STORYS.JP

Itikawa Tetsuya

Itikawa Tetsuyaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Itikawa Tetsuyaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

大柴 貴紀
36

メディアになってみて思う事【リクエスト案件】

鈴木さん、リクエストありがとうございます。 おそらく僕の書いているブログのことを指しているんだろうと思うのだけど、あくまであれは「ブログ」であって「メディア」というのには烏滸がましいなぁと思っております。で、「メディア」という言葉を調べてみたのですが、結局よくわからない・・・。凄く難しい言葉だなって思いました。僕がイメージしている「メディア」はこんなもんではない。 とまぁこれが正直なとこなのですが、
近藤 和彦
203
8

イベント業界で生きていく

いつからだろう イベントという単語はいつから使い始めたのだろう。。。 昔は自分がイベント業界で生きていくなんて思ってなかった。 中学校のある日、「生徒会やってみないか?」と先生が言ってきた。 生徒会なんて俺には全く縁がないものだと思っていたが、 試しにやってみたら意外と面白かった。 初めて人前で喋る仕事が。「生徒会書記」 これが俺の初めてのイベント事だったのだろう。 高校生になり、入学時にまた先生が
永井 隆太
516

イランの砂漠の真ん中で、革命防衛軍兵士に自動小銃を突きつけられて、地下室に連行された話 その1

人生で一度だけ、自動小銃を向けられて連行されたことがある。 1990年 2月 私はシルクロード横断の旅の途上にいた。 イランは、電車が発達していないらしく、移動はバスが主流だった。 イランでは、一般的に英語が通じず、身振り手振りでホテルに泊まったり、 食事をしたりしていた。 今でも覚えているのは「あぶ(水)」と「てるみな(バスターミナル)」という単語で ある。 マルコポーロも訪れたという古城の街バム
川原崎 晋裕
477
4

転職より起業を選んだ理由

2013年4月某日。今から遡ること5ヶ月前の、とあるカフェにて。 俺 なあ、おれ転職しようかと思うんだけど……。 古川 健介 起業しなよ! 俺 ……いや、俺ってさ、なんのスキルもないじゃん? SEOとか、マーケとか、もっと色々身につけてかr 古川 健介 そんなの身につけても意味ないよ! 起業しなよ! 俺 え、なんで? 古川 健介 5年後に市場からなくなってるかもしれないスキルだから! 俺 な、なるほ
菱沼 真
824
34

人生で大切なことは全て小学校の校長室で学んだ

僕は小学生の頃、いわゆる「いじめ」で不登校になっていた時期がある。 「死にたい」 そう真剣に思っていたこともあった。 その窮地を救ってくれたのは、小学校の校長先生だった。 そして保健室登校ならぬ、「校長室登校」を経験した。 こんな話、人前でしたことなんてなかったが、当時の自分の素直な気持ちと、校長先生への感謝の言葉としてSTORYSに書きたい。 不登校 小学6年の時だ。 僕は不登校に陥っていた。 不
池森 裕毅
1070
47

ダメ人間が逆転サヨナラ満塁ホームランを打った後、金に溺れたストーリー

はじめまして、池森と申します。 これは僕が高校を卒業し大学を中退した後、起業して成功し、それからの凋落までを描いたストーリーです。 あまり大したお話ではありませんが、良かったらご覧ください。 高校生までの僕は、勉強が大嫌いでただ騒いでるだけの人間でした。 どこの学校にもいるような、体育祭の時だけヒーローになれる、そんな類です。 授業中は寝てるか、本読んでるか、騒いでるか。 部活はずっとサッカー部でフ
上谷 隆宏
605
3

pixiv作った時の話

イラストコミュニケーションサービスpixivを作るまでの話をします。 画像は公開した当時のpixiv プロローグ 今は殆ど無いですが作った当時は取材などでよく 「どうして作ろうと思ったんですか?」などと聞かれました。 基本引き篭もりで家から出たくない人なのでうまく答えらず、 代わりに片桐が答えたりしてました。 閑話休題。 イラスト描くことが趣味です。 最近漫画を描いたりもします。 好きなジャンルは百

書きかけのストーリー

Itikawa Tetsuyaさんの書きかけのストーリーはありません

Itikawa Tetsuyaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|