STORYS.JP

山本 貴由

宇宙食系男子です。

ストーリーをリクエストする

山本 貴由の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

山崎 郁馬
414
13

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 最終回

思いつきで始めた『もと海外添乗員のぶっちゃけ話』も今回で最終回です。 もしかして初回から追いかけてくれた奇特な方もいらっしゃるかもしれません。この最終回だけクリックした方もいるかもしれませんね。 ご縁があった全ての方にお礼申し上げます。ありがとうございます。 最終回なのでちょっと青臭いことを話します。 『旅とはなにか』 旅ってなんなんでしょうね。 これまで家族と、親戚と、友人と、彼女と、1000人近
嶋津 桂子
4782
40

飲んだ帰りに紛失したパスケースを警察に届けてくれた人がお礼を要求してきたので会いに行ったら恐ろしいことが起きた

結論から言うと、 遺失物法 (落とし主と拾い主とのやり取りなどを、警察を介して行う法律。素人解釈)は、 遺失物 (落とし物)の 拾得者 (拾って警察に届けてくれた人)によって、 所有物の紛失以上のトラブルを招きかねない、 とても危険な法律 である。 ……もっとも、上記は今回の事件を受けたうえでの筆者個人の感想であり、「物を落とす方が悪い!」といった意見は正論であるが受け付けない。 ―――――――――
良 雅
309
1

ちょっと怖いけどネットで知り合った金持ちの男と実際に会ってみた話

「みなさんはネットで知り合った人と会ったことはありますか?」 抵抗がある人もいれば、これだけSNSが流行っているので普通の事だと思う人もいると思います。 だいぶ前の話だけど、自分がネットで知り合った人と実際に会った時のことを書いてみます。 某総合コミュニティサイトを利用していた自分は、そのなかから、とても面白い日記を見つけました。 男ですがその人の日記は、常にランキング上位だし、コメントは毎回たくさ
Okuma Nozomi
879
13

会社を辞めて、フリーランスで仕事した後、スタートアップで働いてみる。

はじめに 詳しく聞きたい!を付けて下さった方、ありがとうございます。 この一年強の私の話を書きたいと思います。 会社を辞めた! 新卒で入社した会社を二年弱で辞めました。 なんで?とかその理由とかを良く聞かれます。 二年じゃ何も分からないじゃないか、とか言われる事もありますし、実際自分でもそう思います。 でも、ありがちな話ですが、「限界」だったんです。 長時間労働にも、人間関係にも、朝晩襲ってくる過呼
Naoki Kojima
473
5

会社員の私がStartupWeekendで何度も起業家体験をする5つの理由<1つめの理由>

ただの会社員なのに、なぜテレビ(NHK)に映っているのか? 私は先日取材されて、 テレビ(NHK)に初めて映りました! 2014年2月7日までであれば、NHKオンデマンドで105円で見れますのでご興味ある方はぜひ! ▼NHKオンデマンド | ドキュメント72時間 「激闘!起業家コンテスト」 https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2013053289SC000/ これは
佐藤 裕介
185
3

誘惑に負ける僕のメカニズム

僕はとても誘惑に弱い人間で、仕事中に雑誌とか読み始めるし、その雑誌を遠くに置いて、封印!とかやっても、でも今 19時47分 でキリが悪いから、20 時までは休憩しようかなーとか言って早速封印を解きにいくわけです。そうなるともちろん 20 時に仕事を開始することもなく、だらだら享楽的な夜を過ごすことになります。 短期的には僕は雑誌を読んで笑ったり素敵な写真を見て楽しんだり、幸福なわけです。しかしながら
佐藤 裕介
1326
4

経営における「クソジーコ問題」とは

会社を 3 年半ほど運営していて、めちゃくちゃアタマを悩ませたことのひとつを「クソジーコ問題」と名づけてみました。もちろん由来は元日本代表監督のジーコ氏ですね。 ジーコが優秀な監督かどうかはサッカーに詳しくないので判断がつかないのですが、(優秀な) プレイヤーが監督 = マネジャーになった時に発生する問題について今日は書いてみたいと思います。 ◆ ありがちなミドルマネジメント不足 1 年半ほど前、僕
渕上 聖也
45
2

フリーランスライフ!① “今日、会社を退職しました。”

正確には3月31日付けで退職なのですが、6日間の有給休暇を消化するため、実質的に本日3月20日で会社に行くのは最後となりました。 今から2年前の4月1日に現在の会社に入り、ちょうど2年間お世話になりました。どんな会社に行っても思いますが、時間が経つのは早いものですね。あっという間の2年間でした。 リハビリのために入った会社 入社した当時、私は死んだ目をした人間でした。 というのもそれ以前に勤めていた
古新 舜
99
2

(まとめ)いじめとひきこもりから映画監督に

18歳までは人生はつまらない、苦しい物だと思っていた自分にとって、 インターネットの世界は生きるって楽しいと思わせてくれる世界でした。 その世界で感じたことを3つに分けて お話してみたいと思います。 その1:話を聴いてくれる仲間ができた 自分は小さい頃から特徴的な視点で物事を見ていたため、 学校ではいつもいじめられっ子 でした。 幼稚園の頃からテレビが大好きで、その反面、木や海をただ眺めるのも大好き
金子 健太
1556
2

2500時間の就職活動をして手に入れた大手銀行の内定を辞退し、親不孝で買い物依存症の僕が起業した話

大手企業の内定をとることが人生の勝ち組だ と勘違いしていた大学時代の僕。 その勘違いに気づかず、 就職活動に2500時間を捧げた。 大手銀行の内定獲得後。 就職することに疑問を抱き、誰にも相談せずに内定を辞退。 そのことがきっかけで 「クズ野郎。親不孝な奴だ。」 と罵倒され、ほとんどの友達を失った。 学生生活が一変し、極度のストレスから買い物依存症になり半年で 300万円の借金 を背負うほどまでに生

書きかけのストーリー

山本 貴由さんの書きかけのストーリーはありません

山本 貴由さんにもっと聞きたい話リクエストする

|