STORYS.JP

中西 孝之

中西孝之/Takayuki Nakanishi
株式会社スクー 取締役副社長
amazonにない本を紹介する仮想ブックショップnomazonもよろしくおねがいします。

ストーリーをリクエストする

中西 孝之の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Mayu Manson
188

人生の中で一番大切なのに一番忘れがちなこと

この間facebookに泣きながら投稿した文章が 「誰しもに共通すること」 なんだろうなと感じたので その内容と裏側を書きたいと思う。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 読んでくれた人のコメント --------
佐藤 裕介
568
3

フリークアウトのミッション「人に人らしい仕事を」

情報革命の「仕事の収奪」という側面が、ここ最近、大きく取り上げられています。 実際、テクノロジーによる「仕事」の自動化は、工場だけでなく、一般家庭や医療、知識労働にも波及するでしょう。 ナノマシンがあなたの細胞壁に入り込み、自動的に治療してくれるようになれば、お医者さんの仕事の多くは、ロボティクスに置き換えられます。 英国で 18 世紀後半から進んだ工場制機械工業への移行、一般的に産業革命と呼ばれる
大塚 雄介
6

ほんの些細なことで人生は変わる

金メダリストの義父 今日は私の義理の父との話を書いてみたいと思います。 このストーリーの趣旨は、 人はほんの少し褒められるという経験で何ものにもなれる。 という話です。 私の義理の父は、1964年の東京オリンピック・レスリングフリースタイルの金メダリストです。 結婚式を終えた初めての食事会で、そんな義理の父が、私にこんな質問をしてきました。 義父の疑問 「結婚式の時、雄介くんの両親が言っていたのだが
尾市 守
59

教育系Webサービスを立ち上げた経緯

学生から起業志向 元々は、自分の学生時代の経験(指導教授のNPOの運営の手伝い、日本やサンフランシスコのNPOの調査、NPOを支援するNPOで留年して働く等)から、NPOの経営を学ぶような大学院を創りたいという夢を持っていました。そしてそのためには起業して力をつけることが一番の近道ではないか、と考えていました。 直面した人の死 社会人になってからは主にIT業界を歩み、幅広い経験を積もうとエンジニア→

書きかけのストーリー

中西 孝之さんの書きかけのストーリーはありません

中西 孝之さんにもっと聞きたい話リクエストする

|