"うつ病" のタグがついたストーリー

3回90kg→30kgダイエットで気づいた「痩せるためには、辛いことをしなくてはならない」という幻想

Kanesakuと申します。私は現在40歳で、「汚部屋」脱出、ダイエット、病気などの経験を通して心理学に出会いました。 中でも社会心理学に傾倒し、環境から作られる心や身体について研究したいと思い、働きながら大学院への進学を目指しています。現在、私は、こんな感じ↓です。 そして、昔は…… ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ こんな感じでした。 幼い頃から肥満だった私は、減量とリバウンドを繰り返し、 3回の90
Kanesaku Mariko
6

【画像あり:アラフォー女の汚部屋脱出3か月】「汚部屋」が「お部屋」に戻るまで

ご訪問いただき、ありがとうございます。Kanesakuと申します。 2017年8月現在、働きながら大学院への進学を目指す、40歳の女性です。 突然ですが、私は今こんな感じの部屋に住んでいます。 そして。約5年前まではこんな部屋↓に住んでいました。 私は片付けが大の苦手で、人生の大半を「 汚部屋(おへや) 」で過ごすことが当たり前となっていました。 そんな自分がなぜ部屋を片付けようと思ったのか? どの
Kanesaku Mariko
13

大学受験に大失敗して学歴コンプレックス→うつ病になった僕。再入学した専門学校でナンパして国立大学、難関私立大学の編入試験に合格して人生を変えた話 1/4 〜現役・浪人編〜

「嘘のような本当の話」を体験してしまった 僕は今21歳。どこにでもいる21歳だと思う。 身長も日本人男性の平均171cmほどだし体重だって60kg、平均的だ。 でも僕には人とは違うことが何点かあるのだ。以下に書き出してみよう。 ・高校卒業後入学した私大をわずか半年で辞めてしまった。 ・2回目の受験をするも不合格。彼女に振られてうつ病になってしまった。 ・自分を変えるべく新宿でナンパしまくってめちゃく
山中 貴士
27

19歳でうつ病になったわたしが10年かかってようやく未来を考えられるようになった話(19歳 うつ病になるまで編)

この話を目にとめてくれて、ありがとうございます。 はじめまして。 うつ病と診断されてから、いつの間にか2017年で約10年が経ちました。 10年経った今も、未だ通院と服薬治療中です。 うつのきっかけ わたしがうつになったきっかけは、文字にするとなんて些細なんでしょう、 大学生のときに人生で初めて実った恋が終わってしまったことでした 。 それまでに両想いを経験したことのなかったわたしには、世界が終わっ
Tsukagoshi Yuri
4

何年もこの症状なんだから少しは理解してよね。

2017.3.14 今日はホワイトデー。そんなすてきな言葉から入る文章なんて私にはいらない。 いつも1階のリビングで生活を過ごしていた私がなんとなく2階の自分の部屋に入り普段使用しないデスクトップパソコンで動画をみていた。ここまでは誰でも普通に思えるだろう。私の場合は違う。リビング生活に慣れてしまい、イヤホンから解放されてしまっていた。つまり動画をみているのにイヤホンを装着していない。それになんの違
Yoshioka Anna
9

薬は症状を操縦するために使う(うつ病)

 抗うつ剤、安定剤、睡眠薬、頓服・・・ うつ病になると、いろいろな薬の助けが必要になります。 私は長いこと、これらの薬を嫌っていました。「薬は体に悪いもの」だと思っていました。だから、自分の力で病気を治そうと、いろいろなことを試しました。漢方、気功、体操、カウンセリング、ヒーリング・・・ 睡眠薬をやめようとして、朝まで一睡も出来なかった夜が、幾度あったことでしょう。結果はどうだったでしょうか。努力の
工藤 咲良
3

いちばんの助け(うつ病)

 どうやってうつ病の人を支えたらよいか。何をしてあげられるか。そんなあたたかい気持ちをもってくださる方々に、心からの感謝をこめて、いくつか提案をさせてください。これはあくまでも私の主観的な意見で、何が助けになるかは、人それぞれでしょう。でも、ちょっぴり普遍的な部分もあるかも知れません。 1、特定の治療法を勧めない、強要しない  これはもちろん、「精神科の受診を除いて」の話です。健康法や生活改善法、サ
工藤 咲良
3

うつ病とは、ゼリーの中に落ちたアリさん

 うつ病ってやつは、ゼリーの中に落ちたアリになるようなもんだ。働きアリだから、昔はしょっちゅうこっそりジュースのコップに忍び込んで、腹にたっぷり果汁を溜めて、上手に泳いでコップから這い出しては、巣に運んでた。 ところが! ある日、ジュースだと思って足を突っ込んだのが、ゼリーってやつだったんだ。いつものように泳ごうとしても、足が動かい。それどころか、もがけばもがくほど体が沈んでいく。息がつまって死んで
工藤 咲良
5

うつだっていいじゃない!【其の十九】~学校編・Webページ制作~

【卒業制作前の壁】 気がつけば前回の更新から半年近く空いてしまった「うつだっていいじゃない!」。 学校編と銘打ち一つずつ細かく講座内容に触れておりましたが、これ以上同じパターンで書き続けるのは結構苦しいものだと感じ始め、いつしかこの話から遠のくようになっておりました。 しかし、書き始めた以上は何らかの形で切り替えてでも続けていきたい。ようやくそういった気持ちになり再び筆を取ることにしました(他にも筆
山口 寛之
33

