STORYS.JP

齋藤 剛

齋藤 剛の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

齋藤 剛の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

大貫 恵
11452
135

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
池森 裕毅
909
47

ダメ人間が逆転サヨナラ満塁ホームランを打った後、金に溺れたストーリー

はじめまして、池森と申します。 これは僕が高校を卒業し大学を中退した後、起業して成功し、それからの凋落までを描いたストーリーです。 あまり大したお話ではありませんが、良かったらご覧ください。 高校生までの僕は、勉強が大嫌いでただ騒いでるだけの人間でした。 どこの学校にもいるような、体育祭の時だけヒーローになれる、そんな類です。 授業中は寝てるか、本読んでるか、騒いでるか。 部活はずっとサッカー部でフ
円山 嚆矢
420
5

『早稲田出ててもバカはバカ』投稿→電子書籍出版→大手出版社紙書籍化まで1年間の地殻変動 

商品紹介 http://www.amazon.co.jp/dp/4835628462 しがないサラリーマンに起こった2015年の地殻変動。 storys.jpに投稿してから今まで、怒涛のような1年間を振り返る。 誰にも語れなかった過去・・・ この度、「ぴあ」さんから出版する本の内容はこれまで家族にも友人知人にも絶対に語ることができないトップシークレットでした。 私は生まれて初めて仮面を外し、ありのま
福岡 ともたけ
1159
29

東大生が61万円で学んだ本物のお金の学び

つまらない大学から逃げ出した私が見つけた居場所は競馬場だった もう20年ほど前のお話。 当時、東大に通っていた私が 大学の勉強なんか完全にそっちのけで 時間の全てを捧げるくらいの勢いで どっぷりとはまっていた世界がありました。 それが、競馬です。 ただ、単純にギャンブルが好きというよりはむしろ 競馬という世界を構成する歴史、文化、物語などの世界観に すっかり魅せられてしまった、というのが正直なところ
原田 弾
783
4

無職だった僕がまとめブログを始めて年収2500万まで上り詰めた話

小さな広告営業の会社で一サラリーマンとして働いていただけの僕が、会社を辞めてから2ちゃんねるのまとめブログをはじめたことで現在年収2500万円を稼ぎ出すことができるようになった話です。 高校卒業、就職へ 2009年に福岡県の高校を卒業した僕はそのまま地元の社員80人ほどの広告営業を営む会社に就職していた。大学に行くより就職したほうがいいと意気込んで就職活動をしてみたものの偏差値50ほどの高校の高卒で
花岡 めうみ
1146
6

フツーの主婦がサラリーマンの旦那を日本に置いて、マレーシアのジョホールバルに移住して起業してしまった話

花岡めうみです。 私は、 6歳と4歳の娘のママ で、 現在35歳 です。 見た目はどこにでもいる フツーの主婦ですが、 実は2012年の夏から 普通とは違う ユニークな人生 を歩んでいます。 ▼ユニークな人生!? サラリーマンの旦那を日本に残して 、 子どもの将来の為、 教育の為に、 シンガポールのすぐお隣の マレーシアの最南端、 ジョホールバル へ 『 親子で海外留学 』 を実現してしまったのです
Fukuda Takuya
1372

望まぬ地位の価値

六本木交差点に程近い喫茶店の入口のドアをカランカランと開けると真央が一番奥の席にいた。 真央の顔を見るのは1ヶ月ぶりだった。 「久しぶりだね」と真央の変わらぬ笑顔がうれしかった。 いつものアメリカンコーヒーを頼むと窓越しの外に雪が舞い降りてきた。 「雪だね。なんかいいね」 それから何故か真央の言葉は少なく、うつむいた表情だった。 「どうしたの?何かあった?」 実はね・・・私ね、許婚がいるの、お父さん
Chang Daniel
655
28

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話(台湾編)

STORYS.JPで読めない方はこちら: http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it2.html (これは 前篇 の続き) 基隆は台北の東に位置している、15年立っても殆ど変わらない寂れた港町。一年中雨が降るため、「雨の港」とも呼ばれている基隆は僕が生まれた街であり、日本へ行く前の13年間過ごした場所でもある。基隆の近くにある九份という街があるが、「魔
平城 寿
465
14

就職嫌いのITエンジニアが、2度目の独立で成功できた理由とは?

今回は、私が2度目の独立で一定の成功を収めることができた理由について書いています。独立を迷っている方に読んで頂きたいですね。 それでは、スタートです! ーーーーーーーーーーーーーー 私は今までに2度、独立している。 一度目は23歳の時。 二度目は29歳の時。 一度目の独立においては、さほど大きな成功は得られなかったが、 二度目の独立においては、自分で予想もしていなかったほど、 爆発的な成功を得ること
平城 寿
391
15

貧乏時代

大人になっていくにつれて、 実は自分の家が『貧乏』であったことを徐々に感じるようになった。 私は宮崎県の生まれだったが、一応一戸建ての持ち家に住んでおり、 クラスの中にはいわゆる『公団住宅』に住んでいる人もいたため、 さすがに医者の家庭とまでは行かなくても、クラスの平均以上の家庭だと思っていた。 しかし、よくよく分析してみると、 ・色鉛筆は手で握れなくなるまで使っている ・靴下に穴が空いたら、糸で縫

書きかけのストーリー

齋藤 剛さんの書きかけのストーリーはありません

齋藤 剛さんにもっと聞きたい話リクエストする

|