STORYS.JP

Yanagihara Taishi

Yanagihara Taishiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Yanagihara Taishiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Shono Maho
1879
51

【地球の裏側で元ホストと旅をして学んだ魔法の言葉】

最初の出会い 彼は、とにかくイライラしていて口を開けば他人や政治の批判をぶっ放す。 目を引く整った顔に、肩までのパーマの髪を一つにくくって、旅人らしからぬオシャレな服装。 何やら普通じゃない感じだ。 それが 【 元ホスト やす 】 の第一印象。 最初の出会いはペルーの、クスコのホテルの屋上だった。 私は、双子の姉妹で、 人のオーラ(ソウルカラー)を描きながら世界を旅する という ちょっと変わった旅の
Gayford Kyoko
33
2

癌と生きる。。

癌てなに? 突然のがんの告知、癌って怖い病気で、死ぬかもしれないとは聞いた事がある、でも主人の様子はいつもと変わらず、元気そう。この人は病気なん?  頭の中が混乱して、何がなんだか分からない。 とにかく癌ってどういう事か調べよう!第1期、2期、3期。。末期。。。放っておくとどんどん広がって、体の具合が悪くなり、最後は死に向かう病気。。どんどん痩せていくらしい。 ど〜すれば良いの!? 頭の中は困惑状態
Kurosawa Yuko
628
16

お寺で育った幼少期、異国での日々、3.11での被災、ライターで食いつないだ東京でのじり貧生活...こわがりだった私の半生の中で、唯一ゆずれなかったもの

黒澤優子。 子供のころの夢は、作家になること。 それは、自分のイメージとして、ずっとあったこと。 だけど、どうやって作品を書いていいのか、 どうやって作家になったらいいのか、 まるでわからなかった。 ◇ 見ためもふつう、勉強もふつう、運動もふつう、 平凡を絵に描いたような子供だった私の、 唯一の特徴といえば“こわがり”だということだった。 そんな私が生まれそだった場所はお寺。 母の実家もお寺で、寺
小泉 憲一
2668
38

年収3億円の美人女子大生メンターの教え

今日も外回りの営業か… 行きたくないなぁ… 仕事してるふりしてどうやってサボろうかな。 いつか宝くじ当てて、早くこんな会社辞めるんだ。 毎日そんなことを考えていました。 朝早くに朝礼に出て、営業会議を終えると ホワイトボードにウソの訪問先を書いて 「行ってきまーす。」 車通りが少ない木陰に車を止めて、数時間 営業のノウハウ本や自己啓発本を読む。 努力しないでうまく行く方法がないか、 そんな魔法をいつ

書きかけのストーリー

Yanagihara Taishiさんの書きかけのストーリーはありません

Yanagihara Taishiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|