STORYS.JP

高田 大雅

Foodist Link代表取締役、Food Prodecer。

*料理対決イベントFoodist Stageプロデュース
*日本を知るリゾットイベントRisotto Giapponese 企画・運営
*レシピ開発業務、ケータリング業務
オーストリッチ(ダチョウ)肉のフードプロデュース、。


*食を楽しみ、食を知る

http://www.facebook.com/foodistlink

Foodist Link(フーディスト リンク)をよろしくお願いします。


【2008年】在学中に荻窪D-stand<http://d-stand.com/>の立ち上げに携わり、同店にて3年半勤務
【2009年】第1回レシピ対決イベントを開催
【2012年】Foodist Link 株式会社設立

ストーリーをリクエストする

高田 大雅の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

永石 和恵
536
12

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

うちの父は長崎出身のTHE九州男児。 見た目も性格も。 寡黙で真面目で照れ屋で、 でもお酒入ると熱弁し出して少し厄介。 そして、とても優しくて家族思いの素敵な父です。 私はお父さん子でした。 お風呂も父と入っていたし、 勉強も宿題も父にいつもお世話になっていた。 食べ物の嗜好や考え方も母より父とのほうが合い、 私の人生において、父はとても大きな存在です。 私の父が定年を迎えることを聞いた時、 45年
馬場 峻樹
243
4

BASEだいたい一周年。一年前、目の前で起きた全てが新鮮だった話。

BASE が会社になってから1年くらい経ちました。 今では5万店舗近くのショップがオープンして、さらに成長が加速してます。 僕は今BASEに所属しているわけではないのですが、BASEのおかげで勉強になったこともたくさんあり、スタートした時を思い出したので書き留めておこうと思います。 ※このストーリーは「 ダメバンドマンの人生がMac一台で180度変わった話③ 」のラストから繋がっています。 201
馬場 猪木
11344

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 2

ある秋の日。典型的サラリーマンのわたしは、上司からの命で会議室にいた。 会議が始まると、どうも普段のくだけた話し方をしない上司。 しかし、なかなか本題に入る様子はなく、当り障りのない話題をぽつり、 ぽつりと口にするだけ。どこか余所行きなその態度に、 集まった仲間たちが訝しく思い始めたときだった。 「最近、受注が減っているのはわかっているよな。現場を預けているオマエたちには、釈迦に説法みたいなもんだけ

書きかけのストーリー

高田 大雅さんの書きかけのストーリーはありません

高田 大雅さんにもっと聞きたい話リクエストする

|