STORYS.JP

水澤 貴

水澤 貴の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

水澤 貴の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

阪口 ユウキ
40267
215

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
古瀬 正也
63
1

今は、フリーランスのファシリテーター。高校時代は、サッカー少年。(序章)

いったい、お前は、何がしたいんだ? 高校生のみなさん。 はじめまして。僕は、古瀬正也と言います。現在、僕は、フリーランスで、「ワークショップデザイナー」または「ファシリテーター」をお仕事にしている25歳。 ????? あれ?いきなりすぎましたか?正直に言って、きっと、フリーランス?ワークショップ?ファシリテーター?って感じではないでしょうか。でも、それは当然のこと。知らないわけですから。 ただ、たっ
馬場 晋一
97

「両利きのキャリア」 今しなければならないこと、先のために今すること

勉強しない高校生が・・・研究所のリサーチフェローに 読書でセンスが創られた高校時代 正直なところ、ほどんど勉強しませんでした(笑)。大学の附属高校にいたせいもありますが、そもそも、そんなにテストのために猛勉強するタイプじゃないんです・・子供の頃から。高校には神戸から東京に中2のときに引っ越してあわてて受験準備したので、あわてて詰め込んでなんとか合格。関西は公立高校のほうがステータスが高いから、部活や
Takesada Mami
88

古き良き…?鳥籠のような女子校から外の世界に冒険していった話

意外に楽しい小学校受験 母に連れられるがままに、お稽古に通っていた中の一つがお受験対応の幼児教室でした。 目的が小学校受験だということは認識しないままに、「上手にできたらメダルを貰える。」「お友達と先生みんなから拍手をしてもらえる。」「1位だったときはニコニコしながらお母さんが美味しいおやつを買ってくれる。」 そんな単純なことが嬉しくて楽しく通っていたら、模試や本番も通過してしまい、伝統ある女子校に
よう いんひょく
206
2

今は全力でグラミー賞の夢を追いかけている、高校の頃は、特に将来したいこともなく、特に行きたい大学もなく

韓国で生まれ日本に渡る 1987年3月2日、韓国ソウルの一般的な家庭、どっちかというと中流階級くらいの家庭に、僕は生まれました。 ソウル郊外で住んでいた僕は、親の仕事の関係で小学校4年生の時に日本に渡り、3年間愛知県春日井市で過ごしました。その後中学校はまた韓国へ戻ります。 3年間外国にいたので、言葉が母国語が少し未熟なのもあり、まぁ、だらしない性格もあり、勉強についていけず、学校の成績がよくなく、
Kumagai Kazuaki
28

めちゃめちゃ繊細でめちゃめちゃ優しいイラク人とした二人暮らしの話〜プロローグ〜

「A30 ゲートにいるよ」 彼からのメッセージが届いたのは、ぼくがちょうど手荷物検査を終えた時だった。 2013年5月21日。アメリカはペンシルバニア州の西部にあるピッツバーグ空港。この空港は、旅行や学会の度に何度も使ってきた。「ぼくらにとっては馴染みの深い場所だよなぁ。」そんなことを考えていたら、今までの思い出が急に湧き出してきて、おもわず熱いものがこみ上げてきた。 「ぼくのフライトは6時15分。
Nose Hiroyo
210
6

高校生の時には夢とか留学とかそういうものに無関心だったのに、今は変な仮面をつけて進路の授業をやってるって話

概要 「将来の夢は?」という質問欄。 「私、大学入ったら留学もしたいし、サークルに入りたいし…」というキラキラした希望のある発言。 高校生時代の私は、そういうものに全く興味のない生徒でした。 大学はなんとなくここにしよう。とりあえず夢は適当にでっちあげておこう。 そういう私が、 何故こんな格好で不思議な進路の授業をやる事になったのか、というおはなしです。 私の夢は長い間「専業主婦」だった 専業主婦の
Ibata Takashi
30

行動を繋げて目標に!声が大きなWEBマーケッターの話

文系、理系の選択。受験のタイミングなど、中学生、高校生の時本気で将来のことを考えなければならない時ってあるよね。そんな時、みんなはワクワクしながら将来を考えられている? もしかすると、将来を考えるタイミングになると自分に自信が無かったり、必要以上に難しく考えすぎて投げ出してしまうという人もいるんじゃないかな・・・(実際、僕もそうだったから)。 ▼リクナビ進学アンケートより 将来に不安な気持ちは誰にで
Iijima Rie
245
14

高校時代は日本の教育に疑問。今は教育業界で働くワーキングウーマンの話し。

附属校で大学受験を回避する目的で選んだ高校時代 幼稚園から大学まである都内の一貫教育の私立女子校で育った私。 この肩書きだけ聞くと人の多くは、「お嬢様だね」と言うわけですが、本人はものすごく親の敷いたレールの上を歩くことへの苦痛をひたすら感じる日々だったということを前提としてお伝えしておきます。 その私立女子校(厳密には小学校までは男子が数名いる)は素晴らしい学校でしたが、中学からその校風に合わなく
野本 竜哉
130

「ITが教育を変える!」から「教育は人だ!」に考えが変わった話

このストーリーは、当方のブログ「EverLearning!」より、教育ICT推進の背景5:塾講師編 より抜粋し一部改変をしたものです。 http://it-education.hatenablog.com/entry/2013/09/06/233735 大学3年生の時、私はある決意をします。 「大学院は、学費・生活費ともに自力で通う事にしよう」 同じ大学、同じ音楽部で時折バンドも一緒に組んでいた友人

書きかけのストーリー

水澤 貴さんにもっと聞きたい話リクエストする

|