STORYS.JP

Ohgi Yasuha

Ohgi Yasuhaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Ohgi Yasuhaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

古新 舜
167
2

映画制作から従来の勉強とは違った学びの在り方に気付いた話〜シネマ・アクティブ・ラーニングを生み出すきっかけ〜

「映画制作には学校で学ぶ全ての科目が含まれている」 私は現在、映画監督として活動をしながら、映画を通じたワークショップを各地で開催しております。 そんな私ですが、実は、 元は大手予備校の物理講師であり、 映画業界とは全く縁遠い人間だった のです。 そして、映画を作る過程には、 学校の既存の科目とは全く違った学習方法 に気付いたのでした。 映画制作は、学校の新しいカリキュラムに成り得るのではと思えるよ
Sakura Teruko
227
4

【ニート道】借金300万抱えた私が上智大卒ニートになるまでの道のり【人生で大切なことって何?】

ニートって楽そう? そうですね。 毎朝心ゆくまでお布団にくるまっていられます。 ぎゅうぎゅうの満員電車に乗らなくてもいいんです。 でもニートだって戦っているんですよ。 え、何にかって? ニートには戦うべきものが3つあります。かなり強敵ですよ。 罪悪感 朝早くから働きにでる両親を見送るわたし。 罪悪感で胸が張り裂けそうなので、なるべく部屋に引きこもります。 明日 ニートは今を楽しんで生きています。 決
Hamanaka Takeshi
212
22

25歳の楽天的眉太男がワーホリでカナダに渡り、念願のブロンズ彫刻を学ぶ為に彫刻家の弟子となり、現地で師匠と2人展を開催。その後アーティストになった話。01

若者諸君!感性が豊かで身軽な若いうちに、冒険の旅に出てみよう。 私がお勧めするのは、ワーキングホリデー(外国に1年滞在でき、就労も可能)などの制度を利用して、一人で外国に行ってみるという事だ。誰一人知り合いのいない見知らぬ土地で、異文化の中で言葉さえもろくに通じず、全くのゼロから始まる生活が刺激的でないはずがない。そこで出会った人々や体を張って経験した様々な出来事は、必ずあなたの血となり肉となり、一
小俣 智子
34

ある獣医師がアーティストになって海外に出ていくまでの5年間の話。

2003年、私は獣医大学を卒業し、晴れて獣医師の免許を得た。 一般に誤解されていることだが、獣医師の仕事は「動物の治療」ではない。動物の治療を通じ、人の心を癒すことが、獣医師の仕事の本質である。これは動物に限らず、ヒトも含め医療に関わる職業すべてがそうなのだ。動物は自ら病院へは来ない。獣医師が診ているものは、家族の「心配する気持ち」であり、同時に人間ではない以上、金銭や介護にかかる時間のために「これ
Afia Naomi
11

【最終話】4月から無職になった31歳独身女子のライフストーリー#24

連日投稿していましたが、ここ一ヶ月以上は更新を止めていました。 仕事を辞めてちょうど3ヶ月。古い自分の一掃が終わり、次のステージに進む時が来たようです。 当初は、辞めて2ヶ月ぐらいの内に、次の仕事や稼ぐ道を歩んでいられたらと思っていましたが、頭で考えた予定通りに人生は進まないもの。 出会う人々や、そこから得る気づきは予測や予期できるものではなく、またそうした意図せぬ出来事によって人生は展開していくも
Yamamoto Yuri
418

実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 2 侵入編

訪問販売会社潜入記 2 ② 家に入る おばちゃんがアポを取ると、事務所の社員より携帯に連絡が入ります。 アポを取ってあるので、当然サンプルの配布までは簡単にことが進みます。 しかし、その後が重要です。 門前払いでは意味がありません。 私がやるべきことは、 「浄水器を売りつけること」 サンプルを渡す為に来たわけではありません。 ですから、まず難関の玄関を突破し、台所まで侵入しなければなりません。 なの
青井 硝子
26

一人の発達障害児が、健常への道を諦めて天才に至る道を選択する話 5

新しい世界、アヤワスカ・アナログ 複数の植物をお茶にして飲むことで幻覚が発現する。それがアヤワスカ・アナログ。アヤワスカというのはケチュア語で、つる植物の意味。ペルーのシャーマンが使う幻覚剤を指し、その幻覚剤を別の植物で再現しようとしたのが表題のそれだ。 煙遊びが高じて幻覚剤を再現するまでに至った。もはや吸ってもない。でもそれでいいと思っている。 青井 feiさーん fei はいはい。なんでしょうか
横山 明日希
301
2

「自分の価値が分からなくなった少年」

「自分の価値が分からなくなったことはありますか?」 こんな投げかけについて、本気で悩んだある少年のお話です。 -------- ごく普通の家に次男として生まれ、ごく普通に育った。 ごく普通というより、むしろ、何でもやりたいことをさせてくれる家だったのだろう。 「ピアノを習いたい」と言えばやらせてくれる。 「お寿司が食べたい」と言えば、回転寿司とはいえ、ちゃんと連れて行ってくれる。 2つ上の兄を、良き
福永 眞子
173

母を憎み子供の頃から自殺未遂を繰り返す鬱病の私が赦しの機会を得、一生モノと思った鬱病を克服。母を愛し尊敬できるようになるまでの話

もしあなたの中に誰かを憎む心があるなら 多分に一生本物の幸せを得ることは無理かもしれない そう思ったりします。 これは半世紀近く母親を憎み続けて 孤独感の中で生きてきた私が 奇跡的に幸福感に満たされる人生を取り戻した話です。 目次: 自殺を繰り返した子供時代 突然に起こった赦し まずは私の一歩から 幸せは猫が運んできてくれた 一生に一度の手紙 不幸は一生続くわけではない 自殺を繰り返した子供時代 2
村上 奈美
3733
55

母親の事が嫌いだったけれど、自分が親になって知ったたくさんのことと、これから親になるあなたへ

「絶対あんな親になんかなるもんか」 10代の時、毎日泣きながら部屋でそう思っていた。絶対に、お母さんみたいな親にはならないって。 認めて欲しかった。頑張ってるねって、偉いねって言って欲しかった。 それだけでよかった お母さんと、3歳の私 厳しい母親だった。親戚や近所の人たちは皆そう言う。私は一人っ子で、生まれてすぐの事故もあってか母は懸命に私を育ててくれた。 食べ物は制限され、時間は決められ、容赦な

書きかけのストーリー

Ohgi Yasuhaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|