STORYS.JP

Hama Tomo

Hama Tomoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Hama Tomoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

山崎 理恵みりえ
92
3

【続編】26歳自由な無謀女子が、田舎の商家の後継ぎと結婚すると○○

それはまるで、~~のように、巨大な○になったかのようだった。 22歳で、無計画に会社を辞め、無資金で学習塾を開き、そこそこ稼いで自由に暮らして4年。 26歳になった私は、その暮らしにあき、 次に選んだのは、なんと、 田舎の商家の後継ぎと結婚することだった。 通りすがりの人1 そりゃ、無謀じゃね? 確かに、ふつうに考えて、無謀すぎる。 自由に好きに生活できていたのを、何をわざわざそんな環境に身を置いた
ミシェル リー
42

17.セルフブランディング!! とか言わないよ

ビジネスじゃない、とか言われるかもですが マーケティングとか、セルフブランディングとか、SEO対策とか、そういうことは言いません。 経済学でも経営学でもありません。 日々の営みです。 女が自宅で月15万円を稼ぐための、小さな生業。 たったそれだけの事。 手作り石鹸を売るのもいいし、小さなポーチを作って売るのも良いでしょう。 焼き菓子やパンを焼いて売るのもすてき。 それが、今までは絵本のお話、童話のよ
Suzuki Takuya
488
2

「やるかやらないか。僕はやらない人間だった」 きっかけを得た後、本当に行動するために必要なこと。

高校を卒業してとび職をしていた19歳の時、少しお金が貯まりそれを何に使うか考えていた。十代の頃はひたすらモテる事ばかり考えていてその為に金を使っていた。周りの先輩には職人になって、金貯めて、カッコいい外車を買って男女両方からモテている人もいた。その姿を見て自分もCoolなアメ車を乗り回したいと思っていた。港北にある中古車店の前をたまたま通りがかった時にピカピカに光るアルミホイールを履いた黒の中古SU
Suzuki Takuya
19067
173

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
小山 まき
302
5

イライラご飯がにこにこご飯に変わるまで。

                              わたし 今日も疲れたな。ご飯なに作ろう・・ 仕事を終えてスーパーに向かう。それが日課。 結婚後、OLを続けていたわたし。 毎朝起きたら急いで朝ごはんの用意をして洗濯をして、出社。 仕事を終えたら買い物をして、帰って洗濯物を片付け、晩ご飯を作り、お弁当の下ごしらえ。 毎日時間に追われていてクタクタだった。 世の中の兼業主婦の皆さまを心から尊敬
しまふじ ますみ
184
2

①『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その1(シングルになった経緯)

人生なんて、何が起きるか予測不可。 地元公立中学の、初回英語授業のことだった。 「This is a pen」を、教師に当てられ、前から順に発音していく。 一人ひとりに、「Very good!」とか「Good」なんて 新米英語教師で担任の女性教諭が応えていく。 わたしの番が来た。 「じすいずあーぺん!!」 言えた〜〜!! 「ha?」と教師。 その後何度かの、「じすいず」のリピートののち、 美しい女性
m m
81087
12

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇

 学生時代から、自分の周りや雑誌、ネットなどで、「中絶」の話を見たり聞いたりするたびに、不快な気持ちになっていた。  同じ女性として、軽蔑さえしていた。  まさか自分が 当事者 になるなんて、思いもよらなかった……。  この話は、 胎盤が1つにつながった三つ子 を自然妊娠し、 NICUが足りない こと等を理由に複数の病院から受入を拒否され、最終的に中絶を選んだ私が、その経緯、その後自分の身に起こった
阪口 ユウキ
5118
50

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している阪口といいます。 2012年7月に出国以降、東南アジアとヨーロッパの7ヶ国に住みつき、現在も旅をしながら、旅資金を稼ぐ生活を続けています。 しかし三年半前、 僕は鬱病で仕事を辞め、起き上がることもできない状態にいました。 今日は、鬱病で寝たきりの状態から、どうやって世界を飛び回る力をつけたのか、お話させていただきます。 ※この話は2014年4月、朝
阪口 ユウキ
2831
20

【男が道に迷ったら】とある石油会社の重役に、利根川で鯰を釣りながら教わった人生の指針。

男はな、○○をしていないと、何を見つけることも、何を手に入れることもできないんさ。 こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している、阪口といいます。 今から3年半前、僕は重い鬱病で、半年ほど寝たきりになっていた時期があります。 そのとき、利根川の桟橋で、 とある石油会社の重役である「伊波さん(仮名)」 という方と釣りをする機会がありました。肩を並べて釣りをしながら、 男が道に迷ったときはどうす
阪口 ユウキ
41422
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)

書きかけのストーリー

Hama Tomoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|