STORYS.JP

山田 知寛

建設業+サービス業@11年目@防災@斜面災害@楽するためには可能な限りの時間を尽くし、手抜きのためには努力をおしまない天邪鬼。

ストーリーをリクエストする

山田 知寛の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

堀口 悠冴
2598

ブラック会社の最高経営責任者になった。28回

ある女性「ゆーご君。久しぶり。遅れてゴメンね。」 私「あまり気にしてないからいいよ。それより友達は?」 ある女性「遅れてくるって。先に二人だけで向かっておいてと言っていた」 私はこのとき、うすうす気が付いていたのだ。友達は来ないと言うことを この旅行はこの女性の二人だけの旅行になるということを この女性はのちに妻となる。 京都出発して日本海側から鳥取に向かう。鳥取から境港へ向かいそこで一日目はそこで
馬場 猪木
6190
2

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 9

彼の目には、日増しに殺意が宿っていった(1)|潰れかけの小太りを再生させた罪。 「自己都合のリストラ」という、なんとも理解し難い仕事を言いつけられて1週間あまり。今回は最も印象深い処刑の話をしたい。 気は弱くて力持ちでもない関取くん わたしの心に一連の出来事を、強烈に焼き付けたのは彼との出会いと別れがあったからだと思う。彼は昨年(リーマン・ショックが起きた年)の夏に、わたしのグループへと異動してきた
Kei Sen
404
15

地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。その後

 函館から帰り、数日後 私を苦しめた左胸は大分おさまっていたが、 まだ心臓に何かを巻かれているような違和感は残っていた。 それが突然 パリン!とガラスが割れるような感触がして 心臓が元に戻り、温かい血液が体中にめぐるのがわかった。 お墓が直ったんだ! その日の夕方、石材屋のおばあちゃんから電話があった。 おばあちゃん お墓なおったわよ。写真も現像次第おくるわ 私 ありがとうありがとうありがとう! お
長野 亘孝
409
4

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑧

無職誕生 いつもありがとうございます! ①はこちらからどうぞ 前回は紙芝居張りに動きがなくすいませんでした。 ただ、心の動きを追ってくれた方もいてくれて嬉しかったです。 いつものみなさん&新しいみなさんありがとうございました! ナガノノブタカ 就職活動を始めた時はこう思っていました。 「就職できへんなんて別世界の話やろ~」 あかん、別世界の人間になってしまった。 これから人に職業何て言ったらいいんだ
大貫 恵
11064
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
堀口 悠冴
2610

ブラック会社の最高経営責任者になった。25回

眼鏡の大柄の男「マルクスの資本論曰く、資本主義が進むと労働者は孤立していく。」 眼鏡の大柄の男「全ての労働者は連帯して、資本家に対して勝利するのだ」 その大柄な男は私達の作業現場のすぐそばで拡声器で叫び始めた。あっけにとられた。まさか21世紀が経過して十数年。いまだにマルクス経済学を引用する人がいるとは。 人から「マルクスの資本論曰く・・・」なんて演説を聞いたのはこれで二度目だ。学生の時以来だ。 か
堀口 悠冴
3575

ブラック会社の最高経営責任者になった。14回目

「文学とは自分を熟成させる手段であり、自分の過去を振り返らせる手段でもある。」 好きな音楽を語るとき、作品そのものよりも作品との思い出を語る人がいる。「この曲は恋人と一緒に聞いた」「自分が初めて購入した曲」「自分の重要なイベントで流れた曲」といった具合だ。 音楽を語るとき自分の過去の思い出を振り返るように、実は文学にも同じ役割が存在している。「この作品は○○さんに紹介してもらって購入した作品だ」とい

書きかけのストーリー

山田 知寛さんの書きかけのストーリーはありません

山田 知寛さんにもっと聞きたい話リクエストする

|