STORYS.JP

室田 泰文

プロフィール

京都大学大学院 工学部卒業 1998
富士フイルム 研究員 1998-2003
思想家、個人投資家 2003-2012
体験農園 自然農園ビヨンド代表 2012-


脱サラしてから、人生について、幸せについてずーっと考えてきた。
なんと9年も定職につかずに思想家として朝から晩まで探求していた(バイトさえせず)。

そして、最初はまったく信じられなかった超能力や遠隔気功、思考の現実化など、偏見をなくして実際にやってみたら、なんとどれも自分でできてしまったではないか!

それ以外にも偶然とは思えないような出来事を数多く経験し、人生観、価値観がガラっと変わった。

そして、「目の前で起こる出来事はそれほど確固たるものではなく、心のあり方次第でバンバン変わるものだったんだ」と気づいた頃から、不安や心配を感じることが次第に少なくなってきた。

『不安や心配を超えた(=Beyond)状況』というものを実感し出したのだ。
自分自身、常にその状態にいれるわけではないのだが、このような状態があるんだと気づけたのは非常に大きかった。

そこで、『思想家として得た学びを人生において体現しよう!』と思い、実際には何をすればいいのだろう?と考えていた。

そんなある日、突然頭の中に”畑を手に入れ、農園を作るのだ”という考えが降ってきた!
畑にはまったく興味が無かったし、農業についてもまったく知らなかったので「??」という感じだったが、その頃には既に自分の”直感”や”お導き”には素直に耳を貸せるようになっていたので、「とりあえず始めるか!」という運びとなった。

こうしてできたのが自然農園ビヨンドである。


【背景】
会社員時代、家庭よりも仕事を優先するのが当然だという風潮に強い疑問を感じて退社。

”仕事とは何だ?一番幸せになるにはどうしたら良いのだろう?”
ということをひたすら模索し始めた。

最初に考えたのは、『自分で会社でも作ってお金を沢山稼ぎ、そのお金で貧しい国などに学校をバンバン建てて行こう』というもの。

ソフトバンクの孫正義さんが、起業の際に2000冊ほどの本を読んだというのを知り、自分も手始めに2000冊ほど読むことにした。

が、、、
思いのほか本を読むのに時間がかかる。簡単な本ならすぐだが、自分が今まで読んだことがないような内容の本は調べながらでないと理解できなかったりするためにものすごく時間がかかった。

そこで、「速読」について学ぶことにした。
目を素早く動かせとか大変そうなのもあったが、一文字ずつ読むのではなく、絵のように見るようにすれば早いとか、潜在意識に直接入力するためにピントを外してぼんやりと見るだけにしろなどという”フォトリーディング”というのには興味を持った。

それについて実践練習をしながら色々と調べていくと、ソフトフォーカスが出来るようになると今まで見えなかった幽霊が見えるようになったとか、夜道でも普通に歩けるようになったとか、ついには本を見もしないで波動で?読めるとかにわかに信じられないような情報が出てきた。

最初は”そんなバカな!”と無視していたのだが、面白いことに1000冊ぐらい色々な本を読み進んでいくと不思議な共通点に気づいた。
成功していると言われる人達のなかには、”直感”を大事にしていたり、”夢で得た情報”に重きを置いていたり、”見えない世界からの情報”に耳を傾けていたりするひとが非常に多いのだ。

作曲家などは頭に勝手に浮かんでくる曲を楽譜にしただけだと言うのは聞いたことがあったが、作家でも同じ事を言っている人がいた。なんと、推理小説なのだが書いている本人が「犯人は誰なんだろう?」と呟いたらしい、、、。
まさに、自分で書いているわけではないということなのだろう。

圧巻だったのはインドの数学の定理を幾つも発表した人の例だった。
額もない一般人が夢で女神に定理を教えてもらったといって幾つも発表したが、周りからは「何だあいつ?わけわからんこと言っているぞ」と思われたようだ。

しかし数学者が検討してみたところ、数年後に本当に正しかったことが証明されたという。

こうなると『偶然』の一言で片付けることは出来無くなってくる。
私はそれまでまったく信じていなかった『見えない世界』について偏見を持たずに検証してみることにした。

こうして私の思想家としての人生が始まった。
そして「自分の会社を作ってまずはお金を手にしよう!」という考えは次第に薄れていった、、、

ここからは凄いドラマチックな展開となった!映画になったら凄い面白いんじゃないか?

驚きの出来事が色々と起き、人生観がガラっと変わってしまったのだが、凄い長い話になるのと、一般的な内容ではないのでここでは割愛させていただく。
またいつかポロポロと書いていくかもしれない?

ストーリーをリクエストする

室田 泰文の人生のストーリー

入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話

こんにちは。山梨で『 自然農園ビヨンド 』という体験農園を営むヤスと申します。 今日は自分が富士フイルムで働いていた時のお話をします。 実は私、入社試験には落ちていたんです(^_^;) しかし!自分の素直な気持ちを面接官に話したら、三人の面接官すべてが不合格を合格に切り替えてしまったのです! そして、更にそのような話が人事部の部長の耳に入り、部長と直接個別にお会いする機会を持つことに。自分の性格を理

言われたことをただやるよりも、自分自身がやりたい!と思うことをやるのは非常に楽しいです!そして、それは説明すればわかってもらえるんですよね。実は高校時代もそうだったんですよね、、、、 これはまたstoryとして書くかも。

『好きな事しかしないが、それには情熱を傾ける』自分の性格を人事部の部長が認め、富士フイルム入社後に何でもありになった話~退社までの流れ

このstoryは 『入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話』 の後編です。 【前回までのあらすじ】 ”好きな事しかしない”ヤスは大学時代、バスケットボールや語学学習(英語やドイツ語など)に明け暮れていた。化学が専攻だったのにもかかわらず、化学に関してはあまり勉強していなかった(その割に大学院まで行っていたが、、)。富士フイルムの入社試験で

自分の想いはストレートに表現しよう!

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.1 ~懐疑からの始まり~

思考は現実化する?! 私は 精神世界などにはまるっきり興味なかったばかりか、『怪しい!!』と拒絶反応を示すほど だった。 そんな私が、いろいろあって『思考は現実化する』かどうかを真剣に確かめてみたくなった。 『確かめるしか無い!』 そういう衝動が沸き上がってきた のだ。 外に仕事にも出ていなかった 自分は、この探求をメインの活動にすることにした。 『これが本当だとしたら、、、、仕事なんてやっている場

こんなのに本気で何年も取り組むというのはなかなか難しいかもしれません、、、しかし!その先に広がる光景はまるで別物になってしまうのです~

『0点なんて最高じゃん!』何でも遊びにすることで、高3の半年で偏差値が31から75まで上がってしまった話 ~顔が輝かないようでは実力は発揮できないよ~

「勉強する暇はありません」 高校時代、自分はバドミントン部に所属していた。丁度数年後にオリンピックの正式種目にもなるという噂もあり、自分はそれに出るぞ!とトレーニングをしていた。 自分は 熱中するとそればかりやる傾向があり、授業中も筋トレをしていたりと朝から晩までトレーニングばかり 、、、 そんな自分は当然、成績はよろしくなかった。 心配してくれた担任の先生は個人面談を開いてくれた。 先生 「このま

ワクワクするような事をやろう!そうすれば物凄い力が発揮できるんだよ^^

『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

友達とお好み焼きパーティー 友達の家に四家族で集まり、お好み焼きパーティーを行った。 そこでは皆でいろいろな話をして盛り上がった。 夕方の6時頃から開始し、11時前頃に二家族が帰宅。 自分もそれに合わせて帰ろうとしたら、 「室田さんは、せっかく来たのだから私達の悩みを聞いて行って^^」 とのご依頼があり、そのまま居残ることに。 自然塾についての熱い議論! 奥さん(Nちゃん)は赤ん坊を寝かせに寝室に消

苦しみはそれ自身、悪いものではない。その苦しみがあなたを導くのだから、、、

失敗が『怖い』から『オイシイ』になっちゃった! ~価値観の変化~

失敗は恥ずかしい! 私の出身は神奈川。小学生の時から『失敗は恥ずかしいもの』という風に強く思っていた。 実際は思わされていたということだが。 なぜ、 失敗が恥ずかしいものと思わされるようになったかというと、失敗をすると周りがそれを馬鹿にしたり、見てはいけない物を見てしまった、、みたいな雰囲気を作っていたから だ。 幼稚園の頃まではそんな事は感じなかった。 失敗なんて言うものは当然であり、だれも茶化し

結局は自分の心次第なのですよね^^

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.2 ~自分で経験するしか無い!~

自分で経験するしか無い! 実はそれまでに、 『自分の感情に耳を傾けるべきだ!』 という 心の声が何度と無く聞こえていた 。 わかってはいつつも、ついつい本に手が伸びた、、、。 答えを内側ではなく、外に求めてしまった のだ、、、 今でもハッキリと覚えている。 ご飯を食べながらスピリチュアル系の本を読んでいた時のことだ。 「結局は、自分の感覚に耳を貸すことが出来るかどうかが鍵のような気がする、、、」 「

結局は自分自身で答えを見つけなくてはいけない。人に答えを聞こうという姿勢では、いつまでたっても壁は超えられない。

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.3 ~超能力?!~

超能力を試してみた 催眠術や瞑想を試した自分は、超能力についても試してみた。 心の変化(準備OK!) 『思考は現実化するのか?』、『見えない世界なんていうものは存在するのか?』という事を知りたかった自分は、超能力についても自分で試してみることにした。 『もし、科学的には証明できないようなこと、常識では考えられないようなことが起こったとしたら、、、それは面白いな!!そんなのもアリということになるからな

言葉(外国語)の壁の超え方 ~喋れなくても何とかなる。知らぬうちに理解できるようになる人との接し方~

外国語に苦手意識を持つ人は多いかもしれません。 しかし、 語学が堪能でなくても、実はわりと意思の疎通というのはできる ものなのです。 そして、『わりとイケルじゃん!』という気持ちになり、 苦手意識が薄れると、学習の効率はかなり向上 します。そして 上達することで 『うわ~、私かなりイケてる!』と思い、 モチベーションは更に向上する のです。 そして喜んで使っているうちに、次第に喋れるようになっちゃっ

難しいとか、通じなかったらヤバイとか、、、心配するよりは喋りかけてみませんか?実はわりと通じたりするのです^^

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.4 ~気功~

気功を試してみた とりあえず練習 超能力と似たような雰囲気を持ちつつ、何となく超能力よりも胡散臭さを個人的に感じにくかった『気功』についても自分で試してみた。 色々な方法があるらしく、本を読んでいると「えぇぇ?そんな必要あるの?!」と思うような作法なども多かった。 体を動かしながらやる動気功、動かさない静気功、内気功、外気功などのタイプが有り、とりあえずすべて試してみた。 静気功の一つとして小周天と

『気功』とか、一つの形式に拘る必要はありません。しかし、一つの得意分野があれば、そこから色々と気づき始めることも、、、

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.5 ~リーディング~

リーディングを受けてみた   きっかけ チャネラーによるリーディングというのを試してみたこともある。 その数年前の自分からしたら、「マジ?え?しかもそんなに高いの?詐欺じゃないの、それ、、、」くらいにしか思わなかっただろうな。 しかし、結果として このリーディングは自分の『信じる力』をアップするのに役に立つことになる、、、 色々と本などで読んでいると、各国で色々なチャネリングのような記事があった。

人からの意見には左右されないように^^ しかし、参考として聞くには物凄く力になることもあります。

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.6 ~過去の検証~

過去の検証 1)心境の変化 催眠術、瞑想、超能力、気功、リーディングなど、 実際に自分で本気で試してみたところ、自分の中での価値観といものはかなり変わった! ~関連記事~ 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるvol.2 (催眠術、瞑想) 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるvol.3 (超能力) 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるvol.4 (気功) 『思考は現実化する』が本当かを突き

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.7 ~思考実験~

『出きっこない!』と思っていたことが、本気で取り組んだら出来てしまったり、、、 今までの自分の人生を振り返っても、どうも自分の『心』は目の前の現象に大きな影響を与えていたようだった。 『思考は現実化する』というのは本当なのだろうか、、 私はこれに対するはっきりとした答えを得るべく、更に一歩進めてみることにした。 具体的に言うと、『思考実験』をしてみたのだ。 超能力の実験などで得た知見から、『本当に心

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.8

思考実験において10台のジャガーを見せてもらいながら も、 やはり自分は確信が持てなかった、、、 本当に自分の『思考が現実化した』のかどうかということに、、、 その後も瞑想や思想活動を続けながら色々と自分なりに答えを探していた。 その際に行った他の思考実験もあるので、それを紹介したいと思う。 ちなみに、ここで紹介するような思考実験は頻繁にバンバンやったのではない。 ここは非常に面白いところなのだが、

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.9 (こんな事を続けていていいのか、、)

こんな事を続けていていいのだろうか、、、(疑いが晴れない) 『色々な事を実際に自分で試す!』事に情熱を傾けた結果、自分でもビックリするほどの成果が得られた。 「ま、マジかよ?」と思うようなことが何度も起こった。 しかしながら、自分の心はまだ全然晴れてはいなかった、、、 「確かにこれまでの出来事は偶然ではないかもしれない。しかし、、、」 自分の中では、不安や懐疑が渦巻いていた 。 自分の描いたイメージ

インド滞在時に「詐欺被害に気をつけろ」との記述を読み、敢えて実際に試してみたら、素晴らしいドラマが展開された話 ~話せばわかる~

大学院を卒業する際に卒業旅行としてインドに一ヶ月一人旅をしたことがある。 これはその時のお話。 耳かき詐欺に注意?! 『地球の歩き方』というガイドブックに、ある公園において『耳かき詐欺』の被害が多発しているので気をつけろと記載されていた。 たまたま自分はその公園に来ていたので、その記事に興味をもった。 『耳かき詐欺』?なんだそりゃ?被害多発だけでは、なんのこっちゃわからないな。 どんな詐欺なんだ?

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.10 ~繰り返される神秘体験~

気づくと信仰(信じる力)は心のなかに! 『信じる力』が得られれば、自然と目の前の現実は自分の望むものに沿ったものになるだろう、、、 過去を振り返っても、心から信じることができたことは実際に目の前に現れていたので、自分は『信じる力』を手に入れたいとずっと頑張っていた。 『信じる力』を得るのは非常に難しく、長い年月はかかったものの、次第に自分の中で培われていった。 そして遂には、 目の前の出来事よりも自

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.11【完】 ~自分は何をするべきなのだろう~

思いは確実に現実に反映される! 長年の探求により『思考は現実化する』という現象を何度も目の当たりにし、神秘体験をも経験した自分の中にはこんな確信が芽生えていた。 思いは確実に現実に反映される! さて、心のパワーの凄さに気づいた自分は、それを使って目の前の現実を自分の都合の良い様に変えまくったりしただろうか? 結果から先に言うと実はまるで逆で、意図的に物事を変えようとしてハッキリと意志の力を使おうと思

出来ないあなたがやるから響くんだ!

これは自分が富士フイルムに入社したての新人研修での一コマ。 入社試験には落ちながらも、自分の想いをぶつけることで逆転合格してしまった私は、楽しい新人研修生活を送っていた。 ~関連記事~ 『入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話』 同期の仲間と富士急ハイランドへ 人と人との繋がりを重んじる自分は、研修中も同期との時間を大切にしていた。 研修

『決意の力』 こうするぞ!と決めた瞬間、感情や嗜好がガラリと変化! ~タバコの匂いは辛いものに変わり、異性への興味まで無くなってしまった話~

決意した瞬間に変わる! ~努力ではなく、覚悟!~ 自分は仕事にも出ずに真理探求に打ち込んでいた変わり者?である。 そんな私は目の前で起こる現象や、自分の感情などについて、何度も思い返したり、その背景を探ってみたりする癖があった。 そして、「あれ?」と思うことがあるたびに自分自身でそれを試したりしていた。 そんな中で気づいたことがある。それは 『決意した瞬間に変わる』 ということ。 悪癖を治そうと、「

インドの強烈な異文化に直で触れて得られた学び vol.1 ~インド映画の『突然のミュージカル化』の素晴らしさが、現地で鑑賞することで初めて分かった!~ 

これは17年ほど前、自分が学生の頃にインドに行った時のお話です。今とはかなり環境は変わっていると思いますのでご了承願います。 初めてのインド 19歳の女の子との出会い 大学院の卒業旅行として、私は インドに一ヶ月一人旅 に出ることにした。 そして行きの飛行機で一人の女の子(Aちゃん、たしか19歳)に出会った。 彼女は私の隣の席で、明らかに一人旅だった。 「こんな若い女の子がインドに一人旅とは、なかな

困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~自然農園ビヨンド誕生への路~ vol.1 「仕事とは何だろう?」

会社に疑問を感じて退社 大学院を卒業後、自分はエリート研究員?としてバリバリ働いていた。そこでは物凄い好待遇で、素晴らしい経験をさせてもらった。が、5年ほどして会社や上司の方の方針に疑問が生じてきた。 そして 『仕事のための人生』みたいになりそうだと感じた私は、会社を辞めることにした (アッサリ!)。 ~関連記事~ ・入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇にまでなった話

『本当の想い』に気づいてないから悩むんだ! ~気持ちが切り替わることで症状さえも引っ込む~

わざわざ 千葉県から高校1年生(Y君)が一人でビヨンド自然塾の 個別指南 を受けに やって来てくれました。同じ境遇で悩む方などの参考になればとの思いで、ここで紹介させて頂きます。 ちなみに個別指南は家庭教師程度の料金を徴収させて頂いております。 (幸せになるための根本的支援に関しては無料でさせて頂くことが多いですが、お客様自身で学べるようなことに関しては有償で支援) 片道三時間かけて、しかも安くはな

困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~自然農園ビヨンド誕生への路~ vol.2 「次第に『真理探求』へ」

『幸せのカタチ』を探しながら、自分はどのようにして起業しようかなどとも同時に考えていた。 起業ネタを探すために読書を始め、読書のスピードを上げるために速読に興味を持ち、更には右脳の可能性に惹かれて能力開発を始めることに、、、 左脳が邪魔しないようになれば、凄い能力が開花するのでは?!と言うことで研究しているうちに、 次第に興味は精神世界の方向へ(^_^;) ~関連記事~ 『思考は現実化する』が本当か

困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~自然農園ビヨンド誕生への路~ vol.3 「お金なんて幻想だ」

お金にパワーを与えているのは人々の『心』 前回、 人々に役立つ活動をするために『お金をパワーとして用いる』方針を取らなくなった経緯 を説明させていただいた。 そしてその 大きな理由として、”パワーを持つもののみが、人々を救うことが出来る”と言う印象をあたえるのが自分の本意ではない ことを挙げた。 今回は、『お金に対する自分の感じ方』について少し説明を加えたい。 お金は非常に便利な側面を持つ 。 お金

困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~自然農園ビヨンド誕生への路~ vol.4 「『農園』というカタチ」

Smile and Shine! 「う~む、、多くの人々はお金に安定を求めていてる。しかもモロに真面目な顔をして!『お金』よりも、もっとシンプルに『幸せ』を望むような環境を創って見せたら面白いぞ!」 自分が瞑想中に次のようなメッセージを受け取ったのは正にそんなタイミングだった。 『Smile and Shine!』 ~関連記事~ 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理

困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~ビヨンド自然塾誕生物語~ vol.5 『実際に行動に起こしてみると、、』

農園の名前を『Beyond』に 自分が農園を始めようと思ったのは、正に真理探求の真っ最中だった。 精神世界への疑いが薄れ、直感というものに対する信頼がかなり増しているタイミングだった。 自分が得た答えにほぼ確信が持てるようになり、実際にその心の持ち方ができるようになれば心が軽くなることだけは確実にわかっていた。 自分はその点について 人々に伝えていくことは決めていたが、この時、一つ自分自身にも課題が

インドの強烈な異文化に直で触れて得られた学び vol.2 ~線引の緩さ~ 

文化の違い インドでは日本よりも『所有』に対する線引が緩い感じを受けた 。日本では、知らない人のモノを勝手に触るのはタブーとされているが、インドではそうでも無かったのだ。 慣れない日本人からしたら、面食らう場面は多い^^ 交差点、相手の自転車を手で抑えながら 今は知らないが、当時、インドでは信号がないのが普通だった。交差点には車やバイク、自転車、牛を引いて歩く人などが雪崩れ込み、混雑をかき分けて自分

困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~ビヨンド自然塾誕生物語~ vol.6 『開園して気づいた事』

野菜を作って売るためではない 『お告げ』に従って始めた農園、、はっきり言って 何をするかとかはあまり考えていなかった (^_^;) ただ、自分としては 美味しい野菜が自然に育つような環境を創れたら良いなとは思っていた 。 実際に野菜をあまり好きではなかった子供達が、自分の育てた野菜は喜んで食べてくれたりするのを見るのは感慨深いものがあった。緑の野菜は食べれないと言われていた子が、ビヨンドの試食品を抱

困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~ビヨンド自然塾誕生物語~ vol.7 『気付き ~やはりそうだったんだ!!~』

研修生がやって来た 自然農園ビヨンドでの活動が段々と知られるようになり、研修生(I君)がやって来た。 職場を辞めたばかりの若者で、近くの農園にwwoofで滞在していたのだが、そこの農園のスタッフに 「人生の岐路で悩んでいるのなら自然農園ビヨンドに行け!」と勧められて ウチに来たのだ^^ 「農作業よりも哲学を学ぶ場所だよ」と伝えられていた I君は、不思議な思いでビヨンドに来てくれたとのこと。 実際、彼

困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~ビヨンド自然塾誕生物語~ vol.8 <完>『新しい文化を創ろう!』

ここまでのあらすじ 務めていた会社が忙しくなり、『仕事』のための人生みたいになりそうだったことに強く疑問を持った。そこから『仕事とは何だろう?』と考え始め、『どうせお金を稼ぐのであれば多くの人々が喜ぶようなことをして稼ごう!』と思い立つ。 しかしながら、『仕事とは何だろう?』の探求は段々と深まり、遂には『真理とは何だろう?』という精神探求への旅が始まる。 疑いの気持ちが晴れないながらも、死に物狂いで

「忙しすぎて、そんな暇ない!」という人ほど立ち止まって考えよう! ~内観があなたを変える~

私は自分の経験から、 人々に『心』に真摯に向き合うことを推奨しています 。 実際にこれが理解できれば、まさに 表情は変わり、体調さえも劇的によくなってしまったりする のです^^ しかしながら、実際に『心に向き合う』といっても何をしたらいいのか?と悩む人々が多いので、そのやり方を伝える活動を山梨でしております。 『今の現実(私)を変えたい!』 という強い想いを持っている人々に、なにか少しでもヒントにな

インドの強烈な異文化に直で触れて得られた学び vol.3 ~カースト制度~ 

カースト制度 自分がインドに旅行に行った時、話には聞いていたが、カースト制度というものが色濃く残っていた。 そして コレに接した経験は、後に自分が「お金を得て海外に学校などを建設して、不平等を是正しよう!」と思ったきっかけの一つ である。 結局はまるで違う方向に進むことになったんだけどね♪ ~関連記事~ 困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局

情報を追い求めるのをやめたら心が軽くなった! ~価値観の変化~

昔は幸せになるために情報を強く追い求めていた自分が、今では情報の少ない環境を選んでいる。そしてその方がずっと心が軽くなっている! 『価値観』が変化したからだ。 今回はその価値観の変化についてお話をさせていただこうと思う。 情報の洪水 昨今、情報があらゆる所に氾濫している。特に都会では電車や地下鉄などの乗り物内やデパート、商店街など、外を歩いているだけで様々情報が目や耳に入ってくる。 このような状況に

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

これからお話することは、多くの人にとっては信じがたいことかもしれません。証明するすべもありません。自分自身、何度も何度も、何年もの間「これは偶然か?」と疑い続けました。 信じるも信じないも貴方次第♪ はじめに 自分はひょんな人から精神世界に興味を持ち、物凄くまじめに、心から真剣に(それこそ死ぬ気で)探求に取り組んだ経験があります。仕事にも出ず、9年間の間、現実世界と心との関係について調べたり実験、探

イメージのチカラ ~色眼鏡を変えると人生が変わる~

あらすじ 何度も失敗が続くと、めげてしまうかもしれません。人はイメージに引きづられるのです。不安になるから腰が引け、成功確率が下がることにより再度失敗する、、、。こんなサイクルにハマる人も多いかもしれません。しかしこれは逆に言えば、良いイメージが頭にあれば、何度失敗してもワクワクしながら挑戦し続けることができるってことなんですよね!そのような変換を引き起こすことになった自身の体験をお伝えします♪ 初

読んでよかったストーリー

書きかけのストーリー

室田 泰文さんにもっと聞きたい話リクエストする

|