STORYS.JP

Tetsumi Yamaguchi

Tetsumi Yamaguchiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Tetsumi Yamaguchiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

笠井 レオ
3194
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
Sasaki Shin
2110
39

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

◆落ちこぼれだった高校時代 高校時代、私はおちこぼれでした。どれくらいおちこぼれだったかと言うと、全国模試で数学の偏差値が38、おまけに足首を捻挫しているのがクセになっているので運動もまともにできない、彼女はいない、青春の思い出はゲーセンでのメダルゲームだけという素晴らしい灰色オレンジ・デイズを送っていたわけです。 とはいえ、最初から落ちこぼれだったわけではありません。高校受験をしていた時は第一志
阪口 ユウキ
38290
210

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
小金渕 佳江
162
2

「研究職には就かない」と決めていた就職活動

「うちの会社、大学院までやってきたこととぜんぜん違うけどいいの?」と、面接で言われるのは当たり前だった。そもそも私の学んできたことは、産業応用できないのだ。 私が専攻していたのは自然人類学と言って、「ヒトとはなにか?」という疑問について理系の手法を用いて追求していく分野だ。手法としては骨格を計測したり、DNAを分析したり、様々な統計手法を用たりする。今では多くの人が耳にしたことがあるだろう『人類がア

書きかけのストーリー

Tetsumi Yamaguchiさんの書きかけのストーリーはありません

Tetsumi Yamaguchiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|