STORYS.JP

飛松 徹夫

IT系 ビショナリー プランナー ディレクター

ストーリーをリクエストする

飛松 徹夫の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

川崎 亮也
1437
6

クズ大学生が大阪ミナミで1000万稼ぎ、学生起業家へ。

2010年、僕は関西の某私立大学に入学しました。 大学に入学した当初は、本当に”THE大学生”でした。 普通に時間の切り売りのアルバイトをして、 少ない給料でサークルの飲み会や合コンに参加したり、彼女とデートしたり、、 心の底では、「ビッグになる」「社長になって糞金持ちになる」などと漠然と思っておりました。笑 しかし、実際には月に5~6万円の給料をもらうだけのアルバイト、、 こんなことをしてていいの
和佐 大輔
530
6

HUNTER × HUNTERが好き過ぎて(王の死の涙の意味)

これは2013年1月に書いたレポートのコピーです。HUNTER × HUNTER連載再開を祝して、ここに無修正で再アップしておこうと思います。内容はとても個人的なものですが、面白いものになっていると思います。全てのHUNTER × HUNTERファンに捧げます。 ■HUNTER × HUNTERが好き過ぎて... 最近、AmazonのKindleを手に入れました。 あまり僕が読みたい本がKindle
Kuribara Kao
835
20

定時制高校出がちょっと過去を振り返ってみる

皆さんは定時制高校というのはご存知でしょうか? 一般的には4年制で夕方5時半から9時くらいまで一日3コマ(45分)の授業と給食(笑)がある高校です。 怖いイメージを持たれる方もいるかもしれませんが意外と普通というか、むしろ事情があって通う子たちが多い学校です。 私の通った高校ではいかにもやんちゃな不良は4学年中一人しかいませんでした(笑) まあその子と学校でガチバトルやったので私含めたら二人かもしれ
Yokoyama Tatsuya
325
9

4月のある晴れた夕方に100パーセントのヤンキーにカツアゲされることについて

4月のある晴れた夕方、ゲームセンターの駐車場で僕は100パーセントのヤンキーにカラまれる。 たいしてイカツい男でもない。当然素敵な服だって着ていない。 髪型だってリーゼントだった。 歳だっておそらく十代だろう。とにかく、声をかけられるずっと前から僕にはわかっていた。 あれはまだ、僕がカレッジを卒業して就職もせず地元にも帰らず、フラフラしていた頃の話。確か24歳のとき。 1979年生まれでロストジェネ
長南 敏康
213
5

クリスマスの思い出

僕は昭和35年の12月、クリスマスのちょうど一週間前に生まれました。(なんとも慌ただしいときに生まれたものです) 生まれ育った北海道の札幌は師走ともなると、あたり一面まっ白い雪に覆われホワイトクリスマスにはお似合いの街でした。 さて、僕の父さんは腕がいい大工職人だったのだけれど喧嘩っ早くて博打好きで「問題あり」の人でした。 よく建設現場で親方と喧嘩しては給料未払いのまま辞めてきてしまうわ、きちんとお

書きかけのストーリー

飛松 徹夫さんにもっと聞きたい話リクエストする

|