STORYS.JP

Nakamura Tatuyuki

Nakamura Tatuyukiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Nakamura Tatuyukiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

永石 和恵
569
13

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

うちの父は長崎出身のTHE九州男児。 見た目も性格も。 寡黙で真面目で照れ屋で、 でもお酒入ると熱弁し出して少し厄介。 そして、とても優しくて家族思いの素敵な父です。 私はお父さん子でした。 お風呂も父と入っていたし、 勉強も宿題も父にいつもお世話になっていた。 食べ物の嗜好や考え方も母より父とのほうが合い、 私の人生において、父はとても大きな存在です。 私の父が定年を迎えることを聞いた時、 45年
中村 珍晴
1040
4

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート8

青年期における人との出会い――。 僕はこの出会いこそ、後々の人生にとって大きな財産になると思っています。柔軟な感性で日々を過ごしているときに、自分とは異なる生い立ちや境遇の人たちとの触れあうことは、人生に新しい価値観をもたらしてくれ、自分自身を成長させてくれます。 僕の尊敬する哲学者・森信三さんがこのような言葉を残しています。 「人生、出会うべき人には必ず出会う。しかも、一瞬遅からず、早からず。しか
Suzuki Nana
319
10

【上海に奇跡を起こした男の物語】〜情けは人のためならず・父の想い出①

父は、かつてある日中合弁会社を一気に黒字に転換させ、 それは「上海の奇跡」と呼ばれました。 その奇跡の裏にはなにがあったのか・・・ 歳をとった父がしてくれた話です。                     こんな話をすると、自慢話のように聞こえるかもしれんが、        まあ、人生の経験として話そう・・・ 父が、あるテフロンのフライパンを作る日中合弁会社の社長を頼まれていた時の事。 部下の一人の
Suzuki Nana
11345
32

やくざを泣かせた5歳の息子の話

こころ を すまして みてごらん はな は はな として うつくしく あなた は あなた として うつくしい ただ それだけのこと が いとおしい あれは暑い夏の日のお昼過ぎ・・・ いつものように、2歳の娘を連れて息子の幼稚園へお迎えに行った帰り道。 「アイスクリーム、食べようか?」 暑かったので、三人で駅前のベンチに腰掛けて、アイスクリームを食べることにした。 そんな日常の一場面。 もし、あのやく
Yamada Risako
1453
20

偏差値が低すぎて全科目偏差値測定不能だった子を都内お嬢様中学に合格させた塾講師のたった1つの言葉。

=================================== 「子供が勉強しない。馬鹿で困るんです。」 家庭教師をしている時にそんな相談を受けた。そんなお悩みを持つお母様方に送る 「私がスーパー馬鹿だった時の話」 =================================== ◆母「あんたは受験してOO中学に行きなさいね:D 」◆ それは私が小学校4年生だった時。突然そんなことを母
Kuribara Kao
1566
17

婚活してみて分かった大切なこと3つ 

 皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?  我が家はこのゴールデンウィーク中にx年目の「入籍記念日」を迎えました(もちろんであった記念日と結婚記念日は別にある←笑)  数年前のこの日に婚姻届を出したのだな~と思うと感慨も深く、同時に「1年持ったら御の字だわw」という夢のなさではじまったこの結婚生活。  以外にも長く続き、今でも仲良く暮らしています。  私と私の親族以外(笑)の周囲は「この
安藤 菜々子
895
37

パパが仕事を頑張れる理由

私のお父さんは今単身赴任中です。 今は単身赴任中ですが、元々は家族で 転勤族 をしていました。 私が生まれた時は香川県にいて、高知に移って、また香川に戻って、横浜にきました。 私は幼稚園に3つ行きましたが、それが普通のことだと思っていました。小学校も途中で1度転校していますが、それが普通だと思っていました。 途中でみんなには「幼なじみ」というものがいると知って、びっくりしたくらいでした。 パパは(お
Sasaki Shin
2297
40

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

◆落ちこぼれだった高校時代 高校時代、私はおちこぼれでした。どれくらいおちこぼれだったかと言うと、全国模試で数学の偏差値が38、おまけに足首を捻挫しているのがクセになっているので運動もまともにできない、彼女はいない、青春の思い出はゲーセンでのメダルゲームだけという素晴らしい灰色オレンジ・デイズを送っていたわけです。 とはいえ、最初から落ちこぼれだったわけではありません。高校受験をしていた時は第一志
寳槻 泰伸
29136
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(

書きかけのストーリー

Nakamura Tatuyukiさんの書きかけのストーリーはありません

Nakamura Tatuyukiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|