STORYS.JP

甲斐 琢巳

渋谷のm社でデザインアシスタントやってます/最高のWeb体験をデザインして生活に喜びを創りたい/Web制作・サービス開発しまくってます→http://bit.ly/17Kcik7 作ったもの→http://bit.ly/SjLlz9/

ストーリーをリクエストする

甲斐 琢巳の人生のストーリー

【はじめに】全くの未経験から憧れのデザイナーとして上場企業に内定できた経営学部生の話

はじめに 「全くの未経験から憧れのデザイナーとして上場企業に内定できた経営学部生の話」と題して、複数回に分けて、僕がデザイナーという職業を目指し、新卒でデザイナーとして内定できた約1年間の話を書いていきたいと思っています。 第1回目は「はじめに」として、僕が実際どんな人なのか、ざっくりとどんな話を書こうとしているのか、書きたいと思います。 どんな人なんですか? 現在は都立の大学の4年生です。過ごし方

やりたいことを実現するストーリー

【その①】全くの未経験から憧れのデザイナーとして上場企業に内定できた経営学部生の話

やりたいことって、なんだろう。 大学生になってから、ずっと考えてました。 高校生の時は地元宮崎でバンドをやっていて、コピーから始まり卒業前にはバンドでオリジナルの曲を作るまでどっぷりハマってました。 大学のために東京に来てからは高校のときのメンバーとは散り散りに。 大学でもバンドをやりたかったけれど、なかなか良いメンバーと出会えず、気づいたらバンドに対するモチベーションはどこか彼方へ消えていました

なんでWebデザイナーを目指したの??という理由が分かる話。それまでの紆余曲折

【その②】全くの未経験から憧れのデザイナーとして上場企業に内定できた経営学部生の話

自分のやりたいことを見つけて、Webデザインをもっとやりたい!と思った俺。 けれどもその時の状況は、大学3年の11月。 そう、就活という壁が見え始めていた・・・。 就活する? 大学3年生の11月といえば、そう就活です。 なんとなく「セミナー行ったぜ」「俺もう内定とったw」という声が聞こえて来る時期。 僕自身、夏から就活イベントに顔を出したりしていて、人事の方や同じような学生たちもまわりに多くいる状況

【その③】全くの未経験から憧れのデザイナーとして上場企業に内定できた経営学部生の話

続きは・・・書く予定はありません 笑 おはようございます。 どうやら、STORYS.JPの注目ストーリー?にあげていただいたみたいで、FBへの通知がちょいちょい増えています(笑) たまに以前書いたストーリーに反応がくるので、みなさん続きが知りたいのかなあと思うこともありますが、今の所続きを書く予定はありません!すみません(笑 自分と同じようにモヤモヤしている人のヒントになればと思って書き始めましたが

読んでよかったストーリー

森 雄一郎
195
3

オンライン上で手軽にスーツやシャツをオーダーメイドできるLAFABRICSをつくった話。

ぼくは2014年2月にLAFABRICSというオンラインベースのファッションブランドを立ち上げました。 LAFABRICSは、第一線で活躍するビジネスパーソンのためのオーダーファッションブランドです。自宅にいながら手軽にスーツをオーダーするという、これまでにない新しいユーザー体験を提供しています。 URL: https://lafabrics.jp/ ただ単に洋服を売るのではなく、人々のライフスタイ
町田 龍馬
3368
9

若者は絶対に知っておくべき日本の将来(2017年2月更新)

厚生労働省の印象操作によって、ほとんどの若者は気づいていないが、日本の若者の将来は絶望的だ。その理由を説明するので、真剣に考えて行動してほしい。 平成28年度(2016年)のデータを見ると、歳出の中で最も多くの割合を占めたのは「社会保障関係費」である。 (上画像は、 国税庁 より引用) 社会保障関係費の内訳は、以下の通り、金額順に「年金、医療、社会福祉、介護、少子化対策費」となっている。つまり社会保
水本 敦則
493
8

絶対に破れない約束

僕には、絶対に破れない約束があります。 約束の内容は、あまり具体的ではなく、明確なゴールが合わるわけでもないので、他の人からはあまりわからないのですが、自分にとってはめちゃくちゃ大事なことなのです。 では、その約束は何かについて書く前に少し前提となるお話を書いておきます。 今から9年前のことです。僕は自分の人生がどうにかなってしまうのではないかと思って、毎日を過ごしていました。 その3年前に京都の美
Tommy 1031
766
13

デザイナー修行物語その1:「デザイナーです」って言うと「カッコイイ!」って言われるんですが、実は徹夜当たり前の体育会系の職業でした。(大学時代〜就職)

今でこそ、「ブラック企業」なんていう言葉が有名になり、 「ワークライフバランス」なんていうものが、 声高に叫ばれるような時代になりました。 私がデザイナーとして修行してきたのは、そのひとつ前の時代。 90年代終わりから、2000年代始めの「叩き上げ」「体育会系」「仕事は教えられるものじゃなく盗むもの」なんていうのが全盛だった時代です。 働くものの権利? ・・・えっ、それなんですか? 会社が法律の関係
麻丘 亜希
1496
15

OLが脱サラをして、未経験ながらデザイナーになった話

私はウエディングエプロン デザイナーです。 私はネットショップでオリジナルのエプロンを販売しています。 結婚式の演出用で、花嫁さんがウエディングドレスの上に着用するエプロンです。 すなわち、ウエディングエプロンです。 こんな風に伝えると 「お裁縫が得意なんですね」 と言われますがそんなことはありません。w 商品の製作は、縫製工場にお任せしています。 工場は地元に貢献したいとの思いから、大阪の会社にお
萬野 有生
306

25歳で生まれ変わったのでは?と最近気づいた 【「=」の世界編】

お前誰?今何歳? まずそこからですね。 名前はまぁいいとして、今はhabitechというスタートアップを作って、エンジニアとかプロデューサーとか何でも屋として働いている27歳です。 なぜこんなことを書こうと思ったの? 現在スタートアップ界隈に生息しているのですが、周りにものすごい個性的だし、面白い人生歩んできた方がすごく多いんです。別にこれまでの人生で勝負が決まるわけでもなく、どうでもいいっちゃいい
よう いんひょく
1225

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 1

初めての音楽CDは、ゲーム用 はじめて日本に来たのは、小学生の頃。 1996年でした。  ボーカルグループ「SPEED」の全盛期、だったと思います。 クラスの女子が「Kinki Kids」を聴いていた記憶もあるので、「Kinki Kids」の全盛期でもあったかと思います。 ただ、日本語は話せなかったし、僕はそもそもゲームが大好きで音楽なんてまったく聴いていませんでした。 初めて買ったCDは「THE

書きかけのストーリー

甲斐 琢巳さんにもっと聞きたい話リクエストする

|