STORYS.JP

livedoorのストーリー

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(1)

※諸説、色々あると思いますが、1平社員の目から見たお話として御覧ください。 ( 2014/8/20 宝島社より書籍化されました!ありがとうございます ) それはテレビの中の出来事ではなかった・・・ あれは、2006年1月。当時、六本木ヒルズの38Fにて、携帯サイト(今で言うガラケー)のWebディレクターをやっていたときだった。自分の年齢は33歳だった。 いつもどおりにお昼を食べ終わった15時くらいだ

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(2)

去っていくナショナルクライアント 強制捜査が入った翌日も、何事もなかったように出社した。淡々といつもの仕事についてる人が多かったように思う。 担当しているのはインターネットサイト。24時間365日無休のビジネス。止める訳にはいかない。 そんな中、最初に事件が起きたということを実感したのは、会社のイメージダウンによるお客様への影響だった。 今ほどアドテクノロジーが進化していない当時、ポータルサイトの主

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(3)

去りゆく社員、残る社員、そして入社してくる社員 事件前の頃にはマスコミに取り上げられることも多くなったせいか、毎月毎月、入社する社員数がうなぎのぼりに増えていっていった。 入社のタイミングは、普通の会社であれば毎月1日、とか決まっているのだが、それでは追いつかないので、その都度その都度、入社してくる状況だった。 事件後は、「みんなどんどん退職して、社員数は半分以下になったんじゃないのか?」、みたいな

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(4)

なにはともあれ、社員採用だ 復帰して最初に取り組んだのは、いわゆる人事業務における、『 中途採用 』面の立て直しだ。 いや、立て直し、というよりは、 0からの構築 という方が近いかもしれない。 当時、新卒採用の前例はなかったし、何年後かの春の入社まで待っている余裕もなく、社内での育成の実績もなかったので新卒は一旦あきらめ、中途採用を行うことにした。 一般的な企業の中途社員の採用方法としては 自社We

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(5)

ホリエモンとたった一度の会話 ちょっとここで寄り道。 そもそも私が堀江氏を知ったのは、(今はもう休刊してしまった)「 月刊ASCII 」という由緒正しいパソコン雑誌の中で、なんとなく目に止まった、とあるインタビュー記事で見かけたことがきっかけである。まだlivedoorになる前の、オン・ザ・エッヂの時代だ。 印象的な作風で、その後、映画まで制作するようになるCGクリエイター「 新海誠 」についてや、

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(6)

「再出発」 そして「再構築」 採用の話を少し書いたが、前向きな話ばかりではない。 そう、リストラだ。 リストラとは、そもそもの意味は「 リストラクチャー=再構築 」からきているのだが、世間では単なる「 首切り 」としての意味合いが強いように感じる。 何が起きてもおかしくはない状況だっただけに、知らされた時には、「自分の会社がリストラをやるのか・・・」と、あまり強いショックを記憶はなく、もしかすると漫

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(7)

彗星のごとく現れた小僧という名の大人 事件後、自分にとって大きな影響を与えたのは、 平松庚三 氏との出会いである。 ホリエモン (事件直後)私に何かあったときには、その時は、会社のこと、みんなのこと、よろしくおねがいします。 平松氏 (・・・・) ホリエモン (次の予定があり、そのまま退室・・・) 事件後、こんなやりとりがあったらしい。 ボクがライブドアの社長になった理由 (ソフトバンクビジネス)

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(8)

メジャーになれなかった新規事業たち 事件後しばらくして、新規サービスを立ち上げていこうという機運が高まり、社内コンペなども活発に行われた時期があった。 なにしろ、社内にディレクター、エンジニア、デザイナー、マークアッパー(HTML、JSコーダー)と揃っているのでちょっと集まって手を動かせば、さくっとネットサービスを作ることができる環境がゴロゴロしており、 短期間で次々と 立ち上がった。 いくつかご紹

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(9)

これからWebの時代だっていうのに紙メディアという編集長との出会い 東京IT新聞 というメディアをご存知だろうか。 その名前の通り、主に都内IT企業向けに配布されているフリーペーパーで、ちょうど事件後頃に創刊して、当時、井上さんという編集長とたまたま出会った。 とても面白い方で、事件のことなど関係なく、まだ誌面に空きがあるので広告とさらに連載枠をいただいた。(交渉して1枠定価25000円のところを先

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(10)

そして六本木から、次なる地へ 一番の理由は分からないが、六本木ヒルズから移転をすることを急遽知らされた。 まず、ヒルズへの移転当時、まだ全フロアが埋まっていなかったためか、多少値引きされて坪単価が確か4万円/月くらいで、 毎月1000万円くらいの家賃 を処理していた(事件後は自分が請求書処理担当だった) 高いと思うかもしれないが、近くのマンション(レジデンス)が200万/月の家賃の部屋もあるというの

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(最終回)

体質改善を追求し、黒字化へ邁進 赤坂へ移転後も引き続き、不採算事業を1つずつ見直し、注力する部分には選択と集中を図った。 livedoorメールにGmail採用 「黒字化へ最後の一押し」 今でこそ、オリジナルフリーメールアドレス事業を継続しているところは少ないと思うが、2007年7月時点で潔くlivedoorメールサービスをGmailへ転換した。得意なところに、得意なことは任せる、という話だ。 何で

書きかけのストーリー

小林 佳徳さんの書きかけのストーリーはありません...

小林 佳徳さんにもっと聞きたい話リクエストする