STORYS.JP

松鷹 妙子

松鷹 妙子の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

松鷹 妙子の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

笠井 レオ
3217
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
Goseki Kenichi
204
4

シンガポールのゲーム会社と組んでインドネシアでオフショア開発したら大炎上したでござる。

俺たちはシンガポールで会社を創ろうと計画していた。すでに半年前から入念に起業に向けて準備をしており、これからはアジアの時代だと確信していた。いまでもその方針は間違っていなかったと思う。そして俺たちはたまたま知り合いの伝手であのSMAPのCMで見たマリナーナベイサンズで行われるモバイルカンファレンスの手伝いをする機会を得た。会社を辞めてすぐにシンガポールに渡った。その時にシンガポールのゲーム会社の社長
akino botan
1283

未婚での妊娠と入れ替わるように消えていった妹の命の話 第6話~摂取障害①~

私とサトミは思春期から摂取障害になった。 私たちは摂取障害に始まり、様々な精神疾患に陥っていった。 私が摂取障害になったのは中学生の時だった。 小学生の頃、私は太っていたので、自分の体型がきらいだった。 体操服に着替えなければならない学校の体育の授業は苦痛で、足も遅くて行動も鈍いので男子からよくからかわれもした。運動ができる友達が羨ましくて仕方なかった。 そんな自分を変えたくて中学校では勇気を出して
オガワ マサノリ
2497
10

正月、僕はマニラで死にかけた

海外旅行、トラブルは突然に・・・ 2013年1月1日、僕が気づいたときにはもう夜になっていた。 しかも場所は新千歳空港だ。 一体いつ新年が明けたのだろうか。 大晦日から正月という年が変わる節目の丸1日の記憶が全くなかった。 これ以前の記憶は12月31日の夕方まで遡る。 僕はマニラにいた。 年末年始の正月休みを利用して僕はフィリピンのマニラに一人で観光に来ていた。 北海道に住んでいた僕は、新千歳空港か

書きかけのストーリー

松鷹 妙子さんの書きかけのストーリーはありません

松鷹 妙子さんにもっと聞きたい話リクエストする

|