STORYS.JP

上野山 隆

ども!(´∀`*)
訪問頂きありがとうございます。

アフィリエイト/セミナー講師/
コンサルティング/SNS
などで一人ネット起業しています。

コンサル生は過去現在含め累計100人以上
脱サラした人。副業収入30万upした人etc
多数実績あります。

気軽に話しかけてください^^


海外旅行が好きです。

2012はフランス・アメリカに旅行に行きました!
2013はハワイ2回、中国、香港2回、
マカオに行ってきました!

2014年は
香港・マカオ・タイ・
中国・北朝鮮・ロシア・ベルギー
に行きました。まだ増えるかも。

LINEグループを作って
日々情報発信しています!

LINE ID ta.kashi

ストーリーをリクエストする

上野山 隆の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

西垣 拓治
369
13

到底無理と思えた「Tシャツ99円」完成までのエピソード!物の価格の正体とは…?

たまたま行った場所で、ある体験がきっかけで それが記憶に残っている事ってありますか? 今回の99円Tシャツプロジェクトが生まれたのも、 記憶に残って離れない体験をしたことがきっかけでした。 日本からフィリピンへ。 今年の初めに99円プロジェクトのメンバーでフィリピンへ研修に行くことになりました。 日本からフィリピンへはたくさんの航空便が飛んでいるのですが、 最近では、セブパシフィックなどのLCCがキ
町田 龍馬
2437
9

若者は絶対に知っておくべき日本の将来(2017年2月更新)

厚生労働省の印象操作によって、ほとんどの若者は気づいていないが、日本の若者の将来は絶望的だ。その理由を説明するので、真剣に考えて行動してほしい。 平成28年度(2016年)のデータを見ると、歳出の中で最も多くの割合を占めたのは「社会保障関係費」である。 (上画像は、 国税庁 より引用) 社会保障関係費の内訳は、以下の通り、金額順に「年金、医療、社会福祉、介護、少子化対策費」となっている。つまり社会保
岸本 優喜
77

1.ホームレスのおじさん達と仲良くなって聞いたお話

新卒入社ではいった会社の1年目 20歳~21歳頃、ボクは吉祥寺によくいました。 エンジニアだったんですが、配属されるプロジェクト(出向先)次第で、 徹夜ばっかりだったり、定時に上がれたりしました。 定時で上がれたら吉祥寺で麻雀して、麻雀に飽きたら駅前に座ってタバコを吸いながらボーっとしてるのが日課でした。 ある日いつも通りボーっとしてたら、 2人のホームレスのおじさんが商店街の入口の道端に座ってまし
菱沼 真
15011
31

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたものです。 【Makotoとの出会いは、3年ぶり。そして、運命はmixiから始まった】 きっかけはmixiだった。 大学3年21歳の秋に、当時友人間で流行っていたmixiにて高校の同級生と3年ぶりに偶然、再会した。 彼は高校時代部活が一緒だったMakotoである。 正直自分とはタイプが違うと思っていたが、当時の軟式テニス部を
小林 佳徳
1480
6

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(10)

そして六本木から、次なる地へ 一番の理由は分からないが、六本木ヒルズから移転をすることを急遽知らされた。 まず、ヒルズへの移転当時、まだ全フロアが埋まっていなかったためか、多少値引きされて坪単価が確か4万円/月くらいで、 毎月1000万円くらいの家賃 を処理していた(事件後は自分が請求書処理担当だった) 高いと思うかもしれないが、近くのマンション(レジデンス)が200万/月の家賃の部屋もあるというの
小林 佳徳
2040
2

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(8)

メジャーになれなかった新規事業たち 事件後しばらくして、新規サービスを立ち上げていこうという機運が高まり、社内コンペなども活発に行われた時期があった。 なにしろ、社内にディレクター、エンジニア、デザイナー、マークアッパー(HTML、JSコーダー)と揃っているのでちょっと集まって手を動かせば、さくっとネットサービスを作ることができる環境がゴロゴロしており、 短期間で次々と 立ち上がった。 いくつかご紹
小林 佳徳
2963

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(3)

去りゆく社員、残る社員、そして入社してくる社員 事件前の頃にはマスコミに取り上げられることも多くなったせいか、毎月毎月、入社する社員数がうなぎのぼりに増えていっていった。 入社のタイミングは、普通の会社であれば毎月1日、とか決まっているのだが、それでは追いつかないので、その都度その都度、入社してくる状況だった。 事件後は、「みんなどんどん退職して、社員数は半分以下になったんじゃないのか?」、みたいな
小林 佳徳
3164

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(2)

去っていくナショナルクライアント 強制捜査が入った翌日も、何事もなかったように出社した。淡々といつもの仕事についてる人が多かったように思う。 担当しているのはインターネットサイト。24時間365日無休のビジネス。止める訳にはいかない。 そんな中、最初に事件が起きたということを実感したのは、会社のイメージダウンによるお客様への影響だった。 今ほどアドテクノロジーが進化していない当時、ポータルサイトの主
小林 佳徳
3714
4

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(1)

※諸説、色々あると思いますが、1平社員の目から見たお話として御覧ください。 ( 2014/8/20 宝島社より書籍化されました!ありがとうございます ) それはテレビの中の出来事ではなかった・・・ あれは、2006年1月。当時、六本木ヒルズの38Fにて、携帯サイト(今で言うガラケー)のWebディレクターをやっていたときだった。自分の年齢は33歳だった。 いつもどおりにお昼を食べ終わった15時くらいだ
寳槻 泰伸
17523
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自

書きかけのストーリー

上野山 隆さんの書きかけのストーリーはありません

上野山 隆さんにもっと聞きたい話リクエストする

|