STORYS.JP

井堂 貴雄

はじめまして。
関西在住の井堂貴雄と申します。

仕事の傍ら、ファイナンシャルプランナーの資格を取るための勉強をしています。


最近はありがたいことに
経営者の方との繋がりもできました。


毎日楽しく過ごしています。


お仕事、ビジネス、趣味などいろいろな方と交流できればいいなと思います。

☆趣味
・映画、音楽鑑賞
・読書
・外食巡り(ラーメン好きです)
・なんとなく遠出
・野球観戦(タイガースのファンです)

☆好きな食べ物
焼き肉、ラーメン


☆嫌いな食べ物
シソ、口に合わないもの


☆将来の夢
・アメリカ、フランスなどの世界旅行
・豪華な家に住むこと
・独立すること


今年なってビジネスの勉強を始めました。
まだ右も左もわからない状況ですが
これから始めたい方、興味ある方、話だけでもいいから聞きたい方などなど、
お気軽に声をかけてくださいね。


情報交換もよろしくお願いします。


大阪エリアを拠点に活動していますが、関西以外のエリアの方もお気軽にどうぞ。

また、不定期にオフ会などのイベントを開催しています。


開催の詳細につきましては随時ご案内いたしますので、お気軽に参加して下さいね。


Facebook以外にもmixi、LINEをしていますので、ぜひ遊びに来てください。

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=61443595

LINEについては近年の犯罪の観点から、IDは公開しませんので 、登録したい方はメッセージして下さい。


よろしくお願いします。



ノビノビと楽しい人生を送りましょう!


☆takao☆

ストーリーをリクエストする

井堂 貴雄の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Sayuri Sugawara
2422
35

メジャーアーティストを辞めました。メジャーデビューから、インディーズデビューをもくろむ話。

はじめまして。 菅原紗由理といいます。 私は2009年、19歳のときに FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT から、歌手としてメジャーデビューし、活動してきました。 そんな私ですが、2013年11月某日、 メジャーアーティストを辞めました。 幼い頃から、ずっとずっと夢だった憧れの舞台を飛び降りて、まっさらな「インディーズ」の状態から、すべてをスタートさせます。 メジャーアーティス
山口 夏未
483
3

女子大生が世界一周を仕事にする話「【ベトナム】トラブルだらけの旅の始まり」

■トラブルだらけの旅の始まり  十三キロだったバックパックが、ベルトコンベアで奥に流れていきました。大学生活中に何回か海外には行っていたし、もう慣れた手続きのはずでした。私のパスポートを確認したグランドスタッフのお姉さんがとても可愛い顔立ちだったのでぼんやり見つめていたら、お姉さんは少し困った顔で私に聞きました。 「ベトナム出国はいつでしょうか?航空券か、出国の為の移動のチケットはお持ちですか?」
神谷 純平
2470
65

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

お母さんが言ってたの! 人生をワクワク生きる為には、 荷物を持つ不安よりも大切な ◯◯を持ちなさいって。 はじめまして。一年のほとんどを海外で旅しながら『好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活』を実践している神谷純平といいます。 いまから8年前、わたしはうつ病でベッドから立ち上がることが出来なくなっていた時期があります。 その時、同じアルバイト先のゴンちゃんから、人生を変えるきっかけを貰
佐々木 美沙
32

片親と苦痛の子供時代

思えば、人生の初めから困難だった。 生まれる前の、お腹にいた時から、親が憂鬱で 自分は生まれない方がいいんじゃないか? 自分は殺されるんじゃないか? そう疑って、息をのんで、でも大丈夫だった。 親を裏切ってしまった罪悪感。 そんなイメージから始まる。 小さい頃、親を喜ばそうとして 一目散にテストの結果を見せようとしたら 「後でね」 とこっちも見ずに、流れ作業の洗濯物の方が大事というように無視された。
Okuma Nozomi
882
13

会社を辞めて、フリーランスで仕事した後、スタートアップで働いてみる。

はじめに 詳しく聞きたい!を付けて下さった方、ありがとうございます。 この一年強の私の話を書きたいと思います。 会社を辞めた! 新卒で入社した会社を二年弱で辞めました。 なんで?とかその理由とかを良く聞かれます。 二年じゃ何も分からないじゃないか、とか言われる事もありますし、実際自分でもそう思います。 でも、ありがちな話ですが、「限界」だったんです。 長時間労働にも、人間関係にも、朝晩襲ってくる過呼
麻丘 亜希
1107
12

海外ノマドな姉が、引きこもり4年目の弟を芥川賞作家にしようとする話

私は現在、起業4年目です。 自分でデザインしたエプロンを、ネットショップで販売しています。 ショップ運営の他には起業支援、時間と場所にとらわれない働き方を目指す「海外ノマド倶楽部」のディレクター(運営)をしています。 基本はどこでも仕事が出来るので、国内外を問わず気分や気候に合わせてふらっと出かけています。 午前中は仕事、午後は観光。 30歳、まさに 独身貴族です。 そんな私には、引きこもりの弟がい
大竹 菜央
776

30歳何の取り柄もない主婦が改めて自分の人生を振り返った結果、たった1つ好きな事に気がつくまでの話

私 そういえば、私って何が出来るんだっけ? 心の声の主 残念ながら、何も出来なくない? !!! ■30歳 世では「アラサー」なんて言葉で片付けられる。しかし、30歳と聞くと数字のマジックなのか個人的には60歳還暦までの一区切りという印象を受けてしまう。 「良い機会だ、改めて自分自身と向き合ってみようじゃないか!」 そう思ったのが  ”七夕”  だった。 私 あらヤダ!ロマンチックね奥さん! なんて心
春明 力
644
9

ケチ男が全財産の5万円を握りしめて、タイに新婚旅行に行ったおかげで、ビジネスが軌道に乗り始めた話。

新婚旅行はタイに行こう!! そう決めて・・・ タイへの新婚旅行の飛行機代・ホテル代を払ったのは、まだ会社に勤めてた頃の 5月 ごろでした。 その時には、数か月後に起業することは決めていました。 だけど、楽天家の僕は その頃には、うまく行ってて 贅沢な旅行ができるかもしれない。 なんて、思ってたわけです。 で・・・ 実際に新婚旅行に行く前日。 12月 の最終週の頃。 僕の銀行口座には、0円。 財布の中
坪田 真紀
2186
20

大嫌いで顔も見たくなかった父にどうしても今伝えたいこと。

今日は父の日です。 この、STORYS.JPさんの場をお借りして、 私から父にプレゼントをしたいと思います。 その前に、少し私たち家族をご紹介させてください。 父を嫌う娘 お父さんなんて、嫌い。 話したくない。 話かけんな。 そう思っている子は多いと思います。年頃の女の子なんて特に。 よくある父と娘の話です。 私もその中のひとり。 私が家に帰ってくるたび、話かけてくる父でした。 「仕事はどうだ?」
山崎 理恵みりえ
294
16

22歳で無計画に会社を辞め、無資金で学習塾を開いた、【無謀女子な結末】は○○

星が落ちてきたわけでも、 胃の弱いお局様に意味のないことをねちねちと言われ続けたわけでも、 前頭部がまるで発光しているような上司に セクハラされたわけでもない。 ただ、 みりえ あきた。 【☆彡1、ただ、あきた】  30年前、その頃ちょうど男女雇用均等法なるものができた時代だった。  女の子は短大に行くのがふつうで、その後事務OLになるのがあたりまえだった。  短大を卒業して勤めたところは、会社の頭

書きかけのストーリー

井堂 貴雄さんの書きかけのストーリーはありません

井堂 貴雄さんにもっと聞きたい話リクエストする

|