STORYS.JP

荒海 敏也

荒海 敏也の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

荒海 敏也の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

MI KU
229
5

恋心に駆られた女子高生が、大学医学部の解剖実験に乗りこみ、遺体に靴下を履かせた話。

仕事も、恋も、何事も引き際が一番難しい。 早く引きすぎれば、逃げてしまったのではないか、もっとやれることがあったのではないかと、自分を責める。    ズルズルと続けてしまった場合は、決断力、方向転換する勇気のない自分を恨む。 引き際において、100点満点の答えはない。後悔はつきものだと、最初から織り込んでおくべきだ。     いつか、油絵を描く画家に問いてみたい。 最後の一筆はどこで、どんな心境で、
Ito Yasuna
233

「海外」を初めて見た外国人に東京を案内したら、全てが想像を超えていた話

皆さんは、訪日外国人を見て何を感じますか? なんか怖い? 声が大きい? 何考えているかわからない? 大量の荷物を持って、自撮り棒で写真を撮っている? 逆に、外国人は日本に来て何を感じますか? 今日は、日本旅行に来た従兄と東京観光をした とんでもない体験 を通して、日本に来た外国人が何を考えているのかの1例をお伝えしたい。 私 ・両親は台湾出身だが、日本生まれ日本育ちの26歳。東京在住。 ・中国語で日
Hori Aya
408

底辺な私がキャバクラで3ヶ月200万稼いだ時の話 2

底辺な私がキャバクラで3ヶ月200万稼いだ時の話 続きです。 1番じゃなくてイイヨネ 1 遊び方の上手な物腰の柔らかい人 2 物知り、お話好きで自慢したい人 3 あんまり喋らなくて、パッとしない人 4 女好きで酒好きでちょっと雑な人 5 すでにベロンベロンでキャッチに連れて来られたおじさん 6 5、6人くらいの団体の上司~下っ端のグループ 7 暴言多めのオラオラ系おじさん 8 20代でキャバクラ来て
Hori Aya
1064

底辺な私がキャバクラで3ヶ月200万稼いだ時の話

「中卒底辺な私が10年以上かけて這い上がってみた」 というお話のスピンオフです。 自分語りでスピンオフってどうなんでしょうね。あわわ。 キラキラ女子でもギャルギャル女子でもなく、 カピバラ顔の私がどうして3ヶ月で200万も稼げたのか? この話は「うふふ、私モテるでしょ」という自慢話ではなく 聞き上手になる方法と「人が欲しがる言葉」の見つけ方の話ができればと思います。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
山崎 理恵みりえ
287
16

22歳で無計画に会社を辞め、無資金で学習塾を開いた、【無謀女子な結末】は○○

星が落ちてきたわけでも、 胃の弱いお局様に意味のないことをねちねちと言われ続けたわけでも、 前頭部がまるで発光しているような上司に セクハラされたわけでもない。 ただ、 みりえ あきた。 【☆彡1、ただ、あきた】  30年前、その頃ちょうど男女雇用均等法なるものができた時代だった。  女の子は短大に行くのがふつうで、その後事務OLになるのがあたりまえだった。  短大を卒業して勤めたところは、会社の頭
Mami Yamazaki
631
23

地元から一歩も出たくなかった私が石垣島への移住きっかけに人生が様変わりした話

【引越し編】 1。ふられた まず、私がこの話で伝えたいことを書いておく。 ひとつめは、 何かを失うことはこわくないということ。 ふたつめは、 環境が変わることもこわくないということ。 みっつめは、 付き合う人が変わると世界が広がるということ。 私はあと半年で30になる冬。当時4年くらい付き合っていた彼氏にふられた。 ちょうどその頃、弟の結婚が決まっていた。 私はとにかく気を紛らわせるため、仕事とバイ
Love Juri
323
6

ナイジェリア人の旦那の為にアメリカの警察と戦った勇敢なる日本人妻

ある日の朝方3時半頃に車の警報が鳴り始めた。ナイジェリア人の旦那は自分の車の警報だと気付くとベッドから飛び起きた。するとなんとベランダの真下に駐車してある愛車から怪しい男がスピーカーを盗もうとしていたのだ! 旦那は直ぐに警察に電話をかけた後犯人を捕まえようと思ったのかアパートから飛び出て行った。私は当時3歳の息子が眠っていたので警察もくるし大丈夫だろうと様子を見守っていた。 しばらくすると警察が来た
國本 昇吾
142
4

普通の大学生が、2040年に消滅すると言われている896市町村を救うための挑戦をしている話

■自分の”まち”がなくなる!? 「2040年に、日本にある896もの市区町村が"消滅"するかもしれないんだって。」 そんな話を聞いたのは、2014年の夏。 その時、僕の頭の中に浮かんだのは、母方の祖父母の実家がある北海道苫小牧市の光景でした。 小さい頃は活気があった駅前も、いまはほとんどがシャッターが閉まったシャッター商店街。近くに新しくできた大型量販店に、お客さんは流れていってしまう。 もしかした
Suzuki Nana
567
6

【娼婦の少女がみた青い空】父宛に贈られてきた娼婦の少女の物語・父の想い出②

父が仕事でシンガポールへ行った時のこと。   ホテルに戻ると、取引先の会社からプレゼントがあった。 それはなんと、一人の少女の娼婦・・・  よっぽど、日本人のビジネスマンにはそういうサービスが喜ばれると思われているのだろうか。 そう言えば、ずっと昔、バイトしていた時に、 俺の血をひく子どもがフィリピンのどこかにいるはずだ、 などということを、平気で自慢するように話していたオヤジを想い出した。 まった
Suzuki Nana
10863
32

やくざを泣かせた5歳の息子の話

こころ を すまして みてごらん はな は はな として うつくしく あなた は あなた として うつくしい ただ それだけのこと が いとおしい あれは暑い夏の日のお昼過ぎ・・・ いつものように、2歳の娘を連れて息子の幼稚園へお迎えに行った帰り道。 「アイスクリーム、食べようか?」 暑かったので、三人で駅前のベンチに腰掛けて、アイスクリームを食べることにした。 そんな日常の一場面。 もし、あのやく

書きかけのストーリー

荒海 敏也さんの書きかけのストーリーはありません

荒海 敏也さんにもっと聞きたい話リクエストする

|