うつだっていいじゃない!【其の十八】~学校編・特定リンク~

いわゆるWebのリンクの中でも他のページに飛ばすというのが一般的なイメージですが、同じページの中にリンクを設定するということも重要だったりします。 縦に長く作られたページでは「トップに戻る」というリンクボタンがないと不便だったりします。またページの前半が見出し項目になっていて、各項目ごとの詳細はページの後半にまとめられている場合、見たいところまでスクロールするよりもリンクボタン一つで飛べるほうが楽な
山口 寛之
73

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー エピローグ ~ウツが教えてくれたこと~

僕がこんなこと平気で言えるようになるなんて あの頃は到底思えませんでした。 「僕だけは報われない人間なんだ」 「生きるのが辛い」 「体がしんどすぎる・・」 こんなことばかり思っていたせいか、 青春時代の記憶はほとんどなくなりました。 今まで、たくさんお話してきましたが、 何時間もかけて『あの頃』を思い出して、書きました。 あまりにもいろいろなことがありすぎて あまりにも辛くて、 僕は楽しかった記憶さ
小崎 真作
38

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part6 ~『今』は高くジャンプする為に沈んでるだけ~

今まで自分を赦したことがなかった僕は、 自分の赦し方が分かりませんでした。 なにをどうすればいいのか 心から赦す為にはなにをすればいいのか まったく分かりませんでした。 ただ分かったのは、 もう苦しまなくていいってことでした。 僕の中で、それは「バァッと」大きな扉を開いた瞬間でした。 気付きませんでしたが、 それが『赦す』ということなのかなと思いました。 明るく前向きに生きることはまだできないけど、
小崎 真作
23

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part5 ~神様は唯一幸せになれない人間を作った~

部活をやっているときでした。 シュートを打った際、 「ピキっ」と腰に電撃が走りました。 激痛が全身を巡らせ、まともに歩けなくなりました。 そのまま近くの整体院で診てもらうと 『ぎっくり腰』 と診断されました。 ビックリです。 それまでぎっくり腰は なにか重たいものを持った際になるものだと思っていましたが ただのジャンプでもなるんですね。 先生はこう言いました。 『しばらく絶対安静にしてください』 「
小崎 真作
35

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part4 ~サヨナラ元気な自分~

お母さんに 「つらい」 と、今まで辛かったものが溢れ出し、泣き崩れた日の翌日、 電車で片道1時間くらいかかる 病院に向かいました。 僕の家は田舎にあります。 ちゃんとした病院は 少し都会に行かないとありませんでした。 病院に向かって歩いているとき、 まっすぐに歩くことができませんでした。 目の前がグルグル回りだしフラフラして 自分の周りに人がたくさん歩いている状況が ものすごく窮屈に感じて息苦しくな
小崎 真作
36

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part3 ~家族全員ぶん殴ってやる~

僕は親が大嫌いでした。 周りから見たら普通の親だったかもしれません。 ただ、僕には合わない親でした。 お父さんは頑固で無口で古い考えしか 持っていませんでした。 自分が英語を話せるからといって 子供にも教えようとして 小学5年生の頃からNHKの基礎英語を強制的に聞かせ、 夜には自分のところに復習に来させる習慣を義務付けしていました。 僕は最初は喜んでやっていましたが 大きくなるにつれ 強制が嫌で仕方
小崎 真作
36

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part2 ~嘘つき自分を演じたバツ~

高校で僕はどんな少年だったかと言うと 一言で言えばバスケ一筋でした。 I LOVE バスケ♡ でした。 進学校だったにも関わらず バスケ一筋でした。 もともと勉強が得意ではなく というか大嫌いで、 ただ家から近いという理由で そこそこ有名な進学校を進む道を選びました。 しかも、中学で前回語った体験をしてるので 勉強する時間はなかったんですが なんとか勉強して受かることができました。 本当にこの時は
小崎 真作
19

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part1 ~永遠に罪が消えない『あの日』~

告白します。 たぶん、読んでいくうちに心苦しくなると思います。 なので、 辛くなったら読むのをやめてください。 でも、僕は書くのをやめません。 僕には、 『生きづらい世の中を、生きやすくするスキルの提供』 というミッションがあるからです。 何かしら、誰かの勇気の一歩となることを願って綴ります。 今では、関わる人老若男女が僕のことを 「若いのにすごいね」 「さすがだね」 「こんな若者に出会ったことがな
小崎 真作
43

うつだっていいじゃない!【其の十七】~学校編・画像とリンク~

ここまで順調に進んでいるWebプログラミング講座。エディタで作成したものをブラウザで開いて確認する。ひたすらこの繰り返しです。 序の口レベルを一通り終えたところで、内容が少しレベルアップ。画像を貼り付ける方法に入ることになりました。 <img src="ファイル名" alt="代替文字" width="幅" height="高さ" border="枠線の太さ"> これはブログをやっていたおかげである
山口 寛之
86

うつだっていいじゃない!【其の十六】~学校編・基礎固め~

【あっという間の7日間】 前回のタグ話の続きです。 画面には表示されないけれど自分でどんな作業をしたのかわかるようにしておくコメント <!-- コメント --!> これを用いることで何か不具合があった時にもすぐ対応できます。また、一度作ったタグを消さずに無効にする方法としても使えます。 その他にも区切り線を引くための <hr> 箇条書き(リスト)を作るための <ul> <li> <ol> 本当に数多
山口 寛之
102

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る