STORYS.JP

相宮 康人

あなた自身の物語を生きよ。株式会社アートラバーズ 総合ディレクター。岐阜市出身 大阪芸大芸術計画卒 フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行。/aimiyanikki.blogspot.jp

ストーリーをリクエストする

相宮 康人の人生のストーリー

いつでも誰かが微笑んでる!?総勢11人シャーリー大家族を紹介!!

前回は、フィリピン•バコロドの友人シャーリーの家にホームステイをすることになった経緯をお話しました。 今回は、ホームステイ先の家族構成を紹介したいと思います。 ◎笑顔で溢れる家庭の一員たち 友人の シャーリー (左)。 元英会話学校の先生。現在は自宅で、父母の代わりに小学生の妹たちのお世話をしています。  ホームステイのお願いをすんなり了承してくれる事からも分かるように、楽天的な性格。「 私って可愛

本当の幸せを求めて!!笑顔の街フィリピン•バコロドの一般人家庭でホームステイした話

2014年9月から10月までの約一ヶ月間、フィリピン•バコロドのフィリピン人一般家庭にホームステイをしました。 ホームステイにいたった経緯 大阪芸術大学芸術計画学科を卒業してから半年間、ぼくはフィリピンのバコロドという「地球の歩き方•フィリピン」にも数ページしか紹介されていないような小さな街の英会話学校でインターンシップをしていました。 目的は、英語を喋れるようになる事でした。昔からいつか世界的に活

マクドナルドが唯一、シェア1位を奪えなかった国!?フィリピンの人々はいつも何を食べているのか

今回は、ホームステイ中の食事について紹介したいと思います。 •食べ物について フィリピンの主食は、日本と同じで米です。 この日の朝食は、米と卵焼きとベーコンでした。 米に対する愛情がかなり強く、ぼくがパンを食べたいと言うと シャーリー 何を言ってるんだ!米を食べなきゃ身体がダメになるよ!米を食べなさい! と真顔で叱られました。 あのマクドナルドにさえ「 ライスセット 」というメニューが存在します。過

お湯が出ない!?そんなトラブル日常茶飯事!!タンクが壊れて7日間、水が出なくて困った話

今回は、ホームステイ中に遭遇したトラブル、困った事を紹介します。 •水が!水が!水がぁぁああ! 滞在初日、友人のシャーリーに シャーリー この家、水でないから! と告げられました。 水が出ないってどういう事!?お湯が出なくてホットシャワーが浴びれないという話ならアジア旅行者によく聞くけれど、水も出ないって一体!? どうやら、数日前に水を出すタンクが故障したと。メンドクサイから修理するつもりもしばらく

お祝い事が何より大好き!!続々と人が集まり溢れた妹ハナ(12)のお誕生日パーティー!!

フィリピン人一般家庭にホームステイ中に体験した、ライフイベントの一つ、お誕生日会を紹介します。 •お誕生日会 ホームステイ中に、妹のハナの12歳の誕生日を祝うパーティーがありました。テーマカラーがハナの好きな色「紫」ということで、皆それに近い色の衣装を着ました。 近くのショッピングモール内に入っているパーティーグッズ専門店で、名前入りの風船を注文。パーティー会場をデコレーションしました。 料理も、ナ

唯一の夢は、結婚する事。貧困家庭に生まれ、○○を経て今を生きる。2児の母、家政婦ビビアンの壮絶人生!!

フィリピンの家庭には、たいてい家政婦さんがいると言われています。 女性の社会進出が世界でもかなり進んでいると言われています が、その背景にはこの"家政婦さん"の存在が大きく関わっています。 ぼくのホームステイ先にも家政婦さんがいたので紹介します。 •家政婦さんついて 「 家族構成 」で紹介したミミは、まだ高校を卒業したばかりのティーンエイジャーですが、今日は、ヴィヴィアンについて話をしたいと思います

人生イロイロ!素敵な教会、ゆったりした時間の流れ、落ち着いた雰囲気が魅力のコンパクトシティ、イロイロ市について

バコロド滞在中、日帰りでイロイロに遊びにいきました。 •なんでイロイロに? イロイロは、バコロドと海を挟んで真向かいにある小さな街で、フェリーでわずか1時間ほどで行く事ができます。 何があるのかと聞かれれば、特にコレと言って特別なものがある訳ではありません。じゃあ何故わざわざ行ったのかと言うと、「 素敵な街の名前だなあ。 」と思ったからです。笑 ぼくの人生テーマの一つとして「人生いろいろ」があります

フィリピンにもオタクが存在する!?日本アニメのコスプレを楽しむ美少女大学生たち!

フィリピンでも、コスプレを楽しむ人たちがいたので紹介します。 •U week/学園祭 ジロー 今度、学園祭でコスプレイベントあるから来ない? 弟のジロー君が通う地元の名門ラサール大学で、彼が所属しているサークルのコスプレイベントに誘われました。 世界中どこに行ってもアニメが好きでコスプレをする人がいるのは知ってましたが、実際に見た事は無かったので行ってみました。 コスプレの衣装を販売しているお店が、

世界一のYouTube大国!?テレビ大国フィリピンに押し寄せるインターネット映像コンテンツの勢い

フィリピンのインターネット事情、特にYouTubeなどで見られるバイラルビデオについて紹介します。(※動画が掲載できないようなので動画を見たい人は ブログ を見てください。) •フィリピン人は何を見ているのか 「 フィリピンの人の娯楽って何なんだろう? 」と、ずっと疑問に思っていました。 テレビ大国だと聞いたから、ずっとテレビを見ているのかなと思っていました。それがどうやら、今も変わらず映像は見るけ

私が世界で一番可愛い!!世界No,1の投稿数で、他国を圧倒するフィリピンの自画撮り文化について

フィリピン人の女の子と仲良くなると、彼女たちの自分好きの度合いの高いことに気がつきます。 •わたしが世界で一番かわいい! ※シャーリーもセルフィー大好き それを示す客観的データとして、フィリピンは、 TIMEが発表した「世界セルフィー( 自撮り)投稿数ランキング」で世界一位を獲得 しています。これは、インスタグラムへの セルフィー(自撮り)タグ付きの投稿数を調べてランキングにしたものです。 ぼくのF

東南アジアで唯一のキリスト教国!?フィリピン人の生活に根付くカトリックの影響について

ぼくがフィリピンで新しく出会ったものの一つに「 キリスト教 」があります。 フィリピンは、東南アジアで唯一のキリスト教、その中でもカトリック国です。 ◎フィリピン人にとってのカトリックとは ホームステイ中にも、日曜日になると毎週シャーリーたちについて教会に通いました。 普段はスリッパしかはかない彼女たちも、この日は靴を履きます。服装も、短パンTシャツではなく、長ズボンと柄物ではないシンプルな服です。

死んだら人生ホントに終わりなの!?フィリピン人の葬儀に立ち会い感じた日本人とは全く異なる死生観について

イロイロ市内を観光中、人が死んだ後の世界について考えるキッカケとなる不思議な体験をしたので紹介します。 ◎ 「死んだら終わり」なのだろうか。 教会を巡っている途中で、小さな別館の建物の中に入りました。 中には数人のフィリピン人がいて、部屋の奥正面に四角く長細い物がありました。 「なんだろう?」 と思って近づいてみて見ると、白い衣装を着たおばあさんが眠っていました。 しまった! 吹き出る冷や汗を感じる

この世で一番の価値は、気持ちのよい深呼吸ができること。ぼくが海外旅行を好きなたった1つの理由

先日、海外旅行が好きな人達と集まって話をしていた。 すると突然、男の子が割り込んできて、ぼくらに向かってこんなことを言った。 「結局は、自分じゃないですか。」 突然のことでビックリしてしまったのだけれど、海外旅行をしていればよくあることだし、せっかくだからと話を聞いてみることにした。 ◎結局は自分じゃないですかの意味 彼は、パリへ行こうがロンドンへ行こうが、インドへ行こうがイラクへ行こうが、要はどこ

黒人オジサンがブチ切れさせてしまった!?まさかのNY優しさ物語

ニューヨークには、ぼくの経験上、優しい人が多いイメージが強いです。 2013年夏、ぼくは、ニューヨークに三ヶ月間滞在していました。 その期間中は、毎朝起きると、近くの個人商店のスーパーに行き、バナナを買って食べていました。 ニューヨークでは、バナナは、好きなだけもぎって、量り売りで買うことができます。 ぼくは毎日、食べれる分だけ、1本づつ千切って買っていました。 それが、1ヶ月くらい経った頃でしょう

司法試験に2度落ち、路上からキャリアをスタートした画家・田中拓馬が、NYで個展を成功させるまで。

ぼくがアシスタントを務めている画家・田中拓馬さんの人生が、現在、何らかの理由で苦しんでいる方たちの希望になると思い、ぜひ紹介したく筆をとることにしました。 ※この先は、田中拓馬さんから聞いた実話を元に、代筆して物語を進めます。※ はじめまして。 NY、上海、シンガポール、世界各国を拠点に活動している画家・田中拓馬です。 世界数万点の応募の中から トップ1% に選ばれ、 ニューヨークのタイムズスクエア

読んでよかったストーリー

Nori Kalember
83

全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第五回 禁断のポップコーン

彼が勝手に「俺の彼女」宣言しだしてさすがの私もびっくりして反論するものの後の祭り。 英語が話せない家族に何を言っても無駄である。家族は私を本当の彼女のように慕ってくれたのである。 彼の家がオフィスになっているので遅くまで残業していると隣に住むお母さんが 「ご飯よ」と毎晩出前をしてくれる。 いい人なんだろうがこのままではダメだ。 それよりもお給料が悪すぎて家賃を払うのがいっぱいいっぱいになってきたので
相宮 康人
34

司法試験に2度落ち、路上からキャリアをスタートした画家・田中拓馬が、NYで個展を成功させるまで。

ぼくがアシスタントを務めている画家・田中拓馬さんの人生が、現在、何らかの理由で苦しんでいる方たちの希望になると思い、ぜひ紹介したく筆をとることにしました。 ※この先は、田中拓馬さんから聞いた実話を元に、代筆して物語を進めます。※ はじめまして。 NY、上海、シンガポール、世界各国を拠点に活動している画家・田中拓馬です。 世界数万点の応募の中から トップ1% に選ばれ、 ニューヨークのタイムズスクエア
Hamanaka Takeshi
180
33

コネも金もない無名のアーティストが、世界のアートバーゼルでストリートショーを開催する話

アートバーゼル アートバーゼルとは、毎年スイス北部の都市バーゼルで開催される世界最大級の現代アートフェア。メインの会場では300以上の世界のトップギャラリーがひしめき合う。 作家数約4千人、来場者は7万人を数える(会期5日間、2013年)。 アートバーゼルはバーゼルの他にマイアミと香港でも開催されているが、近年その中で最も熱いと言われているのが、アートバーゼルマイアミビーチである。毎年12月の開催期
渡辺 忍
106
2

①セットアップにかかった日本人の救出作戦

現地駐在員の一番大変な仕事といえば日本からのお客さんの案内でした。 お客様は現地視察という大義名分はありますが、実情、社員慰労も含めて数名で訪れるパターンが多いです。 現地の仕事をこなしながらこれらのお客様を案内するには通常の数倍の労力を使い、気も使い、お金も使いで、現地駐員は何が苦労かといえば、それらのお客様の接待が一番辛いとこぼす人が多くの意見を持ちます。 私がフィリピンに駐在していた頃も日本か
芝 ケン
300

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『フィリピーナ』

スーパーバイザーに昇格後、最初の試練に見舞われます。 前に書いた通り職場には多くのフィリピン人が働いていました。 仕事に関しては積極的とは言えない人が多かったんですが、彼らの意識として『年功序列』というものがあります。 そこに、来て3ヶ月程度、しかも二十歳そこそこの私が昇格した為余計に不満だったんだと思います。 それまでフレンドリーだったフィリピーナ達が急によそよそしくなり、私が管理する日には仕事の
石井 勝也
220
6

海外で起業を目指してみたものの、、、、

簡単な自己紹介。 僕、昨年11月に楽天を退職。 楽天には、7.5年在籍した。入社したのは2005年。楽天が、プロ野球チームを作った年。僕は、営業で新人賞を取り、楽天市場の仙台拠点の立ち上げメンバーに選ばれた。 営業で新人賞を取ったとはいえ、まだ新卒1年目。部署は、自分1人。何をどうして良いかわからなかった。地方拠点で、どう営業しても良いかわからないまま、結果を残せず、東京に戻された。 営業から企画に
Saito Hirono
454
5

8年前、「会社名もやることも決まってませんがインターン募集」に応募したら、その会社が上場した話vol.1

上場までの物語を世に出すこと、それが私の夢でした ブログやSNS、当時はmixiが一般層への認知が広がり出し始めていた2005年の秋頃、東京のビットバレーの片隅に拠点を構えたとあるITベンチャーが産声を上げた。「個性が輝く!」を合言葉に、着々と個性派揃いで憎めない人たちが集まり始めた。そのチームは、創業から8年強の月日を経て、紆余曲折ありながらも日本のソーシャルメディアマーケティングを担う会社へと
Kobayashi Haruhiko
160
3

【 Episode:1 】[中高編]『23歳、現役大学生・社長兼デザイナー』が歩んだ、自分に正直すぎる人生。

遅くなったけど、やっと時間が出来たのでまたマイペースにすすめていきます。 中学生編 僕が『自分に正直すぎる人生』を歩みだしたのは、恐らく中学生時代からだったのかなと思います。 ツンツンしてました。色んなところがつんつん。 結論、”やんちゃ”してました。正直な話。 なので、色んなところが "ツンツン" してました。 髪とか目とか眉毛とか、言葉使いとかとか。。。 誰よりも早く、トラブルの渦中に飛び込んで
Hara Genki
81

オーストラリア人のテキトーさは高田純次レベル!でもプライベートでは、、

その国が好きになる理由って自然が素晴らしいとか、食べ物が美味しいいとか色んな理由がありますけど一番大きな理由は国民性というかその国の人柄だと思うんですよ! 今日は僕がオーストラリアを、そしてオーストラリア人を好きになったエピソードを紹介しますね。 オージーって言うのはオーストラリア人のことです。 もしくは「オーストラリアの」とかいう意味もありますね Assie、Ozzie、OZとか書き方は色々 僕の
Tanaka Junichi
247
6

2←ドイツで日本人1人(オレ)とドイツ人16人と麻雀合宿してきた話。

2回目。日本人ひとり(オレ)がドイツ人16人とドイツで麻雀合宿してきた話。 前回書き終わった後に読み返してみたら意味不明な文章とかあったり、 というかそもそも 『ドイツで日本人1人(オレ)とドイツ人16人と麻雀合宿してきた話。』っていうタイトルの日本語おかしいよね。。 って気付いたんですが、 まぁいいよね、と思っています。 そんなわけで続きです。 相変わらず このストーリーの結論は「楽しかった」 で

書きかけのストーリー

相宮 康人さんの書きかけのストーリーはありません

相宮 康人さんにもっと聞きたい話リクエストする

|