STORYS.JP

Tanaka Tatsuya

Tanaka Tatsuyaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Tanaka Tatsuyaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kuribara Kao
836
20

定時制高校出がちょっと過去を振り返ってみる

皆さんは定時制高校というのはご存知でしょうか? 一般的には4年制で夕方5時半から9時くらいまで一日3コマ(45分)の授業と給食(笑)がある高校です。 怖いイメージを持たれる方もいるかもしれませんが意外と普通というか、むしろ事情があって通う子たちが多い学校です。 私の通った高校ではいかにもやんちゃな不良は4学年中一人しかいませんでした(笑) まあその子と学校でガチバトルやったので私含めたら二人かもしれ
Kuribara Kao
422
3

変な世界に迷い込んだみたい ~ 研究者の嫁 ~

 恋愛から踏み込んで結婚や同棲をする、これはどんな関係であっても男側でも女側でも同性同士だろうと自分の今までの生活と違う世界と接触することになります。  価値観・生活習慣・好むもの・好まないもの・・・・  すり合わせたり妥協したり、許したり、逆に治してもらうよう努力したり・・・  それはどんな結婚・同棲であってもあることだとは思います。それができるから人間って面白いわけだし。  しかし変わった職業の
狭井 悠(村田悠)
216
4

突然の望まない「さよなら」から、あなたを守ることができるように。

▼祈り 祈りを込めて、僕はこの文章を書く。 この文章を読んだ人が、交通事故でひどい目にあったりしないように。 あるいは、誰かを交通事故でひどい目にあわせたりしないように。 たとえ、明日事故に遭うことを何らかの存在に決められかけている人がいたとしても、僕がこの文章で、その宿命を祓う。それくらいの覚悟で、僕はこの文章を書く。だから、読んだ人は車を運転するとき、頭の片隅でこの話を思い出してほしい。 あなた
日野 道啓
1197
3

自分の可能性は自分が思っている以上にある①-落ちこぼれが大学教員になる

□落ちこぼれが大学教員になる:自分の可能性は自分が思っている以上にある 「たった15分間、勉強机に座ることができない」、「漢字が読めない」、「高校時代の偏差値は40程度を行ったり、来たり」・・・そんな自他ともに認める「落ちこぼれ」が、現在、国立大学(鹿児島大学)の准教授をしています。その「落ちこぼれ」とは、私のことです。  私の経歴を知っている学生や教員は、あまり多くありません。別に、隠していたわ
Kuribara Kao
642
20

若年性脳梗塞になってみた  その8(終) ~ 小さくなったって末広がれば大きな幸せ ~

 一晩たってみると親に言われた言葉を真に受けた自分が恥ずかしくなってきました(笑)  第一今の自分の家族は誰でもない、夫です。両親や姉は夫の次の人。  そんな人の言葉に惑わされ、自分が生きる価値があるかどうかなんて考えるなんて恥ずかしいたりゃありゃしない!(笑)  第一それを決めるのは自分自身なのにね。  まあそれが血族ゆえの想いというか呪いというか・・・難しい心であることに違いはありませんでしょう
Sakura Teruko
234
4

【ニート道】借金300万抱えた私が上智大卒ニートになるまでの道のり【人生で大切なことって何?】

ニートって楽そう? そうですね。 毎朝心ゆくまでお布団にくるまっていられます。 ぎゅうぎゅうの満員電車に乗らなくてもいいんです。 でもニートだって戦っているんですよ。 え、何にかって? ニートには戦うべきものが3つあります。かなり強敵ですよ。 罪悪感 朝早くから働きにでる両親を見送るわたし。 罪悪感で胸が張り裂けそうなので、なるべく部屋に引きこもります。 明日 ニートは今を楽しんで生きています。 決
小俣 智子
634
34

31歳で獣医をやめなんとなく絵を描き始めてから家賃0円のクリエイターズシェアハウスに受かるまでの話

日の当たる広めの部屋で画材や作品を十分に置くことができ、2メートルくらいの大きな絵が描けるアトリエがあって、1階の窓を通じて外からでも作品が見られるようなスペースがあったらいい。東京23区内で、川のそばがいい。人が遊びに来た時にゆっくり話せるようなリビングがあって、おしゃれな内装だといい。 しかもタダで。 そんなささやかな妄想が叶ったのは2014年6月だった。家賃0円のクリエイターズシェアハウスTO
小俣 智子
25

絵で生きていきたいなんて「夢」をもつのは、もうやめるといい。

2011年2月に臨床獣医師を辞め、現在、アーティストとして生きている私。 アーティスト名はOuma(オーマ)。 「細胞」という生命の最小単位をモチーフにしたアート作品を制作発表している。 ▼31歳で獣医をやめなんとなく絵を描き始めてから家賃0円のクリエイターズシェアハウスに受かるまでの話 http://storys.jp/story/14081 2014年にこのシェアハウスに受かり、浅草に拠点を移し

書きかけのストーリー

Tanaka Tatsuyaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|