STORYS.JP

岡 利幸

私は株式会社I&Gパートナーズで取締役 兼 新規事業責任者をしております。
http://creww.me/account/toshiyuki-oka
個人としてはRailsやjQueryを得意とするプログラマで、今までの企画から開発まで携わってきたサービスは以下の通りです。
JobShare(http://job-share.net/) : 友達の会社の求人をシェアして、お礼金がもらえる求人応援サイト(2012/12/3リリース)
ProFinder(http://www.profinder.asia/) : Web系フリーランスと企業を人脈で結ぶソーシャルビジネスマッチングサービス(2012/3/12リリース)
今後も社会的に価値があり、多くの方に感謝されるようなWebサービスを作っていきたいと思っています。

ストーリーをリクエストする

岡 利幸の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

須田 仁之
1497
10

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

僕の職場は「戦場」でした。 毎日毎日、朝から晩まで、社内は燃えたぎっていた。 その熱は元々一人の事業家の「情熱」から始まったものですが、現場としてはそんなに美しいものではなく、「混乱」「焦燥」「窮地」から滲み出る「人熱の集合」みたいなものでした。 現場は常にギリギリの戦いを強いられ、疲労困憊し、 「おい、この件、どうなってる?担当の●●どこいった?」 「さすがに倒れてしまって病院いってるみたいです。
Suzuki Takuya
18407
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
Riney James
169
3

今だからわかる、Startup weekendの本当の意味

もし、Startup Weekendのイベントに参加していなかったら、今の私は存在しません。それはなぜなのか?これは、今の私達を作り出したストーリーです。 後にビジネスパートナーとなった拓郎と会ったのは、ちょうどJPMでのトレーニングを終えた頃の事でした。彼とは、会ってすぐに打ち解けました。(どのように出会ったかは“混浴で始まった開発:Storys.jp”を見てください。) 混浴で出会った日から、お

書きかけのストーリー

岡 利幸さんにもっと聞きたい話リクエストする

|