"起業" のタグがついたストーリー

「半年で0から1千万ビジネスを作り出した話」第1話

0 から一千万ビジネスを作り出せ! もし、あなたが独立したい。 もしくは、すでにしているけど、思うように発展していないとしたら、 この本書の内容は、お役に立てるかもしれません。 ビジネスを成功させるのに一番大事なのは、 ビジネスを成功させる方法を知っていて、それを実行することです。 今回、自分が半年で0 から一千万ビジネスを構築するまでに、最短最小起業、 ミニマムスタートアップとして、HP、ブログ、
宮城 真吾
84

吉本興業を辞めてまで、僕が挑戦したかったこと

日本には今プロデューサーが足りない。 だから、プロデューサーを育てる会社になる。 QREATORとは、QuantumLeap×Creatorの造語です。 ありとあらゆる世界において、新しい、そして驚くべき「モノ」を創る「ぶっとんだ人」。 そんな人たちのことを、僕たちは『QREATOR』と呼ぶことにしました。 起業家、職人、ファッションデザイナー、学者、医師、漁師、作家、芸術家、アスリートなどその職業
佐藤 詳悟
614

ニューヨークから強制送還され、全財産3万円から年収1億円以上に成り上がった男の起業物語(前半)

井口です、 こんなメールが来ました。 -----Original Message------ 「井口さん、  私は37歳の平凡なサラリーマンの男です。  年収は500万円くらい、  仕事は営業で、嫌でもなく、 かといって大好きではありません。 同い年の奥さんと小学生の娘が2人います、   家も東京の郊外に30年ローンで買ったので  今すぐ会社を辞めるわけにもいきません。  ただ、  ボーナスもカッ
井口 晃
135

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話

私は、せっかく入学した高校を、理不尽なことがキッカケとなり高校2年の時に自主退学し、その年に大検(大学入学資格検定)を取得し、大学へ進学するも、家計の事情により仕事をせざるを得なくなり、大学も中退しました。 元々福岡出身だったのですが、出稼ぎのため茨城の工場で半年間みっちり仕事をし、家計の問題を解消させ、福岡へ帰りました。 世間を賑わせた派遣切りが起きる1年半ほど前だったので、頑張れば頑張るだけ稼ぐ
榊原 正幸
279

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用
小泉 憲一
1229

起業してちょうど1年が経ちました

昨日で起業してちょうど1年が経ち、本日から2年目に突入しました。 起業して1ヶ月のところでstoryを書いてから、本当にあっという間でした。 http://storys.jp/story/5203 そして、この1ヶ月のstoryを改めて読んでみると、 まぁ今もそんなに変わってないかも。。。 しかし、1年ってやっぱりすごい時間なわけで、 その時間を考えると、今のBizer(https://bg-biz
畠山 友一
123

オンライン上で手軽にスーツやシャツをオーダーメイドできるLAFABRICSをつくった話。

ぼくは2014年2月にLAFABRICSというオンラインベースのファッションブランドを立ち上げました。 LAFABRICSは、第一線で活躍するビジネスパーソンのためのオーダーファッションブランドです。自宅にいながら手軽にスーツをオーダーするという、これまでにない新しいユーザー体験を提供しています。 URL: https://lafabrics.jp/ ただ単に洋服を売るのではなく、人々のライフスタイ
森 雄一郎
185

2週間で3000件のエンジニア職応募につながった斬新な有給休暇制度と採用プロセスとは?

米デンバーにあるスタートアップ「FullContact」は、Webアプリ開発者向けに、ユーザーの連絡先とソーシャルメディアの情報をひもづけるAPIを提供している。http://www.fullcontact.com/ 2012年7月、同社はより多くのエンジニアを採用するために、ユニークな有給休暇制度を発表し、わずか2週間で3000件以上の求人応募を獲得した。 その有給休暇制度は「Paid, Paid
町田 龍馬
73

リーンスタートアップの仮説検証は時間の無駄

リーンスタートアップや顧客開発モデル、ランニングリーンなど、、いろいろやった結果、プロダクトロンチ(販売)前に顧客インタビューに時間をかけることは無駄だとわかった。 そんなことに時間をかけるより、さっさと販売実績をつくること。つまり販売可能なもの顧客の前に出して(ロンチ)、売り込み、購入した人のフィードバックをもとに、プロダクトを改善することが重要。 どんなに考えても、どんなにインタビューで検証して
町田 龍馬
77

17年前に語られていた楽天の成長プランと競争戦略。三木谷会長インタビュー。(その2)

