STORYS.JP

小薬 達也

見ましたね?
あぁあなたも変な人でしょうか。
え?ちがう?
そんな事は無いはずです
僕の推理が正しければ、貴方はとても不思議な人なはずです。
え?どうしても違う?失礼なやつだって?
当り前です。
へんなひとですから。

http://fb.com/tatsuya.kogusuri

モノづくりにどっぷり浸かりたい人はフォローどうぞ。
モノづくりニュースシェアしてます。

ストーリーをリクエストする

小薬 達也の人生のストーリー

体験談) ICL受けてみた

こんにちは、こぐです。 はじめての方は初めまして いつもの方はこんにちは こんにちは、こぐです。 さて、昨日(2015年06月あたり)ですがICLという視力矯正手術を受けてみました。 # ICLってなんぞや? レーシックっていう矯正手術はご存知の方も多いと思います。 レーシックは、角膜、つまり目の表面をレーザーで削って、ピントを矯正する術式です。 対してICLというのが、目の中にコンタクトレンズを入

深セン(深圳)へ出張する時に知っておく情報と準備したほうが良い持ち物

2016/06/29時点での情報です。 この記事は備忘録として書いていますので、ご自身の判断で検討してください。 旅券編 調べ方 - スカイスキャナー( http://www.skyscanner.jp )で調べる 1. 往復券を探します。片道旅券は行きの窓口で止められる事があるそうなので、上級者の方向けとの事です。 2. 中国あるあるで、現地でスケジュールが変わることが高確率で発生しますので、仕

ハードウェアベンチャーの人におすすめです

一人暮らしの僕がシェアハウスを選ぶ3つの理由

こんにちは、ぐです。 今日のストーリーはシェアハウスです。 僕は今シェアハウスに住んでいます。 前のシェアハウスは昨年の10月に入ったのですが、結局ちょうど半年で引っ越す事になりました。 で、今回もシェアハウス。当分やめられそうにないです。 なんでシェアハウス? 初期費用が安い 家具つき 帰ってくると誰か居る 1.初期費用がとても安い。 今回も大体10万円位でおさまりました。 一般的に賃貸を借りると

シェアハウスに興味がある方におすすめする記事 その1

シェアハウスに住む僕が感じた4つのハードル

こんばんは、ぐです。 前回はシェアハウスのメリットを書きました。 一人暮らしの僕がシェアハウスを選ぶ3つの理由 今回はシェアハウスのデメリットを赤裸々に書きたいと思います。 シェアハウスは1つの施設に大人数が住みます。 住人が多くなればなるほど、色々な事が出てきます。 僕が内覧をした際に感じたシェアハウスのハードルは4つありました。 プライベートが無くなる 相性が悪い人がいる 見知ら

シェアハウスに興味がある方におすすめする記事 その2

シェアハウスに住む僕が心がけている3箇条

皆さんこんばんは。 さて、今回もテーマはシェアハウスです。 まずは今までの記事のご紹介 一人暮らしだった僕がシェアハウスを選ぶ3つの理由 一人暮らしだった僕がシェアハウスで感じた4つのハードル この記事を読んでいる皆さんはシェアハウスに興味がある方だと思います。 こんな事、あんな事とか気軽にコメントしていってください。 今回は僕がシェアハウスの生活で気をつけている事です。 料理する 出来

シェアハウスに興味がある方におすすめする記事 その3

シェアハウスに住んでいる私がシェアハウスを始める3つのきっかけ

皆様こんにちは。 ぐです。 いつもの方はこんにちは 初めての方は初めまして こんにちは、ぐです。 さて、今回はシェアハウスを始めようと思ったきっかけについて書きたいと思います。 まずはシェアハウスに興味がある方にはこちら。 一人暮らしの僕がシェアハウスを選ぶ3つの理由 シェアハウスに住む僕が感じた4つのハードル シェアハウスに住む僕が心がけている3箇条 さて。 なんでシェアハウスを立ち上げようと?

シェアハウスに住んでいる人が、シェアハウスをスタートする話。

婚活サイトハック - 2ヶ月で30人と出会う方法 -

こちらに書いてみました。 https://note.mu/kogu/n/n425b663e4159

読んでよかったストーリー

小薬 達也
563

体験談) ICL受けてみた

こんにちは、こぐです。 はじめての方は初めまして いつもの方はこんにちは こんにちは、こぐです。 さて、昨日(2015年06月あたり)ですがICLという視力矯正手術を受けてみました。 # ICLってなんぞや? レーシックっていう矯正手術はご存知の方も多いと思います。 レーシックは、角膜、つまり目の表面をレーザーで削って、ピントを矯正する術式です。 対してICLというのが、目の中にコンタクトレンズを入
大塚 雄介
116
5

入社2年目の営業が奔走 三つの武器で経営陣に提案

700社への電話 と 300社への訪問 「ビジネス開発グループ」が発足して、1年目の秋頃、私は「店舗matc」という「チェーンストア向け本部-店舗間コミュニケーションツール」というサービスを営業する仕事をしていました。サービス立上げ2ヶ月位は、誰にアポイントをとるか?どうアポイントをとるか?も決まっていないので、全部自分で失敗しながら考えて試みる。その連続でした。合計700社位電話をして、300社
Riney James
175
3

今だからわかる、Startup weekendの本当の意味

もし、Startup Weekendのイベントに参加していなかったら、今の私は存在しません。それはなぜなのか?これは、今の私達を作り出したストーリーです。 後にビジネスパートナーとなった拓郎と会ったのは、ちょうどJPMでのトレーニングを終えた頃の事でした。彼とは、会ってすぐに打ち解けました。(どのように出会ったかは“混浴で始まった開発:Storys.jp”を見てください。) 混浴で出会った日から、お
長友 肇
716
14

大事な事はみんな高速電脳で学んだ

はじめに 1997年、まだ秋葉原が自作PCの街として栄えていた、そんな頃のお話。 僕は当時大学2年生で、典型的なモラトリアム学生として日々ポンチ―言うような4人中国語勉強会に明け暮れていた。起きたいときに起き、眠くなったら近くの友達宅に転がり込む模範的な高田馬場学生だった。 その頃はまだベンチャーとか起業といった会話はほんの一部の学生の間のみの話。SFCの設立に刺激された早稲田でなんとか対抗するべく

書きかけのストーリー

小薬 達也さんにもっと聞きたい話リクエストする

|