STORYS.JP

山口 陽

山口 陽の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

山口 陽の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

沢城 アリサ
286
2

76歳の父が18歳の娘に語った、生き甲斐、人生。

高校3年生になって進路に悩んでいた。どうしても芸術系の大学に行きたかったのだが、母が失業した。それからというもの働かずにずっと家にいる。よって高校の学費、大学の学費全てを自分で賄うこととなった。芸術系の大学は学費がとても高く、年間200万も払って進学しよう。とは到底思えなかった。何も勉強は大学でしなくてもいい。でもそんなことを言えばそもそも大学へ行く必要なんてあるのか? いろいろな思いが交錯していた
大貫 恵
128291
16

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

暗い話ですいません。 最初に謝っておきます。 暗い話です。嫌な話です。 ですが死は誰にでも訪れ、それはどのタイミングでやってくるのかわかりません。 これは私の主人が脳出血を発症し、急逝した時の「私の行動と心情をまとめた話」です。 命に関わる病気をいきなり発症する確率は誰にでもあると思います。 もし身近な人にそれが起こったとき…この話が少しでも役に立てば…。 まずは、私の旦那がなぜ死ぬことになったのか
町田 龍馬
3196
9

若者は絶対に知っておくべき日本の将来(2017年2月更新)

厚生労働省の印象操作によって、ほとんどの若者は気づいていないが、日本の若者の将来は絶望的だ。その理由を説明するので、真剣に考えて行動してほしい。 平成28年度(2016年)のデータを見ると、歳出の中で最も多くの割合を占めたのは「社会保障関係費」である。 (上画像は、 国税庁 より引用) 社会保障関係費の内訳は、以下の通り、金額順に「年金、医療、社会福祉、介護、少子化対策費」となっている。つまり社会保
Coco Nozzie
6417
25

ホワイト企業に絶望して入社3ヶ月で『退職』を決意するまでに感じたこと。

『これで人生からも卒業だな!』 2013年3月22日、一人の友人が放った言葉が今でも耳から離れないでいる。 その日、僕たちはいつもと変わらない様子で何気ない会話を楽しみ、驚くほどあっさりとした別れの言葉を交わし、それぞれの道へと歩き出していった。 いつもと違っていたのは、僕たちが着ている服だけだった。古いデニムをはきつぶしていた友人はスーツを息苦しそうに身にまとい、ミニスカートがよく似合うあの子は華
Kinjoh Narumi
376
19

好きなように生きてはいけないのか?

わたしは決断のシーンに直面している。 今の仕事をするのが、非常につらい。 自分の興味や価値観からかけ離れた仕事をしている。 性に合わないというか、なにか根本から、心と体がそれを拒否している。 そういうことで、働くこととか、生き方とか、そういうテーマの本を読みあさり、ネットサーフしたりする。 自分に都合のいい意見に出会うと、 「こんな生き方してもいいんだ!」と勇気づけられ、 厳しかったり、図星な意見に
渡辺 健一
272

趣味で生きていかれるのか・第2回・サラリーマン編

さて、書きましょう!  サラリーマンさんに「趣味で食べていこう」というと、関心があるくせに「自分にはできないよ」となることがほとんどです。   あら、寂しい。  どういうことでしょうか?  まず、趣味で食べている人が居るのか居ないのか、それが特別なのか普通なのか、そこが重要ですね。たとえば「釣り」は趣味ですね。釣りで食べている人がいるのでしょうか? でも、釣り具屋さんは立派な職業ですね。同じ釣りなの

書きかけのストーリー

山口 陽さんの書きかけのストーリーはありません

山口 陽さんにもっと聞きたい話リクエストする

|