"シリコンバレー" のタグがついたストーリー

「問題は必ず解決できる」貧乏大学生が、東京とシリコンバレーでの10ヶ月を合計家賃3万円で暮らすまで気づかなかった「お金・真面目・旅行」より大事なこと

東京は、日本一物価が高い街、シリコンバレーはアメリカ一物価が高い街 ぼくは、2015年の8月〜2月まで京都から東京に、2016年の2月〜現在に至るまで東京からシリコンバレーに留学しに来ています。 さて、ここで問題です。ぼくの留学先であるシリコンバレーの平均家賃はいくらでしょうか? 正解は、1500ドル(約16万円)です。 ぼくの家の近くに、最近、日本でお馴染みの庶民向けレストラン「やよい軒」ができま
Ko Hidetaka
90

大学新入生がシリコンバレーで『日本を救う起業家No1』メルカリ社長とのランチを1秒で断った1年後Progateで再会した話(番外編)

ぼく(思考停止系大学生) サンフランシスコ到着!(Googleを社内見学したかった人生だった) ぼく(思考停止系大学生) Googleの中に行きたいです!(Googleは社員に知り合いがいれば中に入れる) 川島さん(Googleの中の人) いいよーー!(即答) ぼく(思考停止系大学生) あ、ありがとうございます! ↑とあるシリコンバレーの茶ッカソンというイベントでのやりとり ぼく(思考停止系大学生)
Ko Hidetaka
107

もしもパソコンを触ったことがない文系大学新入生がシリコンバレーに初海外一人旅をしたら........

「お客様 お客様 目的地に到着しましたよ!」という若い背の高い美人なお姉さんの高い声で僕は目が覚めた。目を開けた先に広がっていたのは「新しいセカイ」だった まず簡単な自己紹介をすると小中高とサッカーを10年以上続けていました。体育会系の人でした。だからもちろんパソコンも触ったことないに等しいし、英語も話せません。現地に知り合いも最初は0でした。 そんな自分がなぜいきなりシリコンバレーに行こうと思った
Ko Hidetaka
607

【3話】日本の広告代理店営業出身の私がどうやってY Combinatorのハッカソンで受賞をし、シリコンバレーでiOS Developerとしてゲームを作ったか

私はプログラミングの初心者でした・・・。 ブートキャンプ入門試験のために猛勉強したとは言っても それはわずか3週間の机上のものでしかなく、 更に実際の講義は全て英語で行われました。 またエンジニアの方は日本でさえも割りと早口というのに、 ネイティブイングリッシュのエンジニアによる毎日の講義を理解し、 毎日の課題をこなすというのは、それは過酷なものでした。 最初の一週間が終了した日の授業後、 キャンプ
Takahashi Mai
224

【1話】日本の広告代理店営業出身の私がどうやってY Combinatorのハッカソンで受賞をし、シリコンバレーでiOS Developerとしてゲームを作ったか

皆さま、はじめまして。 このStoryは、日本で生まれ日本で育った私が、 アメリカのシリコンバレーという地域で人生が大きく変わった2つの出来事について、 少しずつ書いています。 内容がインターネットテクノロジーに偏っているため、 多少のマニアックな表現や用語が出てきてしまいます。 また少し長くなりますが、興味の有る方は 是非最後までお付き合い頂けますと嬉しいです。 ストーリーは大まかに分けて、2つの
Takahashi Mai
629

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る