STORYS.JP

Sato Taiki

氏名:佐藤泰樹
生年月日:1984年4月10日(現在27歳)
出身地:新潟県胎内市
高校:新潟第一高校
大学:上智大学理工学部物理学科
運動:バドミントン、サッカー
趣味:アイロン、洗濯、掃除

好きなタイプ:加藤夏希、安めぐみ、日本テレビ夏目三久アナウンサー
嫌いなタイプ:ウソをつく人、約束を守らない人、悪い人

ストーリーをリクエストする

Sato Taikiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Suzuki Takuya
492
2

「やるかやらないか。僕はやらない人間だった」 きっかけを得た後、本当に行動するために必要なこと。

高校を卒業してとび職をしていた19歳の時、少しお金が貯まりそれを何に使うか考えていた。十代の頃はひたすらモテる事ばかり考えていてその為に金を使っていた。周りの先輩には職人になって、金貯めて、カッコいい外車を買って男女両方からモテている人もいた。その姿を見て自分もCoolなアメ車を乗り回したいと思っていた。港北にある中古車店の前をたまたま通りがかった時にピカピカに光るアルミホイールを履いた黒の中古SU
T S
1424
4

【第二部】中卒⇨上京⇨ホームレス⇨営業全国1位⇨鬱病、引きこもり⇨大手キャバクラ幹部⇨逮捕⇨24歳で起業⇨顎下腺腫瘍発覚、手術⇨事業失敗⇨退院後の25歳の夏、ゼロから再起業。

第二部 イメージ以上の東京と、イメージ通りにいかない現実 東京はおろか、ろくに都会に行ったことのなかった僕は、羽田空港からモノレールに乗っている道中で流れる景色に息を飲んだ。 東京のイメージは、こんなのだった。 ま、まんまやん・・・ていうか、想像以上だ・・・ 当たり前だけど、車内の乗客の会話が標準語だ。気持ち悪い。とにかくよく分からないまま、新宿を目指した。 平静を装っていたものの、初めての都会に内
m m
81155
12

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇

 学生時代から、自分の周りや雑誌、ネットなどで、「中絶」の話を見たり聞いたりするたびに、不快な気持ちになっていた。  同じ女性として、軽蔑さえしていた。  まさか自分が 当事者 になるなんて、思いもよらなかった……。  この話は、 胎盤が1つにつながった三つ子 を自然妊娠し、 NICUが足りない こと等を理由に複数の病院から受入を拒否され、最終的に中絶を選んだ私が、その経緯、その後自分の身に起こった
福岡 ともたけ
1158
29

東大生が61万円で学んだ本物のお金の学び

つまらない大学から逃げ出した私が見つけた居場所は競馬場だった もう20年ほど前のお話。 当時、東大に通っていた私が 大学の勉強なんか完全にそっちのけで 時間の全てを捧げるくらいの勢いで どっぷりとはまっていた世界がありました。 それが、競馬です。 ただ、単純にギャンブルが好きというよりはむしろ 競馬という世界を構成する歴史、文化、物語などの世界観に すっかり魅せられてしまった、というのが正直なところ
阪口 ユウキ
5164
50

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している阪口といいます。 2012年7月に出国以降、東南アジアとヨーロッパの7ヶ国に住みつき、現在も旅をしながら、旅資金を稼ぐ生活を続けています。 しかし三年半前、 僕は鬱病で仕事を辞め、起き上がることもできない状態にいました。 今日は、鬱病で寝たきりの状態から、どうやって世界を飛び回る力をつけたのか、お話させていただきます。 ※この話は2014年4月、朝
Sasaki Shin
2321
40

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

◆落ちこぼれだった高校時代 高校時代、私はおちこぼれでした。どれくらいおちこぼれだったかと言うと、全国模試で数学の偏差値が38、おまけに足首を捻挫しているのがクセになっているので運動もまともにできない、彼女はいない、青春の思い出はゲーセンでのメダルゲームだけという素晴らしい灰色オレンジ・デイズを送っていたわけです。 とはいえ、最初から落ちこぼれだったわけではありません。高校受験をしていた時は第一志

書きかけのストーリー

Sato Taikiさんの書きかけのストーリーはありません

Sato Taikiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|