STORYS.JP

Ito Takumi

Ito Takumiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Ito Takumiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

木原 寛
96
2

....

Ryo Kikuchi
1212
19

高校をやめて六年間も部屋にいて何もしなかった話(後編)

前回のあらすじ 高校中退をした僕は何事もなく部屋にずっといた。 YouTubeすごい! ブログ楽しい! インターネット最高!! そんなクソ野郎ライフを送っていて、果たして将来はどうなるのか!? 社会復帰はできるのか? 乞うご期待!! 突然やってきたチャンス 実は僕は音楽活動もしていまして、打ち込みで作曲をしていたんですね。 そのデモテープをレコード会社に送ったらすぐさま連絡があって「ニューヨーク録
Ryo Kikuchi
15557
12

高校をやめて六年間も部屋にいて何もしなかった話(前編)

このストーリーは読者に怒られるかもしれません まず始めに書いておかなければいけないことがあります。 ストーリーJPで書かれるのは 「こういう転機がやってきて、人生がこう変わりました!」 という話が多いです。 しかし、これから僕が書くのは、 「たくさん時間があったけど、何もしませんでした!」 という話です。 何も教訓はありませんし、読み終わって得るものはありません。 あなたが僕の両親なら「この野郎!!
Funahashi Naoki
274
13

招待券無しでTEDxTokyo2013に参加した話

5月11日、1+1=11になった。 5月11日に渋谷ヒカリエで開催されたTEDxTokyo2013に参加してきました。 TEDとはTechnology, Entertainment, Designの頭文字からきたアメリカ発祥の講演会で、様々な分野の人々が自らの「広める価値のあるアイデア」を共有するためのもの。 有名どころでは、ビル・ゲイツ、アル・ゴア、ビル・クリントン、マイケル・サンデル等が登壇して
Tommy 1031
584
5

ポラロイド写真を撮ったら、この世のものじゃないものが写っちゃってた話

今回は稲川淳二さん風にお届けします。 ポラロイド写真を撮ったら、この世のものじゃないものが写っちゃってた話です。 背筋をぞくぞくさせたい気分 のときに読んで下さい。 霊感の強いともだち 私には霊感の強い友達がいます。 20代の頃一緒に住んでいたこともある、 少し年上のきれいなお姉さん です。 私自身は霊感なんてさっぱりなく、半透明の女性とすれ違ったこともないですし、 地上から約20cm浮き上がった
Tommy 1031
1222
21

霊視で前世は〇〇な人と言われ、ネットで探してみたら実在しててギョっとした話

もし、あなたの前世がわかると誰かに言われたら、あなたはどう思うだろうか。 大抵の人は知りたい、と思うのではないだろうか。 本当かどうか、もちろん確かめようはないけど、でもちょっと聞いてみたい、って。 そんな軽い気持ちで聞いた自分の前世と言われた人物が、まさか Wikiに載ってる なんて、誰も予想できなかったに違いない(笑)。 そしてまさか、前世の魂と共鳴する体験をすることになるなんて、思ってもみなか
秋間 直子
132

5、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(冷えとりとの出会い)

4、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談 の続きです 冷えとり健康法との出会い 不妊ストレスでいじけていた主婦4年目の秋。 ブログで知り合って、お互いの家にも行き来するようになっていた友達も、同じように不妊で悩んでいることを知りました。二人でランチやお茶をしながら、涙したことも・・・。 その友達が「冷えとり健康法」というものに出会い、靴下を何枚も重ねて
秋間 直子
143

4、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(結婚、ブログ、ハンドメイド、不妊)

3、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談 の続きです 専業主婦生活スタート*期間限定フリータイムの始まり SVとしての仕事は、丸3年ちょっとで退職することになり、2003年9月、結婚しました。 私30歳、夫41歳でした。 専業主婦になった私は、夫との時間を大切に、楽しく毎日を過ごすことに専念し始めました。 周りのあらゆる人たちが 「自由な時間を満喫でき
小林 慎太郎
469
11

ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。

■ラブレター代筆はじめました 「仕事」は楽しいものではない。 苦しくて大変で、時にちょっとだけ楽しいのが「仕事」というもの。 ちょうど1年ほど前、10年以上特に疑いを持たずにいたこの考え方に、ふと疑問を抱くようになった。 つらいことを歯を食いしばってやり続けることは尊く、楽しいこと・楽なことだけやるのは怠慢。 物心ついた時からそのような価値観で育ってきた35歳の男が、「あれ?誰がそう言ってたんだっけ
コレナガ カオリ
386
19

男の子は青。女の子は赤。

みんな、 私の着ているものを見て笑ったわ。 でもそれが私の成功の鍵。 みんなと同じ格好をしなかったからよ。   - ココ・シャネル -(1883年~1971年) フランスの女性ファッションデザイナー。 よく晴れた土曜日。 そう、今日は週末恒例のシューズ洗いの日だ。 一年生になった娘様は、週末になると学校で履くシューズを、小さな手でゴシゴシ洗っていた。 娘様 ママーーー お。仕上げかな? わたし はい

書きかけのストーリー

Ito Takumiさんの書きかけのストーリーはありません

Ito Takumiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|