楽天・三木谷会長のインタビュー記事、 その1 に続いて2回目をご紹介します。 2 回目のインタビューは、 1 回目から 7 ヵ月後の 1998 年 3 月に行われました。その間、「楽天市場」の出店者数は急速に増えていきました。当時は「インターネットで買い物するわけがないよ」という否定的な見解を語る人も多かったのですが、その間隙をついて事業を順調に伸ばしていったのです。   しかし三木谷さんは、まった
寺澤 浩一
191

パズドラで急成長するガンホーの孫泰蔵会長が、東大受験に2回失敗した時に、兄・孫正義ソフトバンク会長から教わったこと。

だいぶ昔の話になりますが、1990年代終わり頃の数年間、僕はある大手証券会社のベンチャー企業支援事業のお手伝いをしていたことがあります。具体的には、全国の中堅・中小企業の経営者や起業家向けに月刊情報誌を編集・制作する仕事でした。その中で、当時注目され始めていたベンチャー起業家に毎月1人ずつお会いし、インタビュー記事を書いていました。 ガンホーの孫泰蔵会長(当時はインディゴ代表取締役)にお会いしたのも
寺澤 浩一
883

17年前にタイムトリップ。社員7名だった楽天の三木谷会長は当時、何を語っていたのか。(その1)

1990年代終わり頃に書いたベンチャー経営者へのインタビュー記事、 ガンホーの孫泰蔵会長 に続いて、もうお一人ご紹介します。楽天の三木谷会長です。 三木谷会長へのインタビューは、1997年7月と1998年3月の2回にわたって行われました。今から17〜18年前のことです。三木谷さんが楽天の前身である(株)エム・ディー・エムを設立したのが1997年2月ですから、その数ヵ月後のことになります。当時の社員は
寺澤 浩一
861

居酒屋のキャッチからグリーへ転職。わずか1年で年商50億の事業責任者になって思ったこと-転職編-

※前回までのストーリーはコチラ↓ --------- 居酒屋のキャッチからグリーへ転職。わずか1年で年商50億の事業責任者になって思ったこと-フリーター編- http://storys.jp/story/7318 --------- やっぱりオレ、だめだわ。就職することにしたよ。 独立を志したが、フリーター生活を余儀なくされ10ヶ月がたった。 2012年1月1日。 年越しも池袋の路上で過ごした。 周
原田 正文
795

居酒屋のキャッチからグリーへ転職。わずか1年で年商50億の事業責任者になって思ったこと-フリーター編-

「てめー落ちるところまで、落ちろよ。」 「てめー落ちるところまで、落ちろよ。」 そう上司に吐き捨てられ、僕は1社目の会社を辞めた。 当時24歳。 大学時代は家庭の事情もあって、借金があり、とにかく貧乏学生だった。 だから、サイバーエージェントの藤田社長とか GMOの熊川社長とかネクシィーズ近藤社長とか そういう、ベンチャーの起業家に憧れていた。 だからチャンスが欲しくて、就職氷河期と呼ばれていた年の
原田 正文
4013

震災後にボランティアをするため退職。その後被災地支援を継続しようと起業したストーリー。の前に自己紹介

これまで私は、3.11東日本大震災の被災地である岩手県大槌町に住所を移し1年半ほど瓦礫撤去、対人支援活動をしてきました。活動内容は多岐にわたるのですが、主な内容は 被災者からの24時間電話相談対応、仮設住宅・在宅避難者・みなし仮設世帯の各戸訪問。物資配布、病院送迎、各支援機関とのつなぎ でした。仮設や在宅など、訪問回数にすると延べ回数で 1万8000回 ほど。 東北入りしたのは震災の発生した2011
TKD C
69

会社員の私がStartupWeekendで何度も起業家体験をする5つの理由<1つめの理由>

ただの会社員なのに、なぜテレビ(NHK)に映っているのか? 私は先日取材されて、 テレビ(NHK)に初めて映りました! 2014年2月7日までであれば、NHKオンデマンドで105円で見れますのでご興味ある方はぜひ! ▼NHKオンデマンド | ドキュメント72時間 「激闘!起業家コンテスト」 https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2013053289SC000/ これは
Naoki Kojima
474

2浪1留の学生が副社長になっちゃったワケ

 この度、私がSTORYSに投稿したのは、先日なんとなく書いたブログが意外なことに様々な方に面白かったと言ってもらい、この話を少しでも多くの人にシェアできればと思ったからです。 そう、先日ブログに書いた話というのは、 2浪1留の学生が副社長になっちゃったワケ です。 何を隠そうこれは私自身の経験で、過去の失敗とか悔しかったエピソードなんかが丸々含まれてしまっているため、ブログでお褒めの言葉を頂いたか
金 重伸
112

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る