STORYS.JP

Kametani Takashi

Kametani Takashiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Kametani Takashiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

遠藤 譲
1541
11

『常識とは18才までに積み上げられた先入観の堆積物にすぎない』

アルベルト・アインシュタインがこんなことを言っていたらしい。 『当たり前』と思っていることが『常識』。 『当たり前』だから疑問を抱くこともないし、そもそも気にも留めていないことだってある。 よく「常識を疑え」なんて言うけど、気にも留めていないことを疑うのは簡単じゃない。 でも自分の常識とは異なる常識と出会った時に、自分の中の常識がフッと姿を現す時がある。 16才の時にひとりで中国に行ったのが、ボクの
Izumi Shinichi
309
4

年収1200万円のエンジニア職を捨てて探偵を始めた私のハナシ〜不倫に振り回された人生

◆ご挨拶 私は今、北海道の札幌市で札幌探偵事務所という事務所を経営しています。特に浮気調査に力を入れているのと、SNSでの出会いや婚前調査、ネット系の調査に力を入れています。Facebookでは友達を募集しているので、興味のある方は気軽にリクエストください。 さて、元はエンジニアで年収1200万円を超えていた私が、なぜそうしているのか。 そんな話しをさせてください。 夫や妻が浮気をしている、自分自身
清瀬 史
78
5

はじめての下北暮らし

   上京して、3年がたった。 渋谷での仕事が終わって10時すぎ、雑踏を抜けて井の頭線に乗る。 ずっといい町だなあと思っていた、下北沢で降りて、 おんぼろの一軒家に帰る。最近越してきたシェアハウス、日本人は僕しかいない。 停電を気にして真っ暗なリビングと、あまり片付けられてない台所。 やれやれと思いながらまあいいかと、夜遅いご飯をさっと作って、食った食ったと階段を上がり部屋に入る。 リュックを下ろし
清瀬 史
62
1

アメスピガールに出会った

アメスピガールというのがいるらしい。 仕事だ仕事だと、バーっぽいカフェにてドヤ顔でmacを開いてネットサーフィンしていたら、なんとも美人な女性が突如やってきた。 女の子 すみません、ちょっといいですか こんな僕もとうとう逆ナンされるような男になってしまったのか。ふふ。ふふふ。はーはっは。と思ったつかのま、彼女の正体はアメスピガールだと判明した。 アメスピガールは、提携?の飲食店を回って、タバコを吸っ
清瀬 史
33

ピンポン

僕は卓球が好きだ。 あの音、ピンポン。軽快で愉快な、情熱と可能性に満ちたあの音が好きだ。 1人で戦うから好きだ。試合は僕の戦略で動いていく。 こっそり練習していたサーブで、相手を翻弄するのが好きだ。 コーチが繰り出す意味不明なサーブに翻弄されるのが好きだ。 下手な人も上手な人も、誰もがオリジナルのサーブを持っているのが好きだ。 試合前、ラケット交換するときに、相手のラケットがヤスリで削られているのを
Masato Miki
740
6

侍の衣装を着てヨーロッパを2か月ほど歩いたらどうなるか試してみた

サムライ・バックパッカーのすすめ 私は侍の衣装を着て東ヨーロッパを旅してきました。 「なにを馬鹿なことをやってるんだ」 と呆れられそうですね。 しかし、侍の衣装を着てヨーロッパを歩くと、あなたの旅が劇的に変わります。 まず、侍の衣装を着てヨーロッパを歩くと、 女の子にモテるんです! サラエボで出会った、トルコ人の女の子たち。 ムスリムの女の子(セルビア) エキゾチックなイスラム教徒の女性(ボスニア・
寳槻 泰伸
3265
109

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
Nose Hiroyo
451
13

生まれてきただけで親孝行していた話

概要 26歳の春に、ふと母がしてくれた話です。 人とコミュニケーションを取るのが苦手で、孤立していた母。 そして、いつもフラフラとして唐突に留学したり関東に就職したりする親不孝な私。 しかし、そんな私が運んでいた思わぬ「プレゼント」があったのです。 単身嫁いで出産した母の孤独 母は元々、どちらかというと悲観的で心配性な人です。 そんな母はお見合いを機に父と結婚しましたが、時代も時代。実家に連絡をとれ
三田 サンジ
323
10

僕のパチスロ理論が破綻した!神の手を持つ男の話

プロローグ 世の中には、確率や理論では説明できない事柄がある。 決して、数字では表すことが出来ず、そして科学的な根拠もないもの。 それが"運の強さ”だ。 僕はこれでも論理的な思考を持って生活しているつもりだ。 物事にはすべて、それを巻き起こしただけの理由がありきっかけがある。 そして、それはすべて、数字や確率で解明できるものだと思っていた。 そう、思っていたのだ。 ある人物に出会うまでは・・・ 藤沢
清瀬 史
14

アメリカという国に日本人が行くべき理由 【part1】

大学4年の時、私は1年休学してアメリカに留学した。 (先にお伝えしますと、留学と言っても、親が子供たちにあててくれた教育費を使った留学、要は親のすねかじり留学だったので、何も大したことはありません。大学4年の私はガキンチョみたいでした。22歳でまだ子供のような私。それでもそんな私の意志と将来を想い、太平洋の向こうへと背中を押して送り出してくれた両親にはただ感謝です。) アメリカでの生活は、私の考え方

書きかけのストーリー

Kametani Takashiさんの書きかけのストーリーはありません

Kametani Takashiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|