"英語" のタグがついたストーリー

パスポート、持ってますか?

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。     妻に、こんな質問をしてみました。   PAR : Do you know what percent of British people have a passport? (イギリス人の何パーセントの人がパスポートを持ってると思う?)   妻 : I would say...at least 60% of th
プリドー安斎 亮介
2

海外留学なしでイギリス英語を話し、イギリス人と結婚をするまでの話#6

Hello there! PARです。 妻が年末日本に遊びに来ました。   家族に結婚を考えている人です、と紹介しました。   幸いうちの家族は外国人に対するアレルギーがあまりなく、すんなり受け入れてもらえました。   母親はボランティアで日本語を教えているし、父親も何とか英語を話そうとしてくれました。   妻は紅白を見るのを楽しみにしていたようで、一緒に紅白を見て年を越し、初詣へ行きおせち料理を食
プリドー安斎 亮介
19

海外留学なしでイギリス英語を話し、イギリス人と結婚をするまでの話#4

Hello there! PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke)です。   さて、会話を毎日し始めて2週間くらい経った頃、お互いに興味深々で話が合うことがわかってきたので、会って話してみたいね、となり自分がある相談を持ち掛けてみました。   ロンドンに会いに行く!   妻の誕生日が10月というのを聞いて、この話を切り出したんです。   お誕生日を祝わせてください、とお願いしてみました
プリドー安斎 亮介
18

海外留学なしでイギリス英語を話し、イギリス人と結婚をするまでの話#3

Hello there! PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke)です。 さて、妻から はじめまして、私はニコールです。どうぞよろしく。お元気ですか。私は三月に日本へ行きます。私の日本語は悪いです、ごめんなさい。   I saw your profile and you seem very interesting (and attractive). I hope you don't m
プリドー安斎 亮介
25

海外留学なしでイギリス英語を話し、イギリス人と結婚をするまでの話#1

Hello there! PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke)です。 自分は今、イギリス人の妻と結婚し、息子が1人います。 そんな自分も、20代の時は英語が全く話せませんでした。 もちろん、海外留学なんかしたことがありません。 それでも、今こうやってイギリス人の妻と息子と幸せに暮らしています。 PARは昔こんな人で、妻とどうやって出会ってどうやって結婚したのかを、少しずつお話しして
プリドー安斎 亮介
27

海外留学なしでイギリス英語を話し、イギリス人と結婚をするまでの話#2

Hello there! PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke)です。 さて、ジョージ アラガイアさんのおかげでイギリス英語の勉強を始めたのですが、2010年の11月から外資系の企業で働くことになりました。   特にその企業は、ヨーロッパに本社があるのでフランス人もよく来日するということを聞きました。自分のフランス語の力も活かせるのでは!と思い、ワクワクしていました。   その一方で
プリドー安斎 亮介
19

専門学校中退で仕事もろくに続けられなかった私が独学の勉強の英語とハッタリで得た仕事で海外に出る機会を得て人生が変わったこと

報道番組に出ていたショーンKという人物が まるで詐欺をしたような形で報道されTVから姿を消しましたが 私は彼の英語力の素晴らしさに感動した人間の一人です。 そして、あのような形で終わってしまったことを残念に思います。 私が英語を話せるようになりたかった理由 それは地方出身で言葉が訛っていたのが 東京で恥ずかしかったというだけにすぎません。 18歳で上京、どこかで誰かと話すと お洒落な男性がクスッと笑
福永 眞子
20

定時制高校在学中のたった1年間でTOEIC300点から900点に上げた話

僕が通っていた高校は定時制高校だった。入学式当日は、生徒の半分以上が髪の毛を染めていたり派手な格好をしている生徒がほとんど。それ以外の学生は、見るからに真面目なそうな生徒のどちらかだった。 こんな学校で3年間も高校生活をすることを想像すると吐き気がしたが、どれもこれも自分の今までの行動がこんな環境に置かれる原因となったのは、痛いほど分かっていた。 僕はその高校に入学するまでは、人生で一度もきちんと勉
加来 涼太
27

TOEIC, IELTS満点でも意味がない!オックスフォード大学で通用しなかったゆとり世代の日本の英語教育!

CHAPTER1〜5はこちらをご覧ください。 「 英語教育の被害者が留学し虐められ17歳で起業、20歳で出版、そしてオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格 」 「 学生起業家のオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格法 」 CHAPTER 6 2012年のオックスフォード留学から2年間かけて手にしたオックスフォード大学の入学合格証書とIELTSの試験結果を握りしめ成田空港からオックスフ
嶋津 幸樹
191

【グローバルな環境で、自分の可能性を自分の手でひろげみよう!】

こんにちは(^^) 世界中の人と友達になることが世界平和に繋がると思い世界一周をしてきました松本真奈美(MONA) です(^^) 「世界中から集まる仲間と共に、海外でのびのびおもいっきりキャンパスライフを満喫してみたい!」 世界一周に旅立つ前に、こんな夢があったので、世界一周する前に留学しようと思っていました☺︎ちなみにこれは高校生からの夢でした(^^) そして、ニューヨークに留学することにしました
松本 真奈美
13

重度のうつ病からの生還、15年の記録

私の履歴書は、NYの投資銀行マン時代から、突然地獄の底へ突き落とされた記録になりました。 私は、ずっと「上昇志向」を続けて来ました。履歴書を見れば、本人の歴史がわかりますね。私も、採用面接に行くと、よく言われました。 「西條さんは、アメリカ留学して就職した頃までは、ずっと上昇志向だったけれど、そのあとが、下り坂ですね。」 正直言って、その通りです。 そんな経歴の中で、 この60歳までどうやって生きて
西條 智之
170

英語の単位を落とした私が、英語で英語のアプリを作る!

国際協力を夢見て大学へ!早速英語の単位を落とす! 国際協力に憧れて、推薦で入学した大学の国際系の学部は、なんと帰国子女だらけ。 私も 鳥取弁がネイティブ なので、一応 標準語とのバイリンガル なのだが、 彼らの英語レベルはすごかった。私の標準語なんて目じゃなかった。 大学での英語の授業は文法の授業、会話の授業と2種類。 会話の授業はとっても楽しかったけど、 文法はいつまでたっても中学レベル。 授業は
Shiotani Masako
40

愛は国境を貫く・・・NYで花開く私のグローバル恋物語(その1)。

「バカ真面目で頭が固い」私と、サルサが好きなNY生まれの彼女がつづった、lovelyなストーリーです。 彼女の名前は、Jacky(ジャッキー)。コネチカット州立大学を優秀な成績で卒業し、メキシコへ留学して、スペイン語がネイティブレベルで話せる女性だった。メキシコの陽気な雰囲気があり、サルサを踊ったら、メキシコ出身の男性達が群がるくらいに、サルサが上手かった。 Jackyとは、アメリカのMBAコースで
西條 智之
90

成績オール1の落ちこぼれが、たった3ヶ月で英語をネイティブのように話せるようになった物語 感謝編

 僕のこの話を最後まで読んでくださった方々へ、本当に嬉しくて、本当に感謝しています。おかげさまで、7000人を超える方々に見ていただくことができました。本当にありがとうございます。 今日僕が書かせていただいたのは、もしも、英語を話すことや何か行き詰っている方で悩まれている方がいたら、少しでも助けになりたいと感じたからです。 僕はこの物語で話したように、本当に英語を話せるようになるまでは、特に英語が話
松元 宏樹
23

英会話学校にも、教材も買わなかった。でも発音だけはネイティブになれた両親の教育方法

初めにいえることは、 私は英会話学校に幼少期通っていたとか 高い教材を買って、それで英才教育を受けていたとか 私の両親が熱血な教育者であったとか 両親が外国に住んでいる経験があるとか。 そんな話は一切ない。 強いて言えば母にアメリカのホストファミリーがいたくらいだが それでも私が向こうに何年も住んだとかそういうことは一切ないし 海外経験といえば高校の夏のホームステイくらいだ。 私の両親私に幼少期にし
矢敷 有希子
26

成績オール1の落ちこぼれがたった3ヶ月で英語をネイティブスピーカーのように話せるようになるまでの物語 第1話

まずは、暗黒の中学時代から今に至るまでのことをみんなに全て打ち明けたいと思う。打ち明けることで過去を整理し、過去の自分を受け入れたい。と思ったから。 今でこそ、言えることがある。ぼくは中学生時代、暗黒の不登校中学生時代を過ごした。 原因はほんの些細なことだった。僕は男子から聞いていた好きな女の子の情報をバラしてしまったのだ。 当然、他の男子から大激怒をくらい、あっという間にいじめの対象になった。 そ
松元 宏樹
1057

南の島の英語が僕を潰し、僕を生かせた話 -迷わせた編- 

気が付けば国際舞台を目指していました。南の島から始まった僕の冒険はずいぶん遠くを目指す事になります。 大学を卒業。僕はあるきっかけからニューヨークを訪れる事になりました。南の島から始まり、英語なんて一言も話せなかった僕がニューヨークで思いました。世の中は本当に広い。世界は本当に広い。いつかそんな世界で活躍できる一人前になってここにまた訪れたいと。 僕はアジアの大都会上海へ留学します。しかし、やっぱり
アルバート 伊藤
42

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る