"ファン" のタグがついたストーリー

ちょうどいい感覚でファンを続ける方法

ファンをやるのはお金もかかるし人間関係とか面倒くさい! というのはネットなどでもよく目にしますし、実際、以前書いた部分だと、「ファンなんてやらないほうがいい」という意味合いにも捉えられてしまうかもしれません。 だけども、私の失敗談も含めて、純粋にファンを楽しむための方法なんかを書いてみます。 ファン同士がSNSでの交流はしないのが一番安心。 アーティスト本人がSNSをやっているので、ファン同士のつな
宮城 ハナ
4

ファン同士の交流に疲れたって話。

 私は20歳から23歳まで、某歌手の熱狂的ファンをやっていました。今でもファンですが、程よい距離感で楽しんでます。 一昔前まではネットで情報発信するにはある程度のネット知識が必要でしたが2010年ごろからツイッターやインスタグラムなどのSNSが流行りだしてきました。  ミクシイやフェイスブックやモバゲーなどのように、リアルでの知人と繋がるためのSNSに疲れ始めた人が増えていたあたりで、匿名制を求めつ
宮城 ハナ
4

オタクとにわか

これだけ世の中に普及したSNS。十数年前までは掲示板レベルが主流でここまで発展するとは考えられない媒体でした。「誰もが発言者になれる」非常に便利な世の中になったものです。 そんな時代ですから、色んな方の様々な発言を目にする機会が増えてきました。ただただ楽しいという話もあれば、どことん歴史を語る方、更には持論を展開する方。その書き込み方は千差万別です。 個人のページで好き勝手に書くのはブログと大差はな
山口 寛之
39

55人生の岐路 / 見下しすぎたアイドル

はじめに。 私は、アイドルに関心がありません。 と言うと嘘になってしまうため、 11月3日の朝まで、アイドルに興味がありませんでした。 twitterに書いた内容は酷いもので、 ・これからアイドルのライブに行くわけだが、私はアイドルに関心がない。 ・(会場が軽井沢のため)ライブより、アウトレットより、スキー場が魅力的である。 ・テンションがあがらない。あー、新幹線代が…モッタイナイ。 と書き込んでい
大橋 美紀
44

企業へメールで意見を送ったら、社長から返信が来て一緒にランチした話

ある企業にメールで意見を送ったら、社長から返信が来て一緒にランチしたというビックリ話。 みなさんRetty(レッティ)って知ってますか? 食べログのような「知らない誰か」のクチコミではなく、 Facebookなどで繋がりがある「知っているあの人」の おすすめ飲食店が集まる、日本最大級の実名型レビューサービスです。 先日、ふと思いついたアイデアがあり Rettyの企業サイトからメールを送ったところ、
深尾 和正
81

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る