だったがそれが大家にバレ契約違反だからその日本

書きかけのストーリー

Sawayama Tadamasaさんの書きかけのストーリーはありません

Sawayama Tadamasaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|