"ファッション" のタグがついたストーリー

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ 僕が、起業するまでの話 ~【最終回】

【 大学受験を乗り越え、起業の道へ。】 奇跡が起きた。 なんと、翌年の春、一浪の末、 大学に合格することができた。 体の震えを押し殺しながら、勉強を再開出来たのは11月。 そこから延々と泣きながら、相変わらず全力で歌いながら、 高1の内容から勉強しなおした末、 唯一、1校から合格通知が来た。 まさか合格出来るとは思っていなかった。 もう無理だと思っていた。 本当に信じられなかった。 初めて嬉し涙を流
平山 真康
37

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ 僕が、起業するまでの話 ~【第4回】

【「起業」という新しい世界を知る。】 新たな生活を手に入れ、 浪人中に転機が訪れた。 バイト先で、 自分でネットショップを運営している人と出会ったのだ。 その時に初めて、 「 自分で起業する 」 という選択肢があることに気が付き、 ハッとなった。 『そうか..............、    俺はどこにも就職出来ないはずだけど、    自分で起こすこと「 だけ 」は出来るのか...........。
平山 真康
48

自称アーティストが気付いた、夢を追う為に絶対にしてはいけない事。

STORY.JPの皆さんこんにちは。 今回僕の大尊敬する先輩から 教わった夢を追う為に人生で大切にしなくてはいけない話を みんなに伝えたいと思います! まず初めに夢の話をしたいと思います。 SUPER STYLING ARTIST この職業名を聞いて 今理解して頂けた方は 一体何人ぐらいいるでしょうか? 実はこの職業は 僕が勝手に作った業種です。 要するに 夢 の話なんです。 僕はスタイリスト (芸
KIZUKI OTANI
79

《日本代表⇒ベンチャー⇒逃げる⇒漫画喫茶⇒兄の起業》タナクロを起業するまで。

株式会社タナクロ で代表を務めております田中淳也です。今回は僕が起業するまでの道のりを書いてみようと思う。みんなが自己紹介書いているのでこの流れに乗って恥ずかしいこと含め、僕の恥ずかしい過去も全てWeb上にさらけ出しちゃおうと思います! ちなみにタナクロは超ざっくり言うとファッションブランド古着の買取・販売をオンライン上で行ってるEC運営会社です! バーバリー専門通販サイト ゴスロリファッション服の
田中 淳也
56

図書館員から独立へ~自分で仕事を作る その4~

【自分の力で稼げた!】 図書館で働くかたわらで、収入面で不安があったので新しいことやりたいな~と。 あるとき、Twitterで活動している某サークルに入るわけです。 既に辞めているので、名前は明かせませんが、 なんとも不思議な出会いがあったのです。 僕が入ったときはまだ他には2人しかいないサークルでした。 そして部長(部活という体でやっていた)と仲良くなり、 一人の人(D君)を紹介されます。 既に僕
石井 雄
20

図書館員から独立へ~自分で仕事を作る その3~

【落ちた、受かった、そして新しい出会いに】 応募した企業からの電話でした。 ドキドキしながら電話に出ると、 自己紹介や応募について、 軽く質問されました。 もちろん、緊張していたので ほとんど覚えていません笑 面白いぐらいに思い出せません。 まだ、5年前ぐらいの出来事のはずなのに。 (もっと近い年数だったかも) とりあえず、落ちたくないと強く思っていたので、 無理やり、元気良く喋ることだけを気をつけ
石井 雄
39

【Part 3】 「26歳、職ナシ、彼女ナシ、実家暮らし男子が、とりあえず、統合失調症になってみた。」

 第二章~右往左往紆余曲折大学生活~  大学一年生 ・一人池田屋事件 ・「大学ってこんなにもモラルが無いの!?」 ・「この世に正しい日本語なんてありません!」 ・白い染みつきジーパンに、赤いフリース。 ・オシャレオタク、ひろとの出会い。 ・とりあえず、「FINE BOYS」読んどけ!」 ・「結婚相手の見つけ方」  大学二年生 ・カウンセラー三浦先生との出会い ・演劇研究会より愛を込めて ・くわばらか
桑原 和也
53

大学デビューの僕が、憧れのブランドを取り扱えるSHOP店員になった話。No.3

そして、面接へ 面接を受けることになったお店は、 住んでいた街の駅ビルの中に入っているSHOPでした。 私が当時住んでいた街では駅前にあるデパートか、 もしくは駅ビルのどちらかが 大抵の人が買い物にでかける場所。 だから、SHOP店員をするとなっても 毎日それなりの人数の接客を することはできるだろうし、 やるからにはまったく ここで不足はないと感じていました。 高校時代にバイト経験はあるものの、
市村 敬
147

大学デビューの僕が、憧れのブランドを取り扱えるSHOP店員になった話。

地元をはなれて。 2002年4月。 高校を卒業して 大学に進学することになった私は、 18年間住み慣れた地元を離れて、 一人暮らしをすることになりました。 はじめての一人暮らし。 不安や戸惑いも 最初のうちはたくさんありました。 その反面、これから始まる大学生活に 大きな期待を抱いていました。 この新しい生活がこれから 運んできてくれる生活を このときはまだ 気づくこともありませんでした。 草薙くん
市村 敬
180

大学デビューの僕が、憧れのブランドを取り扱えるSHOP店員になった話。No.2

ついに開花 草薙くん似のAちゃんに 連れていってもらったセレクトSHOPとの出会いから 一気にファッションやオシャレということに対して 開花してしまいました。 ファッション誌の発売日ともなれば 学校に行く前にコンビニに寄って雑誌を買い、 授業中に雑誌を読んで研究する始末。 ヒドイときなんて、 授業にファッション誌5冊くらい 持ち込んで見ていたなんて時期もありました。 あこがれとの出会い そんな生活を
市村 敬
188

高校生の時アニメオタクが、24歳の時ファッションビジネスで起業する話 vol.5

GMO時代 大学を卒業して、お世話になったGMOインターネットには僕の会社を作るまでの ほとんどの運営ノウハウを教えて頂いたと思っています。 しかしながら、新卒の僕は今思うと全然使えないサラリーマンでした。 CS→マーケティング→営業と2年間の間に5回も部署異動(大半僕のわがままで) 経験させてもらいました。 最後の営業職は、本当に色々な方にお会いできて本当に勉強になった。 独立してからも、その関
金子 洋平
71

高校生の時アニメオタクが、24歳の時ファッションビジネスで起業する話 vol.1

元アニオタがファッションで起業する話 「ファッション×インターネット」というテーマで会社をやっている 株式会社ニューエイジの金子です。 現在会社は9期目で、ネット通販の事業がメインでやっています。 僕の現在の概要はプロフィールを参照してください。 たまたま、Storys.jpを知ったので、僕の起業のルーツみたいなものを 書いてこれから起業される方などの参考に少しでもなればと思っています。 僕のスト
金子 洋平
594

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る