STORYS.JP

嶽本 智之

素敵な出逢いをプロデュース

言葉はちょっと誤解を生むかもしれないのでご説明。

出逢いにはきっかけとタイミングが必要だと思っています。
何の共通点もなくただ知り合うだけの人では印象にも残りません。

ご縁を繋ぐのに男女は関係ないと思っているので、
ビジネスの出会いもプライベートな出会いも、きっかけ創るのは
お任せあれ★

ということでざっと自己紹介。

大学を卒業後、上京。
・ぼやっと将来は起業
・社会出て何をまずは学ぶべきか
・世の中にはどんな会社があるのかという好奇心

企業はヒト・モノ・カネで成り立っていると浅はかな考えだったので
→モノ・カネを扱うリース会社を選択。
某リース会社にて法人営業。
初の東京暮らし(実際は千葉)にテンションが上がる。
見識・知識ともに大きく広がり、現在も色んなところで気づきを得ています。

実家事情なんやかんやあり、一旦帰省のため退職。
ここらの半年~1年は結構タフな一年で、後の世界一周に繋がるものがありました。

そして企業財務のエクイティ部分を知ることがまさに金融かなと
株式公開専門の証券会社にて審査業務。
こっちはリース会社の時とは違い(もちろん職種も違うのだけど)
企業について広く浅くではなく、広く狭く知るというのがぴったりかも知れません。
当時は商法→会社法、証券取引法→金融商品取引法に変わる大きな転換期の中で、新興市場も盛り上がってきたところに、ライブドアショックなど、時代の流れを実感。
ベンチャーにあるのは想い。企業にあるのは仕組み。組織を仕組み化していくことはスポーツでいうトレーニング、勉強でいうと塾や家庭教師みたいなもので、会社にもこういった仕事があるんだなと。

そんな中、30歳に金融という世界にいながらもドメスティックな金融に浸っている自分に刺激を与えるべく世界一周へ。
ちなみに海外旅行は初めてでした。
そんな中、リーマンショックとオバマ大統領誕生。

長くなったので以降は割愛(笑)

もろもろを経て、現在はオフィスバスターズという会社で
企業を組織にする仕事をしています。

ストーリーをリクエストする