STORYS.JP

Shinji Takagi

Shinji Takagiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Shinji Takagiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

植田 浩平
23

のび太な友人は大切な友人で常に僕の隣を歩いていた。そしてヒーローだったー4年越しに気づいた友人の偉業

過去の僕:  ドラ息子で内弁慶。理想家。小学校3年の一年間「ニケ」のコスプレでバンダナをつけて学校に通うくらいどこかの何かがはっちゃけている。 青海苔:     読書家。当時は少数の人に嫌にいじられていた。リアリストで頭がキレる。一言多いところがある。小学生から高校になるまで一緒に遊んだ友人。 高3の夏から、僕は不登校になった。 個人的には非常に重要で必要な時期と感じながら無気力な毎日を過ごした。理
Masato Miki
1537
1

金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た

 「あなたの部屋に、泊めてくれない?」 私のパソコンには、毎日のようにメールが届きます。 そこには、こう書かれてあります。 「あなたの部屋に、泊めてくれない?」 実は、私の部屋には、これまでに400人くらいの外国人が泊まっていきました。 といっても、私はホテルや旅館を営んでいるわけではありません。 ごく普通のマンションに住む、ごく普通の人間です。 毎週、時には毎日のように外国人が私の部屋に泊まってい
西勝 ユズル
126

「本気」ってどうやって引き出すの?「心の仕事で独立をする」ことを決めた3ヶ月後、貯金残高0円から、月商140万円に引き上げた話。

「◎◎だけど、◎◎じゃない・・・!」 行動しないと絶対に気付かなかった、「原理原則」を使うということ。 初めまして!心の事を仕事にしながら、全国を旅している、西勝と申します。 今はこうして、北は北海道から南は福岡まで、 いろいろな方から声をかけていただいて、全国を飛び回りながら人に会いに行く毎日 を送っています。 しかしそれが、 本格的にできるようになったのも、実は、少し前からの話です。 社会復帰し
西勝 ユズル
167
3

25歳、社会人3年目の僕が、やりたいことがわからないリケジョ大学院生と出会い、彼女が◯◯になって最後に意中の人と結婚した話(後編)

前回の続きはこちらです。 25歳、社会人3年目の僕が、やりたいことがわからないリケジョ大学院生と出会い、彼女が◯◯になって最後に意中の人と結婚した話(前編) 「やりたいこと=できなかったこと」? 大学院2年生となった彼女。 そこから彼女は、教育系のベンチャー企業へのインターンと研究の往復に明け暮れていた。 リケジョがどうして、文系の教育系に?という感じで僕は見ていた。おそらくこれを見ているあなたも、
佐藤 政樹
278
7

劇団四季ライオンキングはなぜ15年もロングヒットを続けられるのか?~仕事に役立つ豆知識~

劇団四季ライオンキングはなぜ15年もロングヒットを続けられるのか?~仕事に役立つ豆知識~ 劇団四季のライオンキングを見たことがありますか? 日本で15年以上も上演を続け、日本での観客動員は述べ1000万人を超えるメガヒットミュージカルです。 僕は幸運にもそのライオンキングに8年以上出演し、あの「めちゃイケ!」にも出演させてもらいました。 なぜこんなにもロングヒットを飛ばし続けられると思いますか???
佐藤 政樹
18583
120

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんのわずかな違い~生き残る人・消える人~11のポイント 「劇団四季に入るためにはどうしたらいいですか?」 この質問、僕のところにネット経由で頻繁に来る。 この二年位は、劇団四季のステージを夢見る若者たちのためになれればと丁寧に返信していたのだが ・有益な情報をもらうことしか考えていない ・あまりにも意識が低い ・まったく行動しない という人が多すぎて
神谷 純平
1091
18

「安定していけば、生涯年収2億円」僕は大学を辞めることを決めた。

大学を辞めたらこうなりました。 このストーリーはわたしの大切な仲間、勇太さんの壮絶な生涯をJUMPEIが代わりに書き残したものです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 第1話 寿司屋のバイトが○○で2500万円稼いだ話 勇太 スーツを着るのが嫌だ!サッカーで食ってく。 そんなことを思ったのが中学2年、サッカー少年の時だった。 しかし、飽き症だったわたしは、サッカーに集中することが出来ず サ
甲斐 琢巳
370
6

【はじめに】全くの未経験から憧れのデザイナーとして上場企業に内定できた経営学部生の話

はじめに 「全くの未経験から憧れのデザイナーとして上場企業に内定できた経営学部生の話」と題して、複数回に分けて、僕がデザイナーという職業を目指し、新卒でデザイナーとして内定できた約1年間の話を書いていきたいと思っています。 第1回目は「はじめに」として、僕が実際どんな人なのか、ざっくりとどんな話を書こうとしているのか、書きたいと思います。 どんな人なんですか? 現在は都立の大学の4年生です。過ごし方
岡田 真裕子
116

半同棲をしていたときの事

彼 俺、ここに引っ越すことにした!  まだ彼氏でもなかったけど間もなく彼氏になる彼が選んできた部屋はわたしの住んでいるところから徒歩5分のところだった。 わたしは大学生になるため引っ越したばかりで、彼は社会人で実家暮らしだった。 親から自立して生活するということだった。 大学と彼の職場は近く、必然的にアパートも近くなった。 大学生活そうそう遅刻を繰り返すわたしを見かねた彼は 彼 一緒に朝ご飯を食べよ
アルバート 伊藤
552
7

自殺を決意した40代のオジサンが直前でチャットした変な10代。

今の時代LINEというアプリは生活に欠かせないコミュニケーションツールになり、犯罪はもちろん、政治家の失言なニュースでも良く取り上げられるようになりました。ちょっと前まではこれを「メッセンジャー」なんて呼び方をしていた覚えがあるんですが、皆様が覚えている初めて使ったメッセンジャーはなんだったんでしょうか。 僕にとってそれは「ICQ」というソフトウェア(アプリ)でした。ICQは1990年代中東で開発さ

書きかけのストーリー

Shinji Takagiさんの書きかけのストーリーはありません

Shinji Takagiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|