"起業のきっかけ" のタグがついたストーリー

高校生の時アニメオタクが、24歳の時ファッションビジネスで起業する話 vol.5

GMO時代 大学を卒業して、お世話になったGMOインターネットには僕の会社を作るまでの ほとんどの運営ノウハウを教えて頂いたと思っています。 しかしながら、新卒の僕は今思うと全然使えないサラリーマンでした。 CS→マーケティング→営業と2年間の間に5回も部署異動(大半僕のわがままで) 経験させてもらいました。 最後の営業職は、本当に色々な方にお会いできて本当に勉強になった。 独立してからも、その関
金子 洋平
72

高校生の時アニメオタクが、24歳の時ファッションビジネスで起業する話 vol.4

ビジネスが生まれるとき そろそろ起業絡みの話になってきます。 でも僕は全然、就職活動をして、サラリーマンになってからも別に ずっと起業したいと思っていたわけじゃないのです。 でもきっと、この瞬間に立ち会えていたから、今の僕があるんだと思う。 大学で仲の良い友人が(今でも大親友)、新しくウェブサイトを立ち上げたいと いうことを言ってきた。 彼は僕が高校時代にエヴァの同人サイトを運営していたのを知って
金子 洋平
390

転職より起業を選んだ理由

2013年4月某日。今から遡ること5ヶ月前の、とあるカフェにて。 俺 なあ、おれ転職しようかと思うんだけど……。 古川 健介 起業しなよ! 俺 ……いや、俺ってさ、なんのスキルもないじゃん? SEOとか、マーケとか、もっと色々身につけてかr 古川 健介 そんなの身につけても意味ないよ! 起業しなよ! 俺 え、なんで? 古川 健介 5年後に市場からなくなってるかもしれないスキルだから! 俺 な、なるほ
川原崎 晋裕
495

ヘタレ貧乏、起業する 第1話:終わり。

2006年、12月。 僕は6年間自身の夢としていた音楽の道を、自ら閉ざすことになる。 生まれて初めて人前で泣いた日。 いつも強がっていた自分が、恥ずかしさも感じる余裕すらなく、ぐしゃぐしゃになった日。 多分僕はあの日のことを忘れることはないだろう。 自分のことが、大嫌いになった日。 ヘタレ貧乏、起業する 第1話:終わり。 1999年、ノストラダムスの大予言ネタでメディアが賑わっていたが、 結局恐怖
結城 隆行
471

ヘタレ貧乏、起業する 第2話:夢の始まり。

人間は夢を見る。 「夢」って一体なんだろう? 寝てる時に見るものも夢という。 目覚めている時に見る叶えたいことも夢という。 間違いなく言えることは、この時の僕はまだ「夢の中」にいた。 ヘタレ貧乏、起業する 第2話:夢の始まり。 考えても仕方のない、自分の力でどうにもならない事柄についての妄想は終わらせた。 1999年は前年に「ネオ・フォーク」と呼ばれるジャンルを確立したゆずが大ブレイクしており、あち
結城 隆行
309

高校生の時アニメオタクが、24歳の時ファッションビジネスで起業する話 vol.3

ハロー、ファッション 高校が大学の付属校であった僕はたいした勉強もしないで、付属の大学への 入学が早々に決まっていました。 不安は、私服で大学に行くのでは一生彼女が出来ないのでは、、、ということです。 高校生から大学生に変わるこの時、僕は変わらなくてはならない。 今まで愛読していた、アニメ雑誌を卒業し、僕はオシャレになることを決めたのです。 メンズノンノ、ファインボーイズ、ブーン、ホットドッグなどの
金子 洋平
476

高校生の時アニメオタクが、24歳の時ファッションビジネスで起業する話 vol.1

元アニオタがファッションで起業する話 「ファッション×インターネット」というテーマで会社をやっている 株式会社ニューエイジの金子です。 現在会社は9期目で、ネット通販の事業がメインでやっています。 僕の現在の概要はプロフィールを参照してください。 たまたま、Storys.jpを知ったので、僕の起業のルーツみたいなものを 書いてこれから起業される方などの参考に少しでもなればと思っています。 僕のスト
金子 洋平
601

高校生の時アニメオタクが、24歳の時ファッションビジネスで起業する話 vol.2

オフ会! 今まで、電子メールなんて全然使うこともなかったのにMLに参加するように なって、パソコンを付けることが楽しくなり、これがインターネットだ!と 勝手に感動を覚えつつ、オタク街道まっしぐら。 林原めぐみMLのオフ会なるものがあるということなので、初めて参加してみることに。 今まで、メールでのやり取りだけだった人が、実際に人間で(当たり前なのですが)、お話出来るというのは本当に不思議な感覚でした
金子 洋平
460

海外で起業を目指してみたものの、、、、

簡単な自己紹介。 僕、昨年11月に楽天を退職。 楽天には、7.5年在籍した。入社したのは2005年。楽天が、プロ野球チームを作った年。僕は、営業で新人賞を取り、楽天市場の仙台拠点の立ち上げメンバーに選ばれた。 営業で新人賞を取ったとはいえ、まだ新卒1年目。部署は、自分1人。何をどうして良いかわからなかった。地方拠点で、どう営業しても良いかわからないまま、結果を残せず、東京に戻された。 営業から企画に
石井 勝也
233

vol 1 : 周りは自分よりも能力ある奴ばかり。でも起業する!

起業しようなんてタイプで多いのは、 すっげー優秀なタイプか すっげー人気者タイプか、 逆に非凡なほど不出来なタイプ。 で、ボクはというと ミスターアベレージ 。 イケてないわけじゃないけど、イケてるわけでもない。 勉強できないわけじゃないけど、勉強できるともいえない。 運動神経悪いわけじゃないけど、運動神経が良いというレベルには達せなかった。 そんなミスターアベレージ。 普通な事がコンプレックス だ
Miyamoto Kazuaki
498

28歳で投資銀行を辞めてアメリカ留学予定だったのに、フィリピンに語学学校を設立してしまった経緯の話(第三話)

転換点 「机上の空論を並べるコンサルタントにはなりたくない!」 第二話の事件 をきっかけに、僕の人生は大きく舵を切ることになる。 色々と考えを巡らせた末に、僕が選んだ結論として、 「アジアで起業もしくは就職をし、泥臭い経験を積み重ねる!」 これこそ、今の僕に足りない経験であり、必要な経験であると定義。 さて、決めたからには行動はなるべく早くがモットー。 まず、そもそも海外経験がほとんどなく、英語も
渡辺 和喜
536

KAIZEN Platformの始まり

エリック・リースの「 リーン・スタートアップ ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす 」という本が米国で出版されたのは2011年9月でした。 この本は、インターネット業界にいる人であれば少なからず聞いたことがあると思います。 ただ、エリックがインスパイアされたリーン生産方式の原典となる本を読まれた方はあまり多くないのではないでしょうか? 大野耐一さんという方の「 トヨタ生産方式―脱規模の
須藤 憲司
450

28歳で投資銀行を辞めてアメリカ留学予定だったのに、フィリピンに語学学校を設立してしまった経緯の話(第二話)

【第二話:挫折】 第一話は コチラ から。 コンサルティング部門に配属された私は、10年以上コンサルティングの キャリアを持つ上司から、手厚く指導してもらい配属後半年した頃から プロジェクトリーダーとしての仕事を任されるようになった。 当時まだ26歳。 コンサルティング先の企業からすれば、 「こんな若いお兄ちゃんで、本当に大丈夫かいな?」 と思われていただろう。 年齢に加え私は童顔であるため、さらに
渡辺 和喜
684

KLで熱く語り明かしたあの暑い夜 by Hirose Hajime

このストーリーを聞きたい人
詳しく聞きたい!

僕がAne会を始めた理由

僕が人生においてやりたいこと 20歳の時から10数年間思ってきたのが、 「世界から戦争と貧困をなくすこと」これに関しては一切のブレがありません! 他の人が聞いた時にどれだけ滑稽な話しに聞こえたとしても、それだけは譲れない信念です。 だから、自分がビジネスをするとするならば、ここに繋がっていかないと僕は生きる意味がないと思っていました。 ここに繋がっていくことが、自分が創業して、リスクを背負って、お金
日浅 光博
81

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る