"高校中退" のタグがついたストーリー

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part6 ~『今』は高くジャンプする為に沈んでるだけ~

今まで自分を赦したことがなかった僕は、 自分の赦し方が分かりませんでした。 なにをどうすればいいのか 心から赦す為にはなにをすればいいのか まったく分かりませんでした。 ただ分かったのは、 もう苦しまなくていいってことでした。 僕の中で、それは「バァッと」大きな扉を開いた瞬間でした。 気付きませんでしたが、 それが『赦す』ということなのかなと思いました。 明るく前向きに生きることはまだできないけど、
小崎 真作
17

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part5 ~神様は唯一幸せになれない人間を作った~

部活をやっているときでした。 シュートを打った際、 「ピキっ」と腰に電撃が走りました。 激痛が全身を巡らせ、まともに歩けなくなりました。 そのまま近くの整体院で診てもらうと 『ぎっくり腰』 と診断されました。 ビックリです。 それまでぎっくり腰は なにか重たいものを持った際になるものだと思っていましたが ただのジャンプでもなるんですね。 先生はこう言いました。 『しばらく絶対安静にしてください』 「
小崎 真作
21

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part4 ~サヨナラ元気な自分~

お母さんに 「つらい」 と、今まで辛かったものが溢れ出し、泣き崩れた日の翌日、 電車で片道1時間くらいかかる 病院に向かいました。 僕の家は田舎にあります。 ちゃんとした病院は 少し都会に行かないとありませんでした。 病院に向かって歩いているとき、 まっすぐに歩くことができませんでした。 目の前がグルグル回りだしフラフラして 自分の周りに人がたくさん歩いている状況が ものすごく窮屈に感じて息苦しくな
小崎 真作
23

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

旅、前日 なんでもない日常のなんでもないある日。 寝る前、明日の朝に旅立つことを決めた。 高校2年生の梅雨の季節。 明日、突然いなくなる。 親も先生も友達もクラスメートも誰も、ぼくが旅に出た理由はぜったいにわからない。 前後の脈絡なしに突然、失踪したようにしか見えないだろう。 それがいい。 ぼく自身、何のために、どこに行くか何も決めていない。 つまり、明日からぼくがどうなるか、本当に誰も知らない。
成瀬 望
797

オーディションで弾き語りを披露したが、落選した17の夏に決意したこと

ギターを始める、ちょっと前の話 高校2年の夏、退学届けを出した。 だが、それは1行でまとめられるほど簡単な話ではないのだ。 同じく高校を中退した母にとっては、それは過酷な選択だったらしく、 私が学校へ行きたくないと言っても、簡単にはいかなかった。 口下手な私は行動でしか意志を表現できなくて、 「高校へはもう行かない」ということを示すため、家出を繰り返した。 そもそも、なぜ高校をやめようと思ったのか?
池内 詩織
776

新着の書きかけストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
もっと見る