STORYS.JP

北條 太郎

北條 太郎の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

北條 太郎の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

大西 明美
73
3

話題が全部尋問。自分の条件に合うのか取り調べするんじゃないっ!ー出会いの機会大損害の巻ー

婚活で、ほぼ100%盛り上がらない話題がある。けれども、放っておくと婚活中の人たちが全員やらかしてしまう話題である。しかも、その話題は婚活中の人たちが、「やらなきゃいけないもの」だと思い込んでいたりする。 まるで禁断の果実のような話題とは・・・。 それは、「自分の条件を中心とした話題」である。 といってもわかりにくいので、具体的なお話をこれからしよう。 まもなく40歳の大台を迎えようとしていたアラフ
大西 明美
715
5

割り勘をやめさせる女は、手土産の極意とタイミングを知っている

私の仕事上の趣味は、婚活記録をデータ化して分析をすることである。 エンターキーを小指でポンと勢い良くたたく。 ああっ、やっぱり女子のほうが多いかぁー。 と一人事務所でつぶやく。 今、何をしているのかというと、男性と女性のどちらがお見合いを断わる側になるのかを調べていたのだ。 およそ、7対3の割合で、女性のほうが断わることが多い。 断わる理由の第1位は、「性格が合わないと思った」という誰でも予想できる
大西 明美
511
2

恋愛したくないなんて嘘。今の時代恋愛のリスクがすごいのよ。仕方ないわ。第4回(最終回)

恋愛を間違った方向に頑張りすぎたばっかりに、 自分の人生にとって取り返しの付かないような写真や動画が流出 して、永遠に消せなくて毎日泣いているという人もこの世の中には本当にたくさんいる。 このように、今や、恋愛は自分の人生にとって非常にハイリスクなのだ。 最近若い人たちが、「 恋愛なんてしたくない」なんて言っているけれども、正確にはしたくないのではなくて、恋愛があまりにハイリスク過ぎるから手を出しに
坂口 隆
74

銀座で見た夢

  まだ僕が20代前半だった頃のお話です。     当時、”夜関係”の会社をいくつも経営している 社長のカバン持ちをしていました。     さすがに違法な仕事ではありませんでしたが 人様に胸はって言える仕事内容だったのか? と言われたら黙ってしまう超グレーゾーンな仕事をメインにしていた 社長さんでした。     人生の「生き死にの瀬戸際」にいる人達と接する時間が 長かった僕のストレスはいつも極限に達

書きかけのストーリー

北條 太郎さんの書きかけのストーリーはありません

北條 太郎さんにもっと聞きたい話リクエストする

|