STORYS.JP

岩崎 竜矢

岩崎 竜矢の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

岩崎 竜矢の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

小泉 憲一
1352
26

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用
Kato Yuki
928
5

ひとり旅でフラフラしていたら、超偶然に、某有名旅雑誌のモデルに現地スカウトされてしまった話

「キミ、ひとり旅かい?」 「え?はい、そうですけど・・・?」 「『旅の手帖』という雑誌の記者なんだけど、実は今書いてる記事のテーマが『ひとり旅』でねえ。キミ、良かったら、記事のモデルになってくれないかい?」 「・・・・!?」 超偶然に、こんな事が起こったのは、こんないきさつだ。 2010年当時、私はとある事情で大学を休学し、東京に住んでいた。 ある日時間ができたので、ふと自由にきままに、どこか遠くへ
西垣 拓治
380
13

到底無理と思えた「Tシャツ99円」完成までのエピソード!物の価格の正体とは…?

たまたま行った場所で、ある体験がきっかけで それが記憶に残っている事ってありますか? 今回の99円Tシャツプロジェクトが生まれたのも、 記憶に残って離れない体験をしたことがきっかけでした。 日本からフィリピンへ。 今年の初めに99円プロジェクトのメンバーでフィリピンへ研修に行くことになりました。 日本からフィリピンへはたくさんの航空便が飛んでいるのですが、 最近では、セブパシフィックなどのLCCがキ
Suzuki Takuya
19059
173

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
Shono Maho
1908
52

【地球の裏側で元ホストと旅をして学んだ魔法の言葉】

最初の出会い 彼は、とにかくイライラしていて口を開けば他人や政治の批判をぶっ放す。 目を引く整った顔に、肩までのパーマの髪を一つにくくって、旅人らしからぬオシャレな服装。 何やら普通じゃない感じだ。 それが 【 元ホスト やす 】 の第一印象。 最初の出会いはペルーの、クスコのホテルの屋上だった。 私は、双子の姉妹で、 人のオーラ(ソウルカラー)を描きながら世界を旅する という ちょっと変わった旅の
ぼん くぼ
2981

楽天でTOEIC700点とれやと言われた(4)

電車中で寝ないためには立っているといいという結論に辿り着いた。しかもつり革につかまってもダメだ。両足を肩幅に開いて電車の動きに合わせて立つのだ。そうするとまず寝ない。それでDSをやる。これで帰りの時間も合わせて2時間確保。 でも、たった2時間じゃ少ない。確実に時間をとれる時間。それはお昼だった。まずはお昼をカロリーメイトだけにした。ダイエットにもなる。一石二鳥だ。これで3時間確保。 1日3時間ならわ
阪口 ユウキ
2830
20

【男が道に迷ったら】とある石油会社の重役に、利根川で鯰を釣りながら教わった人生の指針。

男はな、○○をしていないと、何を見つけることも、何を手に入れることもできないんさ。 こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している、阪口といいます。 今から3年半前、僕は重い鬱病で、半年ほど寝たきりになっていた時期があります。 そのとき、利根川の桟橋で、 とある石油会社の重役である「伊波さん(仮名)」 という方と釣りをする機会がありました。肩を並べて釣りをしながら、 男が道に迷ったときはどうす
阪口 ユウキ
41390
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
迫平 直幸
886
5

私が大企業での出世の道から下りた本当の理由 その2

17年前、総従業員数が20万人を超える大企業に、気合いと元気だけでなんとか就職。泥臭く仕事をしながら、同期のトップグループで課長まで昇進。 学生の頃の自分からは予想できない状況。 「俺、良くやってるよ、出来過ぎじゃん」と心の中でつぶやきが聞こえてくる。 ただ、それと同時に、 「このままでいいの?どうすんの俺?」という問いが波の様に繰り返されていました。 起業する訳でも、転職する訳でもなく、 絵に描
須藤 憲司
450
3

KAIZEN Platformの始まり

エリック・リースの「 リーン・スタートアップ ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす 」という本が米国で出版されたのは2011年9月でした。 この本は、インターネット業界にいる人であれば少なからず聞いたことがあると思います。 ただ、エリックがインスパイアされたリーン生産方式の原典となる本を読まれた方はあまり多くないのではないでしょうか? 大野耐一さんという方の「 トヨタ生産方式―脱規模の

書きかけのストーリー

岩崎 竜矢さんの書きかけのストーリーはありません

岩崎 竜矢さんにもっと聞きたい話リクエストする

|