"起業のきっかけ" のタグがついたストーリー

24歳ニートの僕が、謎にインドネシアに行って社長になるまでの話。後編

一度、日本に帰ることにしよう。 今考えても、あの時はそうするしかなかったと思う。 再びこの地に戻ってくると決意し、飛行機へ乗った。 せっかく大変な思いをして社長になったのに、再びニートに逆戻り。 しかも今回は貯金なし。 今更インドネシアに戻って、一体何ができるんだろう。 このまま日本で就職して、平凡な家庭を築いて、ごくごく普通の生活を送るのも良悪くないんじゃないか? 1カ月も日本に居ると、そんなこと
室野 秀
29

24歳ニートの僕が、謎にインドネシアに行って社長になるまでの話。前編

僕の周りに、夢を叶えている大人なんていなかった。 就職して、やりたくもない仕事をして、愚痴を肴に酒を飲み、 理想や夢を語る人を「現実が見えていない」と見下すような大人ばっかりだった。 そんな大人をかっこ悪いと思っていたし、あんなふうにはなりたくないと思っていた。 そう思っているだけで、何の行動も起こさない自分もダサかったのだけど、その頃はまだ、自分を客観視できるほど大人じゃなかった。 このストーリー
室野 秀
82

致死率99.9%の脳出血から奇跡的に生還し、たった3年半で大学卒業。在学中に高学歴男子集団でビジネスに目覚めた秘訣。

あれ・・・? これって夢だよね? それにしても、この夢長くない? 今までこんなに長い夢あったっけ? 何だか現実のようだな・・・でも夢か。スースー 2009年の4月、総合病院の病室にいた私は、 あの世から無事に生還したが、 脳がやられて現実なのか夢なのか、よくわからない状態になっていた。 ~致死率99.9%の大病~ 高校3年生 卒業目前の3月に受験のストレスで、 ある日突然、致死率99.9%の脳室内出
白鳥 香織
26

イベント起業家の道を歩む決意をしました

はじめまして。 30歳を目前に2児のパパで会社員を退職したイベント起業家えいきです。 イベントを通じて、笑顔とワクワクをお届けして、日本を明るくしたいという想いで起業しました。 正直不安もありますし、会社の方や親にも心配されて簡単な道ではないからと会社の方や親にも心配されましたが、一度きりの人生を悔いのないようにやりたいことやる! そう決めて決心しました。 様々な方の起業した理由を見ると、震災などの
堀井 栄希
11

全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第10回 人生を変えるセミナー

このセミナーはセミナーと言うより土地への投資で成功した億万長者がリーダーとして参加者と会議形式で話を進めていく、というものであったのだが、丁度私が初めて参加したその日はゲストスピーカーがセミナーを行ってくれるというなんともラッキーな日であった。 私はもちろんそんなことは知らず、たった2千円で物凄いお得な体験をすることが出来たのである。 このゲストスピーカーの名をジェニーと言う。 彼女は自分自身物凄く
Nori Kalember
40

26歳でカンボジアで起業し社員30名まで成長させた話

ベンチャー企業で働いてから、起業する! そう決めていた大学生の僕は2010年に新卒でベンチャー企業に就職した。 自分なりにめちゃくちゃ頑張って、新卒1年目で福岡の支店立ち上げに関わることができ、新卒2年目で福岡支店の支店長になった。そして入社から3年目。そろそろ起業についても考えなきゃな。そう思っていた時期だった。 3年目にちょうど入ったばかりの2012年4月。大学時代にお世話になっていた先輩の社長
今 啓亮
50

【第2回】 中学でいじめ、自殺、同姓からの告白、家庭崩壊、母のうつ病。その後、親族全員からの反対を押し切って大学進学した男子学生の話

<第1回目からの続き> 中学時代、全くイケてないと思い込んでいた僕は (イケてなかったのかもしれないけど、何故か中学時代はそれなりにモテた) 高校は楽しく過ごしたいと意気込み、精神的な高校デビューをした。 クラスのトップランナー(クラスで目立っているグループ)に属していた。 それなりに仲は良かったんだけど、ある日不良24人くらいに囲まれる事件が起こる。 その事件の時に、ふっと中学時代の嫌な思い出が蘇
阿部 竜作
807

【海外駐在】プチ鬱の引きこもり主婦が起業してセレブ主婦になるまで

今から三年半ほど前、 香港に来たばかりの頃の私を一言でいえば【孤独】 友達も一人もいない【引きこもり】 不安と不満しかない【プチウツ】でした。 海外駐在はかなり楽しめる人と ウツになる人に分かれるらしいのですが、 私は間違いなく完全に後者でした。 その時の経験が私をかなり成長させてくれて 私の人生を全く違うものに変えてくれたと思っているので、 事実に沿ったストーリー仕立てでお話したいと思います どん
大東 メグミ
244

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑧

無職誕生 いつもありがとうございます! ①はこちらからどうぞ 前回は紙芝居張りに動きがなくすいませんでした。 ただ、心の動きを追ってくれた方もいてくれて嬉しかったです。 いつものみなさん&新しいみなさんありがとうございました! ナガノノブタカ 就職活動を始めた時はこう思っていました。 「就職できへんなんて別世界の話やろ~」 あかん、別世界の人間になってしまった。 これから人に職業何て言ったらいいんだ
長野 亘孝
395

私は「一歩先行く先輩起業家」

【天野功一は、「一歩先行く先輩起業家」です。】 私はサラリーマンを30年くらいやってました。 学校を出て、九州、名古屋、東京、群馬、東京、大阪、そして最後は、東京。 いろんなことがありましたが、サラリーマンを続けました。 主な仕事は営業でした。契約獲得能力は高かったです。異常と言われていました。 でも、いろんなことが積もってきて、だんだんと自分が埋もれてしまう感覚に悩まされました。 食うには困らない
天野 功一
33

気づけば次の扉の鍵を開けていた -回想編-

この経験は自分の糧になる。 本当にやりたいことをするために、あなたは何を犠牲にしますか? お金?時間? 僕にはやりたいことをすぐやる為のお金はない。だがお金がなくても自分の時間を使って経験値を積む。「人生はロールプレイングだ」とよく言われるが本当にそうだと思う。 勇者は「 魔王を倒すため 」に魔王の住処を探し、そのために強くなる。目的を達成できない勇者はいないのだ。挫折すれば塵が積もるだけである。
清水 一磨
18

30代半ばのオッサンが起業した話 第4話

とあるマッチングサイトに掲載したのが年も押し迫った年末。 1ヶ月後には早速問合せが来た。 WEBシステムを作りたいとのこと。 初めてだし、割と安めに見積りを出したのを覚えている。 何社か見積りを依頼している よう。祈る思いで返事を待った。 2日後、依頼者から連絡が入る。「 貴社にお願いしたい 」とのこと。 この瞬間は本当に嬉しかった。妻にも話した。その日は俺は終始上機嫌だったと思う。 遂にやったのだ
小林 高志
975

30代半ばのオッサンが起業した話 第3話

当時勤めていた会社も753シーズンになって忙しくなってきた。 ウッドパネルの注文も台紙の注文も山のようにあった。 土日の撮影も昼飯が食えればラッキー位の忙しさ。 休日は休日で、自分の会社の仕事。 co.jpドメインを取得してコーポレートサイトを開設した。 果たして誰かの目にとまるのだろうか?と思いつつ。 その他にも 会社名を商標登録 した。 さて、会社は何を本業にやっていこうか。実は明確に決めていな
小林 高志
947

30代半ばのオッサンが起業した話 第2話

2012年10月24日 喫煙所に行くと、運良く同僚がいた。 そこに上司がいないことを確認して声を掛けてみた。 俺 俺、起業したいと思ってるんですよね。 だけど会社が軌道に乗るまで、ある程度時間が掛かるし、どうしようかな?って思ってるんです。 同僚 だったら奥さんの名義で会社作っちゃえば良いんじゃないですか!? 会社が軌道に乗るまで、サラリーマンして、軌道に乗ったら本腰入れるとか。 俺 そっか!それな
小林 高志
1002

30代半ばのオッサンが起業した話 第1話

今からさかのぼること3年前。 平日の3日間は本社勤務で、商品の梱包、商品の発送 。 ウッドパネル用の画像の補正、753シーズンは台紙の作成なんかをやっていた。 ( 要は雑用 ) 土日は、実店舗で子供連れの家族の撮影。 当時の会社にはシステムエンジニアとして入社 したが、 入社したての頃は、3キャリア向けの公式サイトの運用をやったり、 当時流行っていたSNSアプリのプロジェクトを任されていたが、 気が
小林 高志
1229

ゲームとパチンコが大好きな私がある日突然ハンドメイド雑貨店というゆるふわドロ船のオーナーになった話

雑貨店を開くことになった時 私を知る誰もが口をそろえて言った。 「そんな趣味があったなんて知らなかった」と。 ええ、そうでしょうよ。 だって今までハンドメイドなんて全く興味が無かったんですから。 きっかけは・・・ 会社員生活を13年送ったある日、突然私を襲った病気。 重い病気ではないけれど、めまいがハンパない。 契約社員とはいえ一部上場の企業だったから 辞めると伝えたときの両親の悲しそうな顔は、今で
たかはし あや
64

ニューヨークから強制送還され、全財産3万円から年収1億円以上に成り上がった男の起業物語(前半)

井口です、 こんなメールが来ました。 -----Original Message------ 「井口さん、  私は37歳の平凡なサラリーマンの男です。  年収は500万円くらい、  仕事は営業で、嫌でもなく、 かといって大好きではありません。 同い年の奥さんと小学生の娘が2人います、   家も東京の郊外に30年ローンで買ったので  今すぐ会社を辞めるわけにもいきません。  ただ、  ボーナスもカッ
井口 晃
126

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用
小泉 憲一
1122

オンライン上で手軽にスーツやシャツをオーダーメイドできるLAFABRICSをつくった話。

ぼくは2014年2月にLAFABRICSというオンラインベースのファッションブランドを立ち上げました。 LAFABRICSは、第一線で活躍するビジネスパーソンのためのオーダーファッションブランドです。自宅にいながら手軽にスーツをオーダーするという、これまでにない新しいユーザー体験を提供しています。 URL: https://lafabrics.jp/ ただ単に洋服を売るのではなく、人々のライフスタイ
森 雄一郎
179

【会社を3年経営してみて思うこと:斉川コラム】

【会社を3年経営してみて思うこと:斉川コラム】 企業=経営者であり会社名≦経営者名であるということ。 僕の会社BENTASUくんはもうすぐ3歳と2ヶ月のまだ赤ちゃんですが、社会的数字ではもう事業4年目になりました。 細々とやる会社もあれば、拡大拡大でうなぎのぼりの会社など、その経営者によって体質が異なります。 大きなチャレンジをしていって組織を作り、社会的影響力を出していく会社。 個の力で資本を使わ
斉川 幸弘
48

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る