"私の上司" のタグがついたストーリー

事故って欲しい上司?

事故っていて欲しい、以前お世話になった上司に。 こんなことを書く私は、 極悪人 なのでしょうか? ええ、そうなのかもしれません。 彼女は、毎日私を罵倒し、わざわざ仕事がやりにくいように匠な嫌がらせをし、私を日々精神的に追い詰めていったのです。 ある日は、終業時間中は彼女の大説教だけで終わり、仕事の時間がとうに終わり、皆が帰ってから一日の仕事を始める、ということがありました。 またある日は皆の前で、私
Unabara 海原  Taiko たい子
3

Master yonegerの「よし!」の掛け声

大学を卒業して就職したものの一ヶ月で退職し、別の仕事を探して、そこでもまた一ヶ月で退職したしょぼい私が行き着いたのが「フリーター」だったのだが、そこで一人の上司と出会い、人生がガラッと一変した話。 就職活動は本気でしたことがなかった。 試験はボロボロなのに面接で合格しちゃうような、憎いタイプな私。 社長面接で「なんで試験結果が下から二番目なのに受かってんの?」と聞かれ、「人柄でしょうかね!あはは!」
みよし けんたろう
5

はじめての就職でスピンターンとドリフトとオンナの扱い方を教えてくれた上司のタグチさんが教えてくれたもっと大事な○○

はじめての職場 僕が右も左もわからない、そんな18歳の頃に出会ったタグチさんの話です。 住む場所は会社が用意してくれていたワンルームで、同僚や管理役の上司が数名一緒に住んでいます。それまでパソコン以外興味のなかった私ですから、集団生活すべてが不安でした。 タグチさんとの出会い そこで出会ったのが上司にあたる主任のタグチさんです。自分より8つ上の大先輩でした。 「おう、いずみか!よろしく頼むで!」 大
Izumi Shinichi
6

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る