"起業のきっかけ" のタグがついたストーリー

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その9

「OLを辞めて、環境や時間に縛られない生き方の方が楽しそう♡」 だから私は、本業の時間以外をほぼすべて副業に費やして、 OL以上に稼げる自分になるべくがむしゃらに取り組みました。 (月給以上に稼げるようになったら会社を辞めていいと 旦那さんに言われていたので、絶対にやってみせる!と燃えてました。) ▶︎参考記事はこちら 誰に指示されたわけでもない。 自分の未来のために、自分が決めたこと。 だから、ち
堤 ゆかり
3

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その8

初心者向けのバイマに関するセミナーを受講して、 今の自分が、恥ずかしくなりました。 たまたま私と同い年だった講師の方は、 家で子育てをしながらバイマで稼いで、講師としても活躍中。 経済的な余裕もお子さんとの時間もやりがいも全てを叶えていて、 自信と充実感に満ち溢れていて、眩しくて目が眩むほどでした。 かたや在宅で楽しく稼いで輝く主婦。 かたや夢や目標もないしがない事務職OL。 なんで同じだけの時間を
堤 ゆかり
3

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その7

旦那さんはもう何年も副業の経験があって(株・FX・物販などなど…) ブランド品を輸入して価格を上乗せして販売するバイマ(BUYMA)も 一時期かじっていたことを、私も知っていました。 だけど、別に興味はなくって(笑) 「目標を持って毎日を過ごしたい」とは思っていたけど、 自らビジネスをしたいだなんて、考えたこともありませんでした。 でも、バイマはリスクが少なく取っ掛かりやすいと聞いていたし、 可愛い
堤 ゆかり
5

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その6

結婚式という人生における大イベントを終えて、 ふとこんな思いが湧いてきました。 「次は、何を目標に生きていけばいいんだろう…」。 事務の仕事にも慣れてきて、忙しかった結婚準備も終わり、 日常が戻ってきたことを感じるのと同時に、 ぽっかりと心に穴が空いたような感覚を覚えました。 何かこう、目標やゴールに向かって頑張る喜びを久々に感じて、 また何か目標を見つけたい、という気持ちになったんですよね。 それ
堤 ゆかり
3

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その5

今までとは違い、仕事にやりがいは一切求めません。 「楽しそうな仕事なのか?」よりも「楽そうな仕事なのか?」。 「キャリアアップはあるのか?」よりも「福利厚生がしっかりしてるか?」。 業界にはあまりこだわらず、 残業が少なくて営業や対面接客をしなくて済む 事務系の職種に焦点を絞ってエントリーをしていきました。 今回の転職活動は、大苦戦。 事務職の経験や資格も、自慢できる実績もなかったし、 前職をすぐに
堤 ゆかり
5

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その4

今の旦那さんと出会ったのは、 私が心の病を患って休職をするタイミングでした。 知り合ってまだ間もなかったその距離感も、良かったのかもしれません。 とにかく彼には、仕事で悩んでいることを素直に話せたんです。 出会ったときからずっと変わらない優しさと誠実さに、安心してたんだと思う。 彼も偶然、最初に入社した人気業界の会社が超激務で、 しんどい思いをした経験があったから、 私の気持ちに寄り添って話を聞いて
堤 ゆかり
4

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その3

転職に成功して、やっと憧れのウエディングの仕事を始めて 10ヶ月ほど経った頃のことです。 朝起きたら、体が動かない。 会社に行かなきゃいけないのに、体が動かない。 「会社に行きたくない…」 突然、会社に行けなくなってしまいました。 私は今まで、誰にも弱みを見せられない人間でした。 愚痴や悩みを言ったところで、相手は迷惑じゃないか。 ネガティブなことを言ったら、嫌われるんじゃないか。 家族にも、彼氏に
堤 ゆかり
4

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その2

転職サイトに登録をして、すぐにエントリー。 飲食の仕事は夕方からの勤務だったので、 日中に面接に足を運び、その後出社するという生活が始まりました。 面接のスケジュール上出社が遅れてしまうこともあったのですが、 店舗のスタッフは快諾してくれて、本当に助かりました。 (私の意思を尊重してくれた皆さんには、今でも感謝しています。) すると、転職活動開始後1ヶ月というスピードで、見事内定を達成!! 現職を退
堤 ゆかり
8

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その1

私は、仕事とうまく向き合えない人生を送ってきました。 転職を繰り返し、鬱状態になり、 働くことそのものに希望を失っていた時期もあります。 ・なぜ、専業主婦になりたいと思っていたのか ・なぜ、専業主婦になりたかった私が会社を辞めて起業したのか 私の変化の過程を、時系列に沿ってお話します。 私は、都内の4年制の私立大学に通っていました。 明確な目標や将来の夢はあったわけでもなく、 勉強はそれなりに真面目
堤 ゆかり
6

朝の新聞配達とトラック運転手で、睡眠時間3時間だったボクが会社を作るまでの話

ボクは、薄汚れて今にも崩れ落ちそうな団地の踊り場にいた。 階段から転げ落ち、大の字に倒れて階段を背もたれにしながら夜空を見上げていた。 借金を返すため、トラック運転手の残業手当だけでは足りず、朝の新聞配達を始めたのだ。 朝刊とはいっても、新聞販売所での作業は夜中の3時から始まる。戦争のように競い合って、チラシを新聞に折り込み、自転車やバイクの前と後ろに山積みにして担当エリアに配る。 ボクのような新人
Ikematsu 【kaz】Yoichi
2

朝の新聞配達とトラック運転手で、睡眠時間3時間だったボクが会社を作るまでの話

ボクは、薄汚れて今にも崩れ落ちそうな団地の踊り場にいた。 階段から転げ落ち、大の字に倒れて階段を背もたれにしながら夜空を見上げていた。 借金を返すため、トラック運転手の残業手当だけでは足りず、朝の新聞配達を始めたのだ。 朝刊とはいっても、新聞販売所での作業は夜中の3時から始まる。戦争のように競い合って、チラシを新聞に折り込み、自転車やバイクの前と後ろに山積みにして担当エリアに配る。 ボクのような新人
Ikematsu 【kaz】Yoichi
2

パイオニアになること

看護学部のゼミで講義をさせて頂きました。 とても良い時間でした。 「さくらさんは今どんな仕事をしているの?」 「うーん、音楽療法士の養成に携わったり、ライアーの演奏活動をしてる。」 「音楽療法はやっていないの?」 「うん、今は休んでる。日本では音楽療法ってまだまだ理解されていない。だから、音楽療法はいいものですよ~ 効果がありますよ~って上から目線で勧めても、あんまり意味がないと思うの。それより、み
工藤 咲良
3

24歳ニートの僕が、謎にインドネシアに行って社長になるまでの話。後編

一度、日本に帰ることにしよう。 今考えても、あの時はそうするしかなかったと思う。 再びこの地に戻ってくると決意し、飛行機へ乗った。 せっかく大変な思いをして社長になったのに、再びニートに逆戻り。 しかも今回は貯金なし。 今更インドネシアに戻って、一体何ができるんだろう。 このまま日本で就職して、平凡な家庭を築いて、ごくごく普通の生活を送るのも良悪くないんじゃないか? 1カ月も日本に居ると、そんなこと
室野 秀
45

24歳ニートの僕が、謎にインドネシアに行って社長になるまでの話。前編

僕の周りに、夢を叶えている大人なんていなかった。 就職して、やりたくもない仕事をして、愚痴を肴に酒を飲み、 理想や夢を語る人を「現実が見えていない」と見下すような大人ばっかりだった。 そんな大人をかっこ悪いと思っていたし、あんなふうにはなりたくないと思っていた。 そう思っているだけで、何の行動も起こさない自分もダサかったのだけど、その頃はまだ、自分を客観視できるほど大人じゃなかった。 このストーリー
室野 秀
150

奇跡は自分で起こす!18歳で致死率99.9%の脳出血から奇跡的に生還。在学中に高学歴男子集団でビジネスに目覚めた秘訣。

あれ・・・? これって夢だよね? それにしても、この夢長くない? 今までこんなに長い夢あったっけ? 何だか現実のようだな・・・でも夢か。スースー 2009年の4月、総合病院の病室にいた私は、 あの世から無事に生還したが、 脳がやられて現実なのか夢なのか、よくわからない状態になっていた。 ~致死率99.9%の大病~ 高校3年生 卒業目前の3月に受験のストレスで、 ある日突然、致死率99.9%の脳室内出
白鳥 香織
61

イベント起業家の道を歩む決意をしました

はじめまして。 30歳を目前に2児のパパで会社員を退職したイベント起業家えいきです。 イベントを通じて、笑顔とワクワクをお届けして、日本を明るくしたいという想いで起業しました。 正直不安もありますし、会社の方や親にも心配されて簡単な道ではないからと会社の方や親にも心配されましたが、一度きりの人生を悔いのないようにやりたいことやる! そう決めて決心しました。 様々な方の起業した理由を見ると、震災などの
堀井 栄希
12

全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第10回 人生を変えるセミナー

このセミナーはセミナーと言うより土地への投資で成功した億万長者がリーダーとして参加者と会議形式で話を進めていく、というものであったのだが、丁度私が初めて参加したその日はゲストスピーカーがセミナーを行ってくれるというなんともラッキーな日であった。 私はもちろんそんなことは知らず、たった2千円で物凄いお得な体験をすることが出来たのである。 このゲストスピーカーの名をジェニーと言う。 彼女は自分自身物凄く
Nori Kalember
45

26歳でカンボジアで起業し社員30名まで成長させた話

ベンチャー企業で働いてから、起業する! そう決めていた大学生の僕は2010年に新卒でベンチャー企業に就職した。 自分なりにめちゃくちゃ頑張って、新卒1年目で福岡の支店立ち上げに関わることができ、新卒2年目で福岡支店の支店長になった。そして入社から3年目。そろそろ起業についても考えなきゃな。そう思っていた時期だった。 3年目にちょうど入ったばかりの2012年4月。大学時代にお世話になっていた先輩の社長
今 啓亮
64

【第2回】 中学でいじめ、自殺、同姓からの告白、家庭崩壊、母のうつ病。その後、親族全員からの反対を押し切って大学進学した男子学生の話

<第1回目からの続き> 中学時代、全くイケてないと思い込んでいた僕は (イケてなかったのかもしれないけど、何故か中学時代はそれなりにモテた) 高校は楽しく過ごしたいと意気込み、精神的な高校デビューをした。 クラスのトップランナー(クラスで目立っているグループ)に属していた。 それなりに仲は良かったんだけど、ある日不良24人くらいに囲まれる事件が起こる。 その事件の時に、ふっと中学時代の嫌な思い出が蘇
阿部 竜作
820

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る