STORYS.JP

渡邉 司

渡邉 司の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

渡邉 司の人生のストーリー

たった一つの出来事で運命は変わる(絶望)

顧問 卒業までこのようなことがないようにいたします 生徒指導 きちんと司君を卒業できるまで守ります この言葉を信じて僕はまた練習をした。 しかし、現実はそう甘くはなかった。 6月僕は練習中に足に違和感を感じ、かかりつけの病院に行った。 司 先生、どうですか?ただの疲労ですよね? 医者 アキレス腱に炎症が起きています。しばらく練習は無理でしょう。 まあ長い選手生命、怪我の一つや二つは当たり前だろう。

たった一つの出来事で運命は変わる

司 将来、プロ野球の選手になるんだ! 思えばこの一言が、僕の運命を変えたのかもしれない。 カキーン!走れ走れー!!!! その音が僕を虜にするのに時間はかからなかった。 僕が9歳の頃、通っていた小学校から聞こえる金属音と大きな声。野球という名前は知っていたものの、実際にやったことがない僕は白球を追いかけている僕よりも身体が大きい先輩たちに憧れた。 司 ねえ、野球部に入ってもいい? 父 やるからには一生

たった一つの出来事で運命は変わる(挫折)

前回の続き 自分なんか生きていても意味がないんじゃないか そう思うようになっていった。 今でも時々思うことがあるのだが、自分は何のために生まれたのだろうと本気で思うことがある。 野球をやっていたときはプロ野球の選手になるために生きてきた。 プロ野球選手になれると本気で思っていた。野球のためならなんでもできる。 辛い練習も、勉強も、家の手伝いも。プロになれるならなんでもできる…。本気でそう思っていた。

たった一つの出来事で運命は変わる(勇気と上京)

前回の続き 野球が好きだ。 それだけが唯一の救いだった。 結局軟式野球部に移ることに決めた僕は当然両親からの許可を得なければならない。 そりゃそうだ。お金は親が出してくれる。もちろん授業料もそうだし、お弁当も作ってくれる。 何より、僕の野球の夢は両親の夢でもあったかもしれなかったのだ。 そう考えると、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいである。 生きているのすら申し訳なく感じることはこの時期ほぼ毎日思っ

読んでよかったストーリー

辻林 秀一
478
8

僕の職業は“妻の夫”です

「この世で一番の幸せは、“家族をつくること”」 僕は、そう考えています。 だから、本業を 『妻の夫』 にします。 僕の家は、江戸時代から400年続く旧家です。 そのために、『家』(家族・家系)というものに、 イヤと言うほど向き合わされて来ました。 「あんたが、長い歴史のあるこの家を背負うんや。  将来、家族を守るんやで」 一時はそれを激しく拒絶し、 家から脱出したこともありましたが、 今は 「家族を
高原 千晴
397
16

休学中の大学生が、縁もゆかりもない地方都市でバーテンダーをしてみた話 - 3 -

「話題のストーリー」になりました。 はじめに。 休学中の大学生が、縁もゆかりもない地方都市でバーテンダーをしてみた話 - 1 - が「話題のストーリー」仲間入りしました!ありがとうございます。 最後の更新です。かっこ悪いラストで大変申し訳ないのですが(笑)、ぜひ。 ひとりが好きな人がなる職業 働いていたお店には、常連さんがたくさんいました。 Mさんに言われていたのは、「僕やYを気に入ってお客さんは来
ゆかわ かずき
2105
71

うつ病になりたい人へ

「うつ病になりたくありませんか?」 いきなり不謹慎ですが初めまして。 僕の名前は湯川和樹です。 2013年9月24日から2014年6月28日現在の約9か月、僕はうつ病で会社を休んでいます。 仕事には行っていませんが会社でのカウンセリングを週に1回と心療内科の受診を月に2回行っています。 昨日までは家で妻と10か月になる子供とのんびり暮らしていましたが、3日ほど前に発作が出てしまい妻の負担を大きくする
安藤 菜々子
884
37

パパが仕事を頑張れる理由

私のお父さんは今単身赴任中です。 今は単身赴任中ですが、元々は家族で 転勤族 をしていました。 私が生まれた時は香川県にいて、高知に移って、また香川に戻って、横浜にきました。 私は幼稚園に3つ行きましたが、それが普通のことだと思っていました。小学校も途中で1度転校していますが、それが普通だと思っていました。 途中でみんなには「幼なじみ」というものがいると知って、びっくりしたくらいでした。 パパは(お
畠 由起子
806

パリ留学時代に経験したセレブ生活

私の人生を変えた出会いについて書きたいと思います。 私は25歳のときフランス、パリに留学しました。 留学費は自分でアルバイトして貯めました。 大学で仏文学を学びながら、夜は日本料理店でアルバイト。 ある日、お店に韓国人のお客さんがやってきました。 彼は日本語がペラペラで接客するうちに、私を気に入ってくれたようでした。 「フランス語話せるんでしょ?」と彼が聞きます。 勿論、大学は仏語専攻でしたし、今も
永井 隆太
92

名探偵コナン前夜:デビュー直前の青山剛昌にサインを書いてもらった。

とにかく、人と出会うことだけには才能のある私は、 日大の慢研で、池袋のコミケ的なイベントに 出展していた青山さんと会っている。 昭和な時代のことだ。 なんと、その奥付には、連絡ように当時済んでいた アパートの住所が記載されていた。 (当時は、割と一般的だった) 内容は、さらっとした短編と仲間の寄稿が中心で 表紙はももこ。 当時、青山さんは菊地桃子が好きだったのだよ。 当時から、絵のセンスとコマ割りが
荒牧 国晴
606
7

東大法卒32歳が何も考えずに起業して1年経った結果

何も考えずに仕事を辞めました。 仕事を辞めるとき、普通だったらなんらかの準備をしておくもの。 私の場合、「“いま”の自分を変えたい」想いが強かった。 だから、何も“先のこと”を考えず、仕事を辞めました。 安定した職をなげうち、 自分の足で立ってみようと決意してからの1年間を 振り返りたいと思います。 ●なんでもできると思っていた1ヶ月目 「こんなこといいな できたらいいな」 スタートは、まるでドラえ
川和田 直之
1059
26

世界一過酷なサハラ砂漠240kmマラソンで、5km走って息切れするモヤシ男を完走に導いた、心が震えるたった一言の応援メッセージ

僕はサハラ砂漠をひとりで歩いていました。 4月10日深夜2時、僕はサハラ砂漠の深い闇の中にいました。 今日はレース4日目。 スタートから17時間も歩き続けています。 でも、不思議と痛みや疲れはなく、とても穏やかな気持ちで、心は笑っていました。 辺りは光のない闇の中。 でも、僕のまわりだけ、スポットライトが当たっているように明るく感じました。 極度の疲労で幻覚を見ているのかもしれません。 僕は、この不
青峰 隆
259
14

青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(最終話)

青い空の下 青に囲まれながら 青Macで → 第一話 → 前回の話 財布を買ってから1年後、海外移住しました 結婚式が終わって 海外移住が決まって 新婚旅行へ行って 両親や友人に報告し すぐに移住と行きたかったのですが 会社に迷惑はかけたく無いと 引き継ぎを3ヶ月かけて行い 2012年8月31日。海外移住をしました。 青い財布に変えたのは 2011年8月1日。 財布を変えてちょうど1年程の出来事です
水本 敦則
485
8

絶対に破れない約束

僕には、絶対に破れない約束があります。 約束の内容は、あまり具体的ではなく、明確なゴールが合わるわけでもないので、他の人からはあまりわからないのですが、自分にとってはめちゃくちゃ大事なことなのです。 では、その約束は何かについて書く前に少し前提となるお話を書いておきます。 今から9年前のことです。僕は自分の人生がどうにかなってしまうのではないかと思って、毎日を過ごしていました。 その3年前に京都の美

書きかけのストーリー

渡邉 司さんの書きかけのストーリーはありません

渡邉 司さんにもっと聞きたい話リクエストする